WeWorkが全世界のスタッフに「食肉を避けよう」とメッセージ

先日、日本に上陸したWeWork。

7月、彼らは自社のカーボンフットプリント(商品やサービスが生産され消費・リサイクルされるまでに排出される温室効果ガスの排出量をCO2に換算)の削減のため、従業員に食肉を含む食事経費の払い戻しをしないと発表しました。これは日本を含む各国の全社員約6000人に適用されます。

つまり、焼き肉や焼き鳥は経費として認めないぞ、と。

さらに自社イベントでも、食肉の不使用を決定。

共同創業者のMiguel McKelvey氏は社員に向けて、下記のようなメールを送信したそうです。

「肉を避けることが個人ができる環境対策の中で最もインパクトのある対策の1つだと新しい調査で明らかになりました。車をハイブリッドカーにするよりもです」

Reference: BusinessInsider
Top image: © TABI LABO
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
コワーキングスペースのイメージが強いWeWork。2018年秋、ニューヨークシティのチェルシー地区に「WeGrow」という小学校を設立しました。
世界自然保護基金<WWF>が打ち出した新しいコレクションは、全面に工事現場や、自然を破壊する情景の写真が使われている。環境を守りたいと思うからこそ、生み出...
風変わりなデザインをしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないのでは?実はこれ、環境を配慮して作られた礼拝用マットなんです。
移動式ヴィンテージショップ「Blanche Market」のオーナー・Yuriちゃんとディレクター・Michelちゃん。ファンに愛される日常を知る「13の...
今年3月28日から日本で公開予定となっている映画『グリーン・ライ〜エコの嘘〜』は、環境に優しいと表記された食品生産の真実に迫る“ダークツーリズム”作品。
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領が、「うんちを一日置きにすれば、環境問題と貧困は解決する」と発言。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
荒川リンジーがInstagramを使う理由とは?フィルム写真が趣味で、日常を切り取った写真の上にいま感じていることを書いてInstagramに投稿したとこ...
未来のタンパク源「昆虫食」を、アフリカ伝統食をヒントに再構築した「いもむしゴロゴロカレー」の紹介です。
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたら...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
キム・カーダシアンの写真からお尻を研究し、3Dデータ化して作り出したアイテムの紹介。
今回は築地にあるパーソナルジム「BESTA」。月額3万円でパーソナルジムに通いながらセルフエステもできるお得なジムをご紹介!表参道にもオープン予定で流行る...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
書籍『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)は、著者自信が、現地で料理修行をしたからこそわかる各国の食文化と一緒に、家庭で気軽に作れるレシ...
生活用品大手の「P&Gジャパン」は、日本で初めて海洋プラスチックを使用した製品ボトルを採用。台所用洗剤「JOY」シリーズより、そのボトルを使った「JOY ...
環境保護を理由に飛行機に乗らないことで知られるグレタさんは、スペインでおこなわれた「COP25」に出席するために滞在していたアメリカから開催地までヨットで...
「息をするのも苦しい」ペルーの首都リマの幹線道路に設置された看板に、記された衝撃的な文字。これはあるガス会社による、大気汚染の危険性を訴えるユニークな取り...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...