新型コロナウイルスの感染拡大には「言語」が関係している?

いまだ世界中で猛威を振るい続ける新型コロナウイルス。そんなウイルスの感染拡大には「言語」が関係しているかもしれないという。

ロシアのとある言語学者によると、ある国におけるCOVID-19の症例数は、その国の主要言語における有気音の存在と関連している可能性があるという。

有気音とは、「p」「t」の音のような破裂音を伴う子音のことであるが、そんな有気音が日常的に使われていればいるほど、飛沫による感染が広がりやすいというわけだ。

日本語は、母音と子音の組み合わせが基本である。そのため、唾を飲み込み飛沫も出にくい。だが一方で、英語は子音だけで発音する音も多く、飛沫も出やすく感染が拡大しやすいという仮説だ。

新型コロナウイルスの国別の感染者数を見てみると、国や地域ごとに偏りがあることに気がつく。国の感染対策によるところも大きいだろうが、もしかしたら人々の話す言葉が影響しているのかもしれないと考えると非常に興味深い。

これからさらに進めていくという研究に要注目だ。

Top image: © iStock.com/suteishi, iStock.com/ulimi
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

4月7日、「Nike」が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、「個人用防護具(PPE)用フェイスシールド」と「電動ファン付き呼吸用防護...
イギリスを拠点に活動するクリエイターStefania EspositoさんとRenato Tataさんが「新型コロナウイルス(COVID-19)をスマホの...
新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、政府を皮切りに多くの地方公共団体や企業が防御策を講じている。そんななか、イギリスのバクストン警察...
「Apple」は、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染しているかどうかの判断材料をSiriを利用して調べる新サービスを開始した。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
先週、カリフォルニア州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ホームレスの人々に一時的にホテルやモーテルの部屋を提供すると発表し話題となっている。
探知犬たちが新型コロナウイルスを探知することができるか英国では6000万円以上の研究費を費やした試験を実施中。“スーパー・シックス”と名付けられた6匹の犬...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
資生堂のボディケアブランド「シーブリーズ」と赤城乳業株式会社の「ガリガリ君」のコラボ商品が4月下旬より数量限定で発売。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...