「コロナウイルス」の感染の広がりを「可視化」するオンラインマップ

各地で感染拡大している「コロナウイルス」の地域別の症例数リアルタイムで可視化したオンラインマップが「CSSE」(ジョンズ・ホプキンズ大学のシステム科学工学センター)によって公開された。

HWOやCCDC(中国疾病管理予防センター)、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)、ECDC(欧州疾病予防管理センター)をはじめとするさまざまな機関から収集されたデータを元に作成され、ほぼリアルタイムで更新される。

このオンラインマップはPCスマホから無料で閲覧でき、Googleスプレッドシートにデータをダウンロードすることも可能だ。

「2019-nCoV Gloval Cases bu Jhon Hopkins CSSE」のオンラインマップはこちら

Top image: © iStock.com/wildpixel
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事