タンザニアが「環境問題の元凶」の国内持ち込みを禁止に

54ヵ国中30ヵ国がなんらかのプラスチック袋の規制を設けている、エコ大陸「アフリカ」。6月1日より、タンザニア政府は国内へのプラスチック袋の持ち込みを禁止します。

もちろん国民や居住者だけでなく、観光客も対象。スーツケースなどに入れておくこともダメなんだとか。距離や時間を考えれば、気軽に観光に行ける場所ではありませんが……。

だとしても、タンザニア政府の取り組みは、長期的な自国の未来を見据えた環境対策だと言えるでしょう。

Top image: © 2019 TABI LABO
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
アルビノの人に対する差別を知ってもらうべくフォトグラファーMarinka Masséusは写真を撮ります。タンザニアには、彼らを殺害したら幸運が訪れるとい...
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
施行されたのは1回限りで捨てられてしまう可能性の高いレジ袋やフォーク、ナイフなどのプラスチック製品の使用を禁止する制度です。
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...