コンビニに並ぶボトルが、全部これならイイのに

この地球上では、1分あたり100万本のペットボトルが消費されているらしい。

その全てがリサイクルされればまだマシだ。しかし、実際は廃棄されたり、海に流されるものも多い。世界自然保護基金(WWF)はつい先日、地中海が「プラスチックの海」になる可能性があると警告する報告書を出したばかりだ。

そうやって適当に捨てられたプラスチックボトルは、地球とそこに住む生き物たちを痛めつけている。

一方で、マイボトルを持ち歩くのもなかなか定着しない。持ってくるのを忘れてしまったり、洗うのがめんどくさかったり。どうしてもコンビニのペットボトルに手が伸びてしまう。

© ch2oose

そこで英国の発明家、James Longcroftはペットボトルの代替としてChoose Waterの"プラスチックレスボトル"を考案した。

普通のペットボトルは分解に数百年かかるが、このプラスチックレスボトルはほんの数週間で分解されるという。海に流れても、プラスチックのようにずっと残ることはない。

材料は「再生紙」

このボトルの材料は再生紙だ。

大丈夫? と不安になるが、彼が発明した特殊な裏地(特許出願中につき作り方は非公開)のお陰でちゃんと水を運べるという。

「Indiegogo」でクラウドファンディングを行ったところ、見事目標額の1.5倍の額を集めた。『The Times』が伝えたところによると、彼は今年末までにボトルを店頭に並べたいと考えているという。さらに、利益の100%がチャリティー団体「Water for Africa」に寄付される。

このままプラスチックが使われ続ければ、いずれは地中海のみならず世界中の海がプラスチックだらけになってしまうだろう。それでもペットボトルに手を伸ばしてしまう私たちのために、この賢い発明は生まれた。

コンビニに並ぶボトルが再生紙製になる日が、一日も早くくることを願うばかりだ。

Top photo: © ch2oose
「英国生まれ」のモノって、なぜか欲しくなる!
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
風変わりなデザインをしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないのでは?実はこれ、環境を配慮して作られた礼拝用マットなんです。
無料でお水をもらえるレストランやカフェ、公共施設などが探せるアプリ「MyMizu」が、ラグビーW杯開催とグローバル気候マーチ開催に合わせ、9月20日にiO...
ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領が、「うんちを一日置きにすれば、環境問題と貧困は解決する」と発言。
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
「セブン-イレブン・ジャパン」は9月下旬、店舗運営で使用する電力エネルギーのすべてを「再生可能エネルギー」から調達する実証実験を神奈川県内の10店舗でスタート。
回収用に設置された自動販売機に空のペットボトルを入れるだけ。
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
サーファーとして海を拠点に生きてきた兄妹が創設したブランド「Fair Harbor Clothing」。ここの水着は、使用済みのペットボトルをリサイクルし...
8月20日からアメリカ・カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港で、ペットボトルに入った飲料水の販売が禁止された。販売禁止に先駆けて、空港内には約100...
世界自然保護基金<WWF>が打ち出した新しいコレクションは、全面に工事現場や、自然を破壊する情景の写真が使われている。環境を守りたいと思うからこそ、生み出...
多くの人に環境意識を高めてもらうために、世界自然保護基金(WWF)が新たなキャンペーン企画をはじめました。
マグボトル「QUARTZ Bottle」には、水を浄化してくれる機能と、自動的に殺菌をしてくれる特徴があります。これがあれば、バクテリアとウイルスの多い水...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
上司からの侮辱、同僚からのプレッシャー。これらが過度になると「有害な職場環境」が生まれます。ライターMarcel Shwantesの記事を読むと、どれだけ...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
通常のソレとはまったく異なる形状のウォーターボトル。まるでノートのようなビジュアルに、多くの人が虜になっている模様です。なるほど、確かにその気持ちわかりま...
「パタゴニア」が1000万本のペットボトルをリサイクルした素材を採用した「リサイクル・ブラックホール・バッグ」を発表。