ごみのペットボトルが「ボート」になって観光を盛り上げる。

私たちの生活に無くてはならない存在となっているペットボトル。毎分、世界中で100万本が売られているとも言われています。使用後いらなくなったペットボトルは、ゴミとして処理されるだけではなく、暮らしに役立つ形で使用されることも。

たとえば、遠く離れたカメルーンの例。

効果的に活用しつつ
ゴミ問題の解決をめざす

公道の脇に積み上げられたペットボトルの山。カメルーンでは今、このように簡単に道行く人の目に入ってしまうほど問題が深刻化している地域もあるそう。

この状況を改善しようと立ち上がったのは非営利団体「Madiba & Nature」。環境汚染に繋がっているプラスチックゴミを、効果的に解決していこうと活動しています。

彼らが作っているのはペットボトルのボート。自分達でゴミを集めることから始め、1本1本丁寧に結びつけていきます。

ただ繋げているわけではなく、カメルーンの住宅や家具などにも使われる伝統的なテクニックを駆使しているそうです。そして出来上がった完成形が写真のもの。

ペットボトルボートの行先は
「より良い未来」

水は入らないの?ちゃんと浮くの?と、心配していた人もいるかもしれませんが、この通り。1年以上前に組み立てたボートは今でも使用できるということで、見た目より遥かに頑丈だと思われます。

これらのボートは基本的に、学生らがボランティアで集まって作っているもの。Madiba & NatureのメンバーIsmaelさんは「将来的には、ペットボトル集めや環境に優しいボート作りが仕事になって雇用を生み出せれば」と話してくれました。

同団体のFacebookページによると、出来上がったボートは、観光客を乗せて海や川を案内するために使われているようですよ。

Reference:The Guardian
Licensed material used with permission by Madiba & Nature

関連する記事

浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
普通のペットボトルは分解に数百年かかるが、このプラスチックレスボトルはほんの数週間で分解されるという。海に流れても、プラスチックのようにずっと残ることはない。
アメリカのオレゴン州を拠点とするスーパーマーケット「New Seasons Market」は、4月22日より、持続可能な未来の実現を目指し、店内でのペット...
回収用に設置された自動販売機に空のペットボトルを入れるだけ。
エルサルバドルの若者たちの更生などを間接的に支援できるサステナブルなトートバッグがクラウドファンディング「Fannova」で販売中。
スペインのマドリードにあるマヨール広場で、4日間だけ現れた迷路。すべてペットボトルで作られ夜は青く光っていた。これらは近隣住民から集められたもので、ゴミの...
54ヵ国中30ヵ国がなんらかのプラスチック袋の規制を設けている、エコ大陸「アフリカ」。6月1日より、タンザニア政府は国内へのプラスチック袋の持ち込みを禁止...
サーファーとして海を拠点に生きてきた兄妹が創設したブランド「Fair Harbor Clothing」。ここの水着は、使用済みのペットボトルをリサイクルし...
渦の中を泳ぐ、ひとりのマーメイド。海をイメージして撮影されたこの写真には、なんと約1万本ものペットボトルが使用されているそう。カナダに住む写真家のボン・ウ...
「PET lamp project」は、日常生活から出るペットボトルのゴミ問題を解決するために、1人のデザイナーがはじめたプロジェクトです。過去には、日本...
車に直接連結できるカーテント「CAREX(カーレックス)」。
「YKK」が海洋プラスチックごみを主原料としたファスナー「NATULON Ocean Sourced(ナチュロン オーシャン ソースト)」を開発。スリラン...
サーフ天国・バリ島はビーチが「海洋プラスチックごみ」で地獄の状態。この問題に、地元とサーフィン界の神様や「空」のイメージがある時計メーカーが一緒に真摯な取...
現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
ペットボトルは、耐水性や耐久性など、あらゆるポイントで優れています。なのに、あまりにも身近な存在すぎて、ただのお手軽なモノと見られがち。『PET-ART』...
水質汚染、温暖化によるサンゴの白化、海洋ごみと、海をとりまく環境問題は、どれもとっても深刻な状況です。そのひとつ、毎年800万トン近くが海へと流れ出ている...
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
2016年から、イギリス国内の一部の道路を、“環境に優しいアスファルト”に変えてきた「MacRebur」。そのアスファルトとは、プラスチックごみを再利用し...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
「パタゴニア」が1000万本のペットボトルをリサイクルした素材を採用した「リサイクル・ブラックホール・バッグ」を発表。
今月から「日本環境協会」運営する認定制度「エコマーク」にて、海洋プラスチックごみを再生利用した製品を対象とする認定がスタートした。
生活用品大手の「P&Gジャパン」は、日本で初めて海洋プラスチックを使用した製品ボトルを採用。台所用洗剤「JOY」シリーズより、そのボトルを使った「JOY ...
デンマークを拠点とする非営利団体「GreenKayak」が提供するアクティビティ。内容は、運河や川に落ちているゴミをカヤックを漕ぎながら拾うというもの。
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
素材はまさかのペットボトル12本のみで、豊富なポケットと必要なものをしっかり収納できる優れたサイズ感を実現した、地球に優しいハイクオリティなバックパックが登場。
社会に一石を投じてきたCoronaとParley for the Oceansのタッグが、ペットボトル3本と引き換えにビール1本をゲットできるというキャン...
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
「MIT」の博士課程の学生が発表した論文で、実験室で木材や繊維など特定の植物組織が育てられることを提唱した。将来的に木材の生産がすべてラボでできるかも。
世界中のコスプレイヤーの力で海を一緒に守っていこうというアクション。海洋ごみを減らす衣装の作り方や、再利用による衣装の作成等、衣装を造作する上での海洋ごみ...