「海洋ゴミ」からつくられたユニフォームを、超名門クラブが着用

「More than a Club」

これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だけに収まらない彼らの社会的影響力を巧みに言い表していると思う。

このスローガン自体はあくまでもFCバルセロナのもの。しかし、単なるクラブ以上の存在価値を示しているという意味では、レアル・マドリードやバイエルン・ミュンヘンだってそうだろう。たとえば、両クラブはこんな方法で世界の環境意識を高めようとしている。

スニーカーに続いて
ユニフォームを製作

バイエルン・ミュンヘンのMFシャビ・アロンソが身に纏っているのは、モルディブ沿岸の清掃活動で回収されたプラスチックゴミをリサイクルして作られたユニフォーム。海洋保護団体「Parley for the Oceans」とパートナーシップを結び、漁網やペットボトルからスニーカーを製造するなど環境保全活動に力を入れているadidasが開発したものだ。

特筆すべきは、これがコンセプト品にとどまらず、11月5日に行われたリーグ戦で実際に着用された点。

一方レアル・マドリードは、11月26日に行われるリーグ戦でこの限定ユニフォームを着用する予定だ。

DFマルセロは、「僕はリオデジャネイロで育ったから海とは離れられない。このプロジェクトを通して、愛するクラブが海を綺麗に保つことに貢献していることを知れて嬉しいよ」とコメントしている。

環境に配慮した方法でプリントしているため、ロゴやエンブレムは、従来よりもかなり薄い。実際に着用した試合の映像を見たが、ほとんど無地の赤に見えたほど。

adidasとParley for the Oceansの協働を示すタグも。

ちなみに、この特別ユニフォームは日本未発売なのでご注意を。

スポンサー契約があるとはいえ、世界的名門クラブを巻き込んだ今回のプロジェクトからは、環境問題に真摯に向き合うadidasの“本気度”がひしひしと伝わってくる。

Licensed material used with permission by adidas
他の記事を見る
Adidasが使い古されたスニーカーを再利用して、ラグマットを作りだしました。彼らと手を組んだのは、ドイツの環境先進企業「I:CO」と、オランダのテキスタ...
野球にカーリング、バスケットボール、ラグビー。競技の垣根を越えて依頼が殺到するユニフォームデザイナー・大岩Larry正志さんにインタビュー。
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
スペインのマドリードにあるマヨール広場で、4日間だけ現れた迷路。すべてペットボトルで作られ夜は青く光っていた。これらは近隣住民から集められたもので、ゴミの...
2016年から、イギリス国内の一部の道路を、“環境に優しいアスファルト”に変えてきた「MacRebur」。そのアスファルトとは、プラスチックごみを再利用し...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
2018年6月に、アメリカン・エキスプレスが海に漂流しているゴミを材料としたクレジットカードを製造し、1年以内に実用化させると発表しました。
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
JFLに所属する奈良クラブのスタジアムグルメがスゴイんです。
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
軽さや機能、デザインを追求するばかりがスニーカーじゃない。まったく新しいコンセプトでアディダスが開発を続けてきたフットウェアが、いよいよ一般ユーザー向けに...
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
2月15日、スマホを使って名前と背番号を切り替えられるユニフォームを、NBAのコミッショナーAdam Silverさんが発表しました。
現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介...
回収用に設置された自動販売機に空のペットボトルを入れるだけ。
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられている。このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用できるかもしれない。20...
バスク州ビルバオを本拠地とするアスレティック・ビルバオのホームスタジアム「サン・マメス」。
普通のペットボトルは分解に数百年かかるが、このプラスチックレスボトルはほんの数週間で分解されるという。海に流れても、プラスチックのようにずっと残ることはない。