マスク越しの会話も感情豊かに!LEDで口の動きを表現するマスク

マスクを着けた生活にもそろそろ慣れてきたところだが、なんだかマスク越しの会話には味気がない……。

表情というものがコミュニケーションにおいていかに重要であるか痛感している人も多いだろう。

そんな悩みの解決策になるかもしれないユニークなマスクを紹介しよう。

カリフォルニアのゲームクリエイターTyler Glaiel氏が制作したのは、装着者の声に応じてLEDがライトアップするマスクだ。

着用したまましゃべると、声に反応してLEDライトが点灯し、口を開いてしゃべっているように見えるという仕組み。

声の大きさを感知して、光る口の大きさも変わるため、より現実的な表現が可能で、舌を鳴らすと笑顔になる機能も搭載しているのだとか。

ほかのさまざまな発明と同様に、自宅待機期間の退屈な時間から生まれたというこのマスク。同氏は「あまり着け心地はよくないので現実的ではない」と語るが、近くに買い物へいくときに装着していると、周りからはたくさんの反応があるとのこと。

このマスクの販売は予定していないというが、こちらのサイトに作り方が載っているので、電子工作に自信があるという方はチャレンジしてみてはいかがだろう。

Top image: © 2020 Tyler Glaiel
ほかのマスクもチェック!