「ペットボトルに入った水は売らない」。サンフランシスコ国際空港がルールを改定

8月20日から、アメリカ・カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港で、ペットボトルに入った飲料水の販売が禁止される。

同空港の広報官は、地元メディアSan Francisco Chronicleの取材に対して、「このようなルール改正を行う空港は(サンフランシスコ国際空港が)初めて」だと話している。

販売禁止に先駆けて、空港内には約100もの給水所が設置された。“マイボトル”などを持参する人たちが利用できるようにとのことだ。環境に配慮しつつ、サービスの質を保とうとする空港側の努力が伺える。

州や企業単位などでもすでに着手されている「プラスチック製品の禁止」。今後もこの動きはさらなる広がりをみせることだろう。

Top image: © iStock.com/narvikk
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
旅行は楽しみですが、空港での待ち時間って長くてストレスがたまりますよね。とくに年末年始は混み合っていて、それだけでも疲れてしまいます。でも、米・サンフラン...
物価の高いサンフランシスコで、駆け出しのフリーランサーには垂涎のコワーキングスペースが誕生しました。その名も「WePark」。
「シンガポール・チャンギ国際空港」がさらなる進化を果たし、世界一の座を揺るがないものにしようとしています。
「Wizarding World Holiday at Changi's」は、シンガポール・チャンギ国際空港のターミナル内で開催されています。
世間では今、“ルビー“のような赤きピンクのカラーが特徴の「ルビーチョコレート」が話題。色による新しい楽しさもあって、カワイイ!食べたい!誰かにあげたい!そ...