ウォッカを生成する企業が生産をすべて「消毒液」に切り替えて寄付!

ニューヨークに本社を構えるスタートアップ企業「Air Co.」は、空気中から二酸化炭素を抽出し、水と混合してウォッカを生成する技術を開発して、数々の賞を受賞した、今、もっとも注目を集める企業のうちのひとつだ。

昨年よりウォッカの製造・販売をはじめたばかりの同社が、今回の新型コロナウイルスの影響を受けて、まさかの方針を発表した。

それは、現在おこなっているウォッカの生産をすべてエタノールに切り替えて消毒液を作り、そのすべてを寄付するというものだ。

「Air Co.」の共同創設者・CEOであるグレゴリー・コンスタンティン氏は「私たちはより良い社会の創生を目指して会社を設立しました。コロナによるパンデミックにも何かの方法でコミュニティへ支援をおこないたかった。私たちが生成可能な消毒液で支援をすることは自然の流れです」と語っている。

現在1週間に1000本ペースで生産がおこなわれ、順次拡大予定。生産された消毒液の寄付は市の助言にしたがっておこわれるという。

利益をまったく生まない現在の事業では、先行きも危ぶまれる同社であるが、できる限りこの支援を続けるとか。苦しい状況にもかかわらず、利益を顧みずに人々の救済を選択した、同社の英断に拍手を送りたい。

Top image: © iStock.com/TRADOL LIMYINGCHAROEN
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「資生堂」は、新型コロナウイルス感染拡大の抑制に向け、手荒れに配慮した消毒液の生産を開始。今後は月20万本を生産し、医療機関を中心に提供予定とのこと。
新型コロナウイルス感染防止対策で手指消毒用エタノールの供給が不足しているなか、高まる高濃度アルコール需要に対応するため、「菊水酒造」(高知県安芸市)が高濃...
以前、「TABI LABO」でも紹介した「資生堂」の「手指消毒液(指定医薬部外品)」の一般発売が決定。この消毒液は、資生堂の知見や技術を活かし「手荒れ」を...
「ノースウェスタン大学」の研究者とシカゴの「Shirley Ryan AbilityLab」が共同で、新型コロナウイルスに関連する兆候と症状を捉えるウェア...
キノコは干すことで栄養価が格段にUPします。そして香りも!
アクセサリーブランド「クロムハーツ」は、新型コロナウイルスの感染拡大による医療品不足を受けて、ウイルスに対する保護用具を生産することをInstagramで...
先週、カリフォルニア州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ホームレスの人々に一時的にホテルやモーテルの部屋を提供すると発表し話題となっている。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
今日もどこかで大切な人への甘いプレゼントを探している方のお役に立つべく、立食パーティと女子のイメチェンをほめることの次くらいに「食レポ」が苦手な人間が、背...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...