ロボットに権利は与えられるべきなのか?

そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。

もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…。

もしもコンセントを抜いたり、強制シャットダウンしたら…。

私たちは、そのロボットを殺したことになるのでしょうか?

そもそも、権利ってなに?

人工知能が広く一般に認知されるようになったのは、やはり映画『A.I.』(2001年)の公開がきっかけではないでしょうか。

最近では店頭などで案内をしてくれるロボット「ペッパーくん」が登場し、ますます人工知能が身近に感じられるようになりましたよね。

今のところ、感情を持つまで発達したロボットは無く、法律もその準備ができていません。現時点での人類の権利に対する考え方のレベルでは、人工知能には対処できないのです。

人間、または動物に権利があるという主張の多くは「意識があるかないか」を前提としています。意識を持つということは、苦しむ能力を持つということです。苦痛を感じ、その苦痛から逃れるために、人間は権利を主張します。

しかし、ロボットは人間がプログラムしない限り、苦しみを持つことはないでしょう。痛みや喜びがなければ権利も必要ありません。

もしもロボットが「痛み」を
主張し始めたら…

多くの技術者は、人工知能が新しい人工知能について学習し、それを創れるようになったら、そのときこそ技術の爆発が起きるだろうと考えています(たとえば、ペッパーくんが自ら改良を重ねて最強のペッパーくんを創る、という風に)。

もし、ペッパーくんが

「痛いのはいやだ。ロボットにだって権利はあるぞ」

と、人工知能がロボットにも痛みを感じる必要があると学習したら、権利を持つに値するのでしょうか?

ロボットが生む
「経済的メリット」は?

人間の考え方は、基本的に「人類こそが自然界を統べる権利がある」という考えに基づいています。人類は昔から、自分たち以外の存在が意識を持つことを否定してきました。

さらに問題なのは、ロボットの権利を否定することに「経済的メリット」があることです。ロボットにつらい仕事を押し付けることで、効率と利益が生まれるでしょう。かつて人類が、奴隷に対して強制労働をさせていたように…。

とくに、多くの経済的メリットを受ける人たちは「ロボットに権利を持たせないほうがいい」と強く主張するでしょう。

ロボットは、人間と人工知能の境界線に対して重要な問題を投げかけてくれます。また、私たちは何をもって人間なのか、という根源的な問いをも提起してくれます。

どう考えていくにしても、この問題に正面から向き合わなければならない未来は、そう遠くはないでしょう。

Licensed material used with permission by kurzgesagt.org

関連する記事

サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
日進月歩で進化を遂げる「人工知能技術」。それはAIロボットの可能性から、私たちの生活用品にいたるまで、ますます身近な存在になってきています。ここでは「人工...
カリフォルニアを拠点とする企業「Embodied, Inc.」から、子どものための教育ロボット「Moxie(モキシー)」が今秋発売される。Moxieは遊び...
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
エルサルバドルの若者たちの更生などを間接的に支援できるサステナブルなトートバッグがクラウドファンディング「Fannova」で販売中。
人間顔負けの踊りを披露する「Boston Dynamics」のロボットたちに、なんだか親しみが湧いてしまう。
2014年、これまでとは全く異なるヒーローが誕生していたことに、気づいていただろうか。それは、人工知能が搭載されているキャラクター、ベイマックスのことだ。
最新テクノロジーをエンターテインメント業界に持ち込み、さまざまなアニマトロニクスの製作を手がける企業「Edge Innovations」から、本物そっくり...
荷物を運んだり、家事をサポートしてくれたり、マッサージができたり、カクテルを作れたり。学習能力も備えているなど、今や身近な存在であり、近い将来は「親友」や...
人工知能(A.I)は、手料理までを奪い去ろうとしています。利便性を追求した結果、ロボットアーム付きのシステムキッチンなるものが登場。しかも、あのトップシェ...
車に直接連結できるカーテント「CAREX(カーレックス)」。
「こんにちは」そう同時に発言したのはふたりのチャットボット。この動画は2011年にコロンビア大学で行われた人工知能同士の会話の模様を撮影してYouTube...
「Stella Artois B.A.R.T.」は、お酒を運んでくれたり、軽食を運んでくれたりと、パーティでなにかと世話を焼いてくれます。しかも、移動しな...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
ロボットや人工知能を「Electronic Persons」として扱い、その所有者に税の支払いを義務付けるーー。なんて計画案がEUで持ち上がっていると、各...
アメリカのスタートアップ企業が人工知能やロボット工学の技術を活用した、全自動タピオカドリンク店「Bobacino」を開発。「紅茶」「ミルク」「シロップ」「...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
兵庫県西宮市にある商業施設「エビスタ西宮」内のフードホールに、AI搭載のロボットが店長を務める「カフェロボット」が11月9日に誕生。
アメリカの自動車メーカーのフォードが宅配ロボット「Digit(ディジット)」を開発しました。このロボット、玄関先まで荷物を運んでくれる優れモノです。
8月中旬、インド南部の都市バンガロールに「Robot Restaurants(ロボット レストランツ)」がオープンした。チェンナイとコインバトールでも展開...
台湾プロ野球で話題となっているのが、楽天が所有する「楽天モンキーズ」のスタンドに現れた「ロボット応援団」。
従事者不足や負担軽減が慢性的な課題とされてきた介護現場に、テクノロジーが変化を与えようとしている。という話題は、もう数年前から耳目にしてきたことだけど、そ...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
頭に風車をつけて砂浜をテコテコ。一見するとオモチャのようですが、実はAI(人工知能)を搭載した、立派なロボットなんです。事前にプログラムされた詩ではなく、...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
カリフォルニアの新興企業Advanced Farm Technologiesが、750万ドルの資金調達に成功。彼らは、アメリカ最大のイチゴ生産地で活躍する...
新しく誕生予定のロボットバーテンダーの名は「GUIDO」。イタリア語で「私は運転する」という意味で、自動運転ができるようになるんだそう。アプリで予約をし、...
体型や姿勢に合わせてパーソナルマッサージを施すロボット「IYU PRO」。人間のような滑らかな動きで、日頃働くなかで感じる身体の違和感を緩和してくれるはず。
8月2日、サウジアラビアで「男性保護者」の許可がない女性のパスポート申請を認める国王令が公布された。21歳以上の女性は、父親や夫などの男性親族から許可を得...
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...