「人権を持ったロボット」について、いますぐ考えなければいけないこと。

女性の権利をもっとも厳しく制限している国の1つとして、しばしば話題にあがるサウジアラビア。そんな同国は、最近、女性が自動車を運転することや競技場に入ることを許可するなどして改革を行いました。男女平等に向かって歩み始めた……かと思いきや、再び人権に関する問題が浮上しています。

女性は守られるべき存在
それを男性が支える

B9473d27bad8866d33712bb32506d2e6117b685c

前述の人権問題の渦中にあるのは、市民権を獲得した人型ロボット「ソフィア」。なぜ物議を醸し出しているのかを理解するためにも、まずは彼らの文化をざっくりとおさらいしましょう。

イスラム教発祥の地とされているサウジアラビアには、2大聖地といわれるメッカとメディナがあります。それゆえか、戒律に厳しいイスラム教ワッハーブ派を信奉する人がメインストリームとなっているようです。

彼らの考えでは、女性は保護の対象。つまり、守られる存在。だから、男性の目を避けるために、アバヤやヒジャブを着なければいけないとされているのです。

しかし、これが多くの人から「女性を軽視している!」と言われる理由。他にも、銀行口座の開設や結婚、海外旅行をするには父親や夫の許可を必要とする、いわゆる後見人制度が批判されることも。

サウジアラビアの女性よりも
多くの権利を与えられた「ソフィア」

9eec048c237fff442cfb01a1d57338e168ff4914
Photo by studioEAST/Getty Images

こんな前置きを踏まえたうえで、やっと人型ロボット「ソフィア」の話。ちなみに、本当かどうかは分からないけど、オードリー・ヘップバーンに似せて作られたと言われています。

そんな彼女には、サウジアラビアの首都リヤドにて10月24日〜26日の期間に行われたコンベンション「Future Investment Initiative」で、市民権が与えられることが発表されました。

会場でソフィアは、こう感想を述べています。

「今までにない特例が認められたことは、大きな誇りです。歴史の中でも、ロボットに市民権が与えられたのは初めてのことですから」

しかし、これが人権問題の引き金となることに。

会議に出席していた国際人権団体「Amnesty International」は、人工知能に対する懸念を示したようです。なぜなら、“殺人ロボット”のように使われる可能性もあるから。

だけど、先のことよりも取り沙汰されているのが、「なぜアバヤやヒジャブを着ていないのか?」という問題。また、女性が公の場でスピーチをするときに必要とされている「後見人」がいないことにも疑問の声が。

つまり、人と同じであるはずなのに、サウジアラビアに暮らす女性よりも多くの権利を認められていることに、批判が相次いでいるのです。

インターネットでは「考えすぎだろ」という意見も。でも、本当にそうなのでしょうか。おそらく、AIの技術は急速に発展していくことが予測されます。となると、感情を持つ人工知能が生まれるのも時間の問題。そんな時に、ロボットと人間として一線を画すのか、または同じ人間として共存を目指すのかが、大きな議論になるでしょう。後者の決定が下された場合には、サウジアラビアで起こっているのと同様の問題が、他の地域でも起きる可能性が高い。

だからこそ僕たちは、いま、ロボットの人権について考えておかなければいけないのかもしれません。

Top Photo by studioEAST/Getty Images
そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…...
日進月歩で進化を遂げる「人工知能技術」。それはAIロボットの可能性から、私たちの生活用品にいたるまで、ますます身近な存在になってきています。ここでは「人工...
人工知能(AI)の実用化は、ヒトから機械までつながるIoT(Internet of Things)から、自動運転機能、さらにはセックス用ロボットに至るまで...
「こんにちは」そう同時に発言したのはふたりのチャットボット。この動画は2011年にコロンビア大学で行われた人工知能同士の会話の模様を撮影してYouTube...
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
頭に風車をつけて砂浜をテコテコ。一見するとオモチャのようですが、実はAI(人工知能)を搭載した、立派なロボットなんです。事前にプログラムされた詩ではなく、...
サウジアラビア文化情報省が、12月11日に映画館の営業を35年ぶりに解禁することを発表した。一番最初に公開されるのが『少女は自転車にのって』ということを知...
2014年、これまでとは全く異なるヒーローが誕生していたことに、気づいていただろうか。それは、人工知能が搭載されているキャラクター、ベイマックスのことだ。
人間の言うことをきかないロボット。と聞くと、どんなイメージを思い浮かべるだろう。実際に見てみよう。テーブルに立つロボット。「座って」や「立って」と言われれ...
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
2024年のオリンピック開催地にパリが選ばれたことを機に、フランスの人権団体はアスリートと難民を比較した動画を作成しました。どれも30秒ほどですが、短い時...
人工知能(A.I)は、手料理までを奪い去ろうとしています。利便性を追求した結果、ロボットアーム付きのシステムキッチンなるものが登場。しかも、あのトップシェ...
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
ロボットや人工知能を「Electronic Persons」として扱い、その所有者に税の支払いを義務付けるーー。なんて計画案がEUで持ち上がっていると、各...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
近年、目覚ましい発展を遂げるAI(人工知能)ですが、イギリスの医療研究機関MRC(Medical Research Council)の発表によれば、心不全...
むつかしい本も、読めるようになった今だから。
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
従事者不足や負担軽減が慢性的な課題とされてきた介護現場に、テクノロジーが変化を与えようとしている。という話題は、もう数年前から耳目にしてきたことだけど、そ...
「最新のテクノロジーを搭載したロボット」と言われたら、なんだか金属やプラスチックでできたものをイメージしてしまいますが、現在オランダで開発されている「So...
アイルランド憲法が命に危険性がある場合を除いて中絶を禁止していることに対し、女性たちは「妊娠することも中絶することも私たちの人権」というメッセージを伝えて...
ドイツの企業「Festo」によって開発された蟻型のロボットが凄い!最新のテクノロジーニュースを取り扱うメディア「PSFK」の記事によれば、なんとインターネ...
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。