「人権を持ったロボット」について、いますぐ考えなければいけないこと。

女性の権利をもっとも厳しく制限している国の1つとして、しばしば話題にあがるサウジアラビア。そんな同国は、最近、女性が自動車を運転することや競技場に入ることを許可するなどして改革を行いました。男女平等に向かって歩み始めた……かと思いきや、再び人権に関する問題が浮上しています。

女性は守られるべき存在
それを男性が支える

前述の人権問題の渦中にあるのは、市民権を獲得した人型ロボット「ソフィア」。なぜ物議を醸し出しているのかを理解するためにも、まずは彼らの文化をざっくりとおさらいしましょう。

イスラム教発祥の地とされているサウジアラビアには、2大聖地といわれるメッカとメディナがあります。それゆえか、戒律に厳しいイスラム教ワッハーブ派を信奉する人がメインストリームとなっているようです。

彼らの考えでは、女性は保護の対象。つまり、守られる存在。だから、男性の目を避けるために、アバヤやヒジャブを着なければいけないとされているのです。

しかし、これが多くの人から「女性を軽視している!」と言われる理由。他にも、銀行口座の開設や結婚、海外旅行をするには父親や夫の許可を必要とする、いわゆる後見人制度が批判されることも。

サウジアラビアの女性よりも
多くの権利を与えられた「ソフィア」

Photo by studioEAST/Getty Images

こんな前置きを踏まえたうえで、やっと人型ロボット「ソフィア」の話。ちなみに、本当かどうかは分からないけど、オードリー・ヘップバーンに似せて作られたと言われています。

そんな彼女には、サウジアラビアの首都リヤドにて10月24日〜26日の期間に行われたコンベンション「Future Investment Initiative」で、市民権が与えられることが発表されました。

会場でソフィアは、こう感想を述べています。

「今までにない特例が認められたことは、大きな誇りです。歴史の中でも、ロボットに市民権が与えられたのは初めてのことですから」

しかし、これが人権問題の引き金となることに。

会議に出席していた国際人権団体「Amnesty International」は、人工知能に対する懸念を示したようです。なぜなら、“殺人ロボット”のように使われる可能性もあるから。

だけど、先のことよりも取り沙汰されているのが、「なぜアバヤやヒジャブを着ていないのか?」という問題。また、女性が公の場でスピーチをするときに必要とされている「後見人」がいないことにも疑問の声が。

つまり、人と同じであるはずなのに、サウジアラビアに暮らす女性よりも多くの権利を認められていることに、批判が相次いでいるのです。

インターネットでは「考えすぎだろ」という意見も。でも、本当にそうなのでしょうか。おそらく、AIの技術は急速に発展していくことが予測されます。となると、感情を持つ人工知能が生まれるのも時間の問題。そんな時に、ロボットと人間として一線を画すのか、または同じ人間として共存を目指すのかが、大きな議論になるでしょう。後者の決定が下された場合には、サウジアラビアで起こっているのと同様の問題が、他の地域でも起きる可能性が高い。

だからこそ僕たちは、いま、ロボットの人権について考えておかなければいけないのかもしれません。

Top Photo by studioEAST/Getty Images

関連する記事

注目を集めるAIロボット「ソフィア」が、今度は話題のNFTアートのシーンでもその名をとどろかせた。なんと「ソフィア」が制作したデジタルアートがオークション...
そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…...
カリフォルニアを拠点とする企業「Embodied, Inc.」から、子どものための教育ロボット「Moxie(モキシー)」が今秋発売される。Moxieは遊び...
日進月歩で進化を遂げる「人工知能技術」。それはAIロボットの可能性から、私たちの生活用品にいたるまで、ますます身近な存在になってきています。ここでは「人工...
ライフスタイルマガジン「Hanako」が、バナナ「こだわリッチ」とコラボ。パッケージにてバナナに込められた生産者の想いを可視化するほか、シールをめくってQ...
アメリカの自動車メーカーのフォードが宅配ロボット「Digit(ディジット)」を開発しました。このロボット、玄関先まで荷物を運んでくれる優れモノです。
ギリシャで初となる女性大統領が誕生する。選出されたのは、エカテリニ・サケラプルロ氏。政治の要職に就く女性がほとんどいない、という現内閣への批判も当選の後押...
荷物を運んだり、家事をサポートしてくれたり、マッサージができたり、カクテルを作れたり。学習能力も備えているなど、今や身近な存在であり、近い将来は「親友」や...
デスメタルの曲をノンストップで配信するYouTubeチャンネル。これ、DADABOTSというアーティストによるもの……とされていますが、その正体はAI(人...
「こんにちは」そう同時に発言したのはふたりのチャットボット。この動画は2011年にコロンビア大学で行われた人工知能同士の会話の模様を撮影してYouTube...
アメリカを拠点とする「Allergy Amulet Inc.」は、創業者兼CEOの「Abigail Barnes」氏の幼少期の体験をもとに、食品に含まれる...
サウジアラビア文化情報省が、12月11日に映画館の営業を35年ぶりに解禁することを発表した。一番最初に公開されるのが『少女は自転車にのって』ということを知...
アメリカのスタートアップ企業が人工知能やロボット工学の技術を活用した、全自動タピオカドリンク店「Bobacino」を開発。「紅茶」「ミルク」「シロップ」「...
2014年、これまでとは全く異なるヒーローが誕生していたことに、気づいていただろうか。それは、人工知能が搭載されているキャラクター、ベイマックスのことだ。
人工知能(AI)の実用化は、ヒトから機械までつながるIoT(Internet of Things)から、自動運転機能、さらにはセックス用ロボットに至るまで...
人間顔負けの踊りを披露する「Boston Dynamics」のロボットたちに、なんだか親しみが湧いてしまう。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
頭に風車をつけて砂浜をテコテコ。一見するとオモチャのようですが、実はAI(人工知能)を搭載した、立派なロボットなんです。事前にプログラムされた詩ではなく、...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
ロボットアーティスト「Ai-Da」は、ちゃんと体が存在するヒューマノイドロボット。目に当たる部分に仕込まれたカメラが対象物を捉え、それを描くことが可能。目...
兵庫県西宮市にある商業施設「エビスタ西宮」内のフードホールに、AI搭載のロボットが店長を務める「カフェロボット」が11月9日に誕生。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
2019年5月16日から8月26日までロンドンで開催されるエキシビション「AI: More Than Human」。内容は、AI(人工知能)と人類の関係性...
完全な生命体でもなく、ロボットでもない、プログラムで制御ができる生体ロボット「xenobots」。注目を集めていた同研究が、より進化したバージョン2を発表...
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
11月19日から東京・六本木の「森美術館」で近未来の人間像を考察するための展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命——人は明日どう生きるか」が開催。
スウェーデンの法律事務所「Vinge」が求人のための動画を公開。シャレてる!
2024年のオリンピック開催地にパリが選ばれたことを機に、フランスの人権団体はアスリートと難民を比較した動画を作成しました。どれも30秒ほどですが、短い時...
カリフォルニアの新興企業Advanced Farm Technologiesが、750万ドルの資金調達に成功。彼らは、アメリカ最大のイチゴ生産地で活躍する...
「Samsung」が発表したAI搭載の新ロボット「Ballie」は、最先端のIoT技術と連動することで、ゴミを感知して自動掃除機を稼働させたり、留守番中の...