35年間「映画」が禁止されていた。これが、サウジアラビアのリアル。

サウジアラビア文化情報省が、12月11日に映画館の営業を35年ぶりに再開することを発表した。と言っても、そもそも映画館まで禁止されていたことを、このニュースで知った人も多いと思う。

私自身も「そういえば禁止されてたっけ……」とぼんやり思っていたのだけれど、最初に公開されるのがまさか『少女は自転車にのって』だとは思わなかった。自国の戒律に背いて夢を叶えようとする、サウジアラビアの少女の物語だ。

「自転車に乗ること」
それすら女性には許されなかった

Photo by 「少女は自転車にのって」 発売/販売:アルバトロス

サウジアラビアで女性が卑下されながら生きているリアル、「ふつうのこと」が許されないというもどかしさが、この作品には溢れている。監督は、初めての同国女性。

撮影はすべて国内で行われたけれど、女性が男性に指示する姿を見られたら大問題になるため、監督は見えないように隠れて、ずっと遠隔で現場を動かしていたそうだ。

ヴェネツィア国際映画祭で2012年に初公開されたものの、国民が見ることは許されていなかった。

“モノ”として
扱われ続けてきた女性たち

サウジアラビアの女性たちは、基本的に男性の保護下に置かれていて、自立が許されない。宗教的に罪を犯した者を、家族が裁くという『名誉の殺人』の風習も残っている。

妻が不倫を行っている、という噂が立っただけで、家族がその女性を殺すケースが少なくないようだ。殺害に及んだ家族の男性は名誉の殺人であるということで犯行をとがめられたり裁かれることはない。

レイプ事件が起きた場合に、罰を受けるのは男性ではなく女性。「男性を誘惑した罪」だと言われてしまうようだ。家族が社会的不名誉を恥じ、その女性を殺害する場合もある。

今でもその状態なのか正確にはわからないけれど、国際問題評論家・イスラム圏研究者である佐々木良昭さんは、2009年にこの情報を公開していた。 

現地で撮影されたこの映画のなかにも、その理不尽さがとてもリアルに描写されている。

たとえば、男性の目に届く場所で歌を歌ってはいけないこと。好きな人にラブレターを渡すだけで、殺される恐怖と戦わなければいけないこと。

第1作目にこの映画が選ばれたということは、女性が人権を取り戻すために、大きく国の文化が変わろうとしている証明と言える。

Licensed material used with permission by © 2012, Razor Film Produktion GmbH, High Look Group, Rotana StudiosAll Rights Reserved.
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
Marriam Mossalliさんが手がけるスタイルブック『Under The Abaya: Street Style from Saudi Arabi...
8月2日、サウジアラビアで「男性保護者」の許可がない女性のパスポート申請を認める国王令が公布された。21歳以上の女性は、父親や夫などの男性親族から許可を得...
観光促進、雇用創出、外国投資を目的に進められている、サウジアラビアの新プロジェクト「Amaala」。同国の北西の沿岸部に、新たなリゾートを建設するというもの。
SNSで人気のお店って実際どーなんよ?価格や味を読者のみなさまにレポートしていく企画。今回は「Viva la Burger」。食感がおいしいリッチな“BO...
最近どんどんと女性解放が進んでいるサウジアラビアでは、ランニングやサイクリングなどで使える運動用アバヤが販売されています。
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
「フードロス(食料廃棄)」と聞くと、ピンとこなかったり、深刻な問題に聞こえる人もいるでしょう。でも、この問題を楽しく取り上げようとしている映画があります。...
2014年に設立された「eXXpedition」。クルーは女性のみで編成され、海洋プラスチック問題の注意喚起とその解決策を模索している。
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
クレアモントの教会「Claremont United Methodist Church」が設置した、移民・難民が直面している状況を表現したインスタレーショ...
愛犬と一緒に行ける映画館がないなら自分で作ってしまおう、という考えのもとできた「K9 Cinemas」。愛犬と一緒に映画鑑賞を楽しむことができる!
音楽史に燦然と輝くスタンダードナンバー、その知られざるカバーバージョンをディグりまくるこの連載。今回ピックアップしたのは、言わずと知れた“レゲエの神様”=...
本作品『危険な関係』は、フランス貴族社会を舞台にW不倫をする夫婦の物語。外交官の夫、美貌の若妻。世間的にみれば眩いパリの社交界で注目を集める2人。だが、密...
サウジアラビアでは、男性側に離婚の意思があり手続きを済ませれば離婚が成立。そのため、女性側は離婚に気づかないケースも。この状況を改善しようと、男性側が離婚...
飛躍的に増えた外国人観光客は、2020年開催の東京オリンピックでひとつのピークを迎えると言われている。国際社会における「ホントのおもてなしとは何か?」とい...
老舗ジーンズブランド「Levi’s」より、お手頃価格の設定が嬉しいセカンドライン「DENIZEN FROM LEVI’S」が日本に上陸。
「NEC」の先端IoT技術によって開発されたインソール「A-ROWG(アローグ)」。内蔵された小型のセンサーによって日々の歩行のデータを記録。歩行の分析や...
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
ポーランドを知るなら映画から入るのもアリでしょう。というのも、同国は古くから映画先進国だったから。そんなポーランドの映画に対する関心度の高さがわかるホテル...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。