WeWorkが全世界のスタッフに「食肉を避けよう」とメッセージ

先日、日本に上陸したWeWork。

7月、彼らは自社のカーボンフットプリント(商品やサービスが生産され消費・リサイクルされるまでに排出される温室効果ガスの排出量をCO2に換算)の削減のため、従業員に食肉を含む食事経費の払い戻しをしないと発表しました。これは日本を含む各国の全社員約6000人に適用されます。

つまり、焼き肉や焼き鳥は経費として認めないぞ、と。

さらに自社イベントでも、食肉の不使用を決定。

共同創業者のMiguel McKelvey氏は社員に向けて、下記のようなメールを送信したそうです。

「肉を避けることが個人ができる環境対策の中で最もインパクトのある対策の1つだと新しい調査で明らかになりました。車をハイブリッドカーにするよりもです」

Reference: BusinessInsider
Top image: © TABI LABO
60秒以内で読める記事だけ。
「World Topics」で好奇心をサクッと満たそう!
60秒以内で読める記事だけ。<br>サクッと好奇心を満たそう!
世界自然保護基金<WWF>が打ち出した新しいコレクションは、全面に工事現場や、自然を破壊する情景の写真が使われている。環境を守りたいと思うからこそ、生み出...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたら...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
先日ニュージーランド政府は、使い捨てのレジ袋の使用を禁止する方針を発表しました。ドミニカ国も似たような方針を発表しました。プラスチック禁止の波は、今世界で...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
ヨーグルト、グラノーラやナッツも入ってて具沢山。おいしそう!
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
「息をするのも苦しい」ペルーの首都リマの幹線道路に設置された看板に、記された衝撃的な文字。これはあるガス会社による、大気汚染の危険性を訴えるユニークな取り...
書籍『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)は、著者自信が、現地で料理修行をしたからこそわかる各国の食文化と一緒に、家庭で気軽に作れるレシ...
上司からの侮辱、同僚からのプレッシャー。これらが過度になると「有害な職場環境」が生まれます。ライターMarcel Shwantesの記事を読むと、どれだけ...
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
6月24日にNetflixは、「アフリカ系アメリカ人とその文化をより描いていく」という内容の約1分間動画「A Great Day in Hollywood...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
パンダのロゴでおなじみのWWF(World Wide for Nature:世界自然保護基金)のバルーンを使った4枚のプリント広告。どこの広告代理店が仕掛...