あの「資生堂」が「消毒液」の製造に着手!

「資生堂」は、新型コロナウイルス感染拡大の抑制に向け、手荒れに配慮した手指消毒液を生産中だ。

このたび独自に開発された手指消毒液は、栃木県の那須工場において先月17日より生産を開始。今後は大阪工場、静岡県の掛川工場、埼玉県の久喜工場と、生産体制を強化し、毎月合計20万本の消毒液を医療機関を中心に提供するとのこと。

また、厚生労働省から承認を受けた手指消毒液の承認情報は、他社も活用できるよう広く開示する方針だという。

長年にわたって化粧品業界のトップを走り続ける資生堂が生み出す消毒液──。ウイルスの除去はもちろん、美肌効果まで期待してしまうのはちょっと贅沢?

資生堂 手指消毒液 手荒れ
©資生堂
Top image: © 資生堂
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

以前、「TABI LABO」でも紹介した「資生堂」の「手指消毒液(指定医薬部外品)」の一般発売が決定。この消毒液は、資生堂の知見や技術を活かし「手荒れ」を...
今もっとも注目を集めているといっても過言ではないカリスマ的ラッパー、トラヴィス・スコットが発売した新商品が話題に。発売されたアイテムは、コットン100%の...
新型コロナウイルス感染防止対策で手指消毒用エタノールの供給が不足しているなか、高まる高濃度アルコール需要に対応するため、「菊水酒造」(高知県安芸市)が高濃...
ニューヨークに本社を構えるスタートアップ企業「Air Co.」。空気中から二酸化炭素を抽出し、水と混合してウォッカを生成する同社が、すべてエタノールに切り...
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
クラウドファンディングで販売中の「SprayCare」は、接触せずに消毒できるウェアラブブルサニタイザー。手首から噴射する様子はスパイダーマンのよう。
「ブルガリ」がフレグランスや化粧品の開発でパートナーシップを組む「ICR社」と共同開発した、消毒剤を用いた「ハンドクレンジングジェル」。イタリア市民保健局...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...