海洋プラスチックから作った「環境に優しいマスク」が販売中

スキューバダイビング指導団体「PADI」が、エコフレンドリーなアクティブウェアを生産する企業「Rash'R」と協力し、海から回収されたプラスチックボトルを再利用したマスクを製作した。

海に関連する6種類のパターンがプリントされたこのスタイリッシュなマスクは、表面にはリサイクルされたポリエステル100%、裏面には92%のポリエステル8%のエラスタンを使用。

フィルターポケットに入れるためのPM2.5カーボンフィルターも5枚付属しており、マスク自体洗うことで繰り返し使用可能だ。

しかもこのマスク、なんと原価で販売されているようで、両者は利益を得ていないのだとか。このマスクを買うことで、プラスチック汚染の解消を支援し、医療用マスクが必要な人々へ行き届くよう呼びかけているようだ。

マスクの購入によって海洋汚染対策も支援できる一石二鳥なステキな仕組み。残念ながら日本への配送はおこなっていないようだが、評判はとても良い様子。販売サイトでは売り切れ中で、現在増産するほどの人気のようだ!

Top image: © 2020 PADI
ほかのマスクもチェック!

関連する記事

機能性だけじゃなく、地球や人など“何か”のためになるマスクを紹介。バクテリアや海から回収したプラスチックを再利用して作ったマスク、持続可能な綿花で作ったK...
デザイン会社「Sum Studio」のElizabethとGarrettが開発した、植物繊維のセルロースでできたマスク。作るのに必要なのは水、紅茶、砂糖と...
「経済的な洗えるマスク」「高性能な次世代マスク」「ファッショナブルなデザインマスク」などwithコロナ時代に持っておきたい多様なマスクをまとめて紹介。
「KEEN」から持続可能な素材を使用したマスク「KEEEN TOGETHER MASK」が登場。6月29日(月)より取り扱い店舗、公式オンラインショップに...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
米国「ハーバード大学」と「マサチューセッツ工科大学(MIT)」の共同チームが、新型コロナウイルスを検出すると蛍光シグナルを出すマスクを開発中。マスクを装着...
表情が見え、アプリで健康管理ができ、環境にも優しい。クリエイター6人がフルリモートで制作したウィズコロナ時代のマスク「Clio」。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...