「ペットボトルに入った水は売らない」。サンフランシスコ国際空港がルールを改定

8月20日から、アメリカ・カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港で、ペットボトルに入った飲料水の販売が禁止される。

同空港の広報官は、地元メディアSan Francisco Chronicleの取材に対して、「このようなルール改正を行う空港は(サンフランシスコ国際空港が)初めて」だと話している。

販売禁止に先駆けて、空港内には約100もの給水所が設置された。“マイボトル”などを持参する人たちが利用できるようにとのことだ。環境に配慮しつつ、サービスの質を保とうとする空港側の努力が伺える。

州や企業単位などでもすでに着手されている「プラスチック製品の禁止」。今後もこの動きはさらなる広がりをみせることだろう。

Top image: © iStock.com/narvikk
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
航空業界調査・格付け会社「SKYTRAX」が、世界の空港ランキング「世界ベスト空港2020(World’s Best Airport in 2020)」を発表。
旅行は楽しみですが、空港での待ち時間って長くてストレスがたまりますよね。とくに年末年始は混み合っていて、それだけでも疲れてしまいます。でも、米・サンフラン...
物価の高いサンフランシスコで、駆け出しのフリーランサーには垂涎のコワーキングスペースが誕生しました。その名も「WePark」。
ワシントン・ダレス国際空港のコンコースAにオープン予定の「Sleepbox Nap Lounge」。ボックス型の休憩スペースで寝ることも仕事することもでき...
9月14日、「Microsoft」が約2年間運用していた海底データセンターの実証実験を終了したと発表。地上のデータセンターよりも故障率が低いなど、さまざま...
「Wizarding World Holiday at Changi's」は、シンガポール・チャンギ国際空港のターミナル内で開催されています。
サンフランシスコ市は、市内にある全ての飲食店で「プラスチック製ストロー」の提供を禁じる。プラごみの海洋流出をはじめとした環境問題対策として、すでに7月1日...
「シンガポール・チャンギ国際空港」がさらなる進化を果たし、世界一の座を揺るがないものにしようとしています。
アメリカのテネシー州にある「チャタヌーガ空港」は、空港で必要な総エネルギーを再生可能エネルギーでまかなうことを達成した。
アメリカ・ワシントン州のシアトル・タコマ国際空港で試験的に導入されている「ビジターパス」。1日50名までの限定ですが、世界的に広がりそうなシステムです。
米テニーノでは、コロナ渦の影響での経済的困窮を証明できる住民に対して、地域内の多くの店で使用可能な月額300ドル分の木製の貨幣を支給している。
7月23日、アメリカ・ペンシルベニア州のピッツバーグ国際空港に、自閉症や神経系の疾患を抱える子どもたちのためのセンサリールーム「Presley’s Pla...
3月31日、サンフランシスコ市公衆衛生局が衛生管理士に対して、マイバッグやマイカップの使用に関するガイドラインを一時的に改定した。
先日、香港国際空港にできた「The Sanctuary by Pure Yoga」。キャセイパシフィック・ラウンジのひとつ「ザ・ピア」のビジネスクラスラウ...
「ワールドエアポートアワード」で、7年連続1位に選ばれているシンガポール・チャンギ国際空港。東南アジアを結ぶハブ空港でのオススメは『Collin's (コ...
カナダに暮らすJahmaul Allenさんは、働いているトロント・ピアソン国際空港でちょっとした有名人なんです。そのワケは飛行機を先導するときにダンスを...
本日10月1日、「リーボック」がブランド初の植物由来素材を原料とする高機能性ランニングシューズ「FOREVER FLOATRIDE GROW」を発売する。
レトロなデザインと革新的な技術を持ち合わせたワイヤレスキーボード「PENNA」。タイプライターからインスピレーションを得てデザインされたというレトロクロー...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
米ヒューストンにあるジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港がアップグレードされました。投じた費用は、約200億円!例えばターミナルEでは、新たに4...
Tacroは、サンフランシスコのベイエリア「Ferry Building Marketplace」にあるカフェ「Vive la Tarte」で販売。これ、...
空の旅も乗り継ぎ時間をどう過ごすかは永遠の課題。そんなとき空港内のグルメな情報があれば、きっとただの待ち時間から、美味しい時間になるはず。
サンフランシスコ市議会は、「ロンバード・ストリート」を通る車に通行料を課すことを検討中。ここは、急な勾配と曲がりくねった坂道がマニアックなサンフランシスコ...
バンコクのスワンナプーム国際空港は、混雑具合がえげつない! なので、目指すべきは『Magic Food Point』。ひっそり存在するお得な食堂があります。