「医療用マスク」に「熱殺菌システム」を搭載する技術が開発

「イスラエル工科大学」工学部の学部長であるYair Ein-Eli教授が、使い捨てマスクを熱で殺菌することで繰り返し利用できるようにするクリーニングメカニズムを発明。

性能が高いサージカルマスクなどに搭載して再利用することで、マスク不足の大きな解消につながるのではないかと期待されているようだ。

既存のマスクに、USBの差し口がある炭素繊維でできた発熱体を組み込み、携帯電話の充電器などを通して殺菌することができるというこのシステム。約15分〜30分で殺菌が完了してすぐに使えるようになるという。

さらに、この機能は約90セントという費用で既存のマスクに搭載することができるのだとか。現在、米国で特許を出願中で、企業と商品化について検討している段階らしい。

先日『ワシントン・ポスト』が実施した世論調査では、いまだ医療従事者の2/3の人々にN95のような高性能マスクが不足しているとのこと。同製品の商品化によって、すべての人に充分な機能を持ったマスクが行き渡ることに期待したい。

© materials.technion/Instagram
Top image: © iStock.com/IgorNelson, ST.art/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

米国「ハーバード大学」と「マサチューセッツ工科大学(MIT)」の共同チームが、新型コロナウイルスを検出すると蛍光シグナルを出すマスクを開発中。マスクを装着...
「銀座 蔦屋書店」は、アーティストやクリエイターが製作したマスクを販売し、その収益を医療現場へ寄付する応援するプロジェクト「GINZA ART MASK ...
「経済的な洗えるマスク」「高性能な次世代マスク」「ファッショナブルなデザインマスク」などwithコロナ時代に持っておきたい多様なマスクをまとめて紹介。
ドイツのコーヒーフィルターメーカー「メリタ」が自社工場でマスクの製造を開始。「EN14683」と呼ばれる医療用マスクの欧州規格にも適合し、その効果は細菌濾...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
米国ブルックリンを拠点にするスニーカーメーカー「Atoms」が、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、洗うことで繰り返し使えるマスクの予約を受付中。残念な...
木の糸から生まれた自然由来のマスク「サステイナブル・ナノ木糸(MOKUITO)マスク」が登場。医療用レベルの性能を備え、サステイナブルな背景ももつ話題のア...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。