重苦しい雰囲気が漂う今こそ知りたい「気分を明るくする3つの方法」

こんな時だからこそ──。そう言えば、何を意味しているのかは分かると思います。いろんな不安や不満はあるけど、今よりも少しだけ、ほんのちょっとでもいいから、明るくいきませんか?

TABI LABOでは、それぞれの編集者が思い思いに「こんな時だからこそ読みたい記事」を解釈して、過去に公開した記事を使い、改めて紹介することにしました。

さて、僕は“こんな時”を“何が起こるか分からない不安定な時代”とストレートに捉えてみたいと思います。……となると、明るい気分になるために必要なことはなんなのでしょうか?

01.
日常の些細なことに感謝する

答えのひとつとして、未来に期待しすぎるのではなく、“日常の些細なことに感謝する”は当てはまりそうです。

これはスイスのバッグブランド「FREITAG」の一員として、Happinessを届けるために世界を旅しているアラン・ドランスフィルドさんに改めて教えてもらったこと。

彼は「Happinessの定義は、人生におけるシンプルなことでさえも満足感を得られる状態」と説明しつつ、自分が「何に対して感謝をしたのかを意識する」と、自然とHappyな気分になると言っています。

 

アランさんに聞いたのは「日本人がHappyになる方法」でした。じつはこの記事を公開するよりも前に、TABI LABOでは同じようなインタビューをしたことがあるんです。

お相手は、世界幸福度ランキングで2年連続トップの座を勝ち取っている「フィンランド」に暮らす7人。

このご時世なので、1と7は無視してください!これはハッキリと言います(本当に素晴らしいアドバイスなのですが……)。いま読んでほしいのはそれ以外の5項目。“日常の些細なことへの感謝”に通ずるものがありますよ。

 

02.
あえて後先を考えない

ふたつ目の答えになりそうだなと感じるのは、困難な状況に物怖じしてばかりいるのではなく、ポジティブなマインドだって持ち合わせておくことです。

成り行きでシェフになっちゃったマティー・マセソンさんの記事を読んでみてください。こんなことを言っているので。

「ある日、友だちから電話がかかってきた。『マティー、シェフが必要だから手伝ってくれないか?』ってね。

その時に、根拠なんてなかったけど『あ〜、俺ならできるよ』って答えたんだ。当時はバンドをやっていたヤツらと旅をしていたけど、それをストップして、プロとして料理をやることに決めたんだ。それまでにクッキングスクールに通っていた経験もあるし、しばらくレストランで働いたこともあったから、できると思っちゃったんだな。

ちなみに、彼、欧米ではものすごく人気なんですよ!

 

03.
積極的に笑う努力をしてみる

長くなりすぎると疲れちゃうと思うので、次に紹介する記事が最後。

何が起こるか分からない不安定な時代だからこそ、やっぱり心の底から笑える時間は大切だと思うんです。

もちろん、日本のお笑いもすごくオモシロいのですが、アメリカのスタンドアップコメディだって負けちゃいない。

そんなネタを披露するスタンドアップコメディアンたちを以下の記事では紹介しているので、ぜひ読んでみてください。全員のコンテンツがNetflixで視聴可能です。

家でやることが増えると、ポジティブに「#stayathome」「#socialdistancing」できるのもイイですよね。

最高じゃん!

 

Top image: © iStock.com/tolgart
イギリスを拠点に活動するクリエイターStefania EspositoさんとRenato Tataさんが「新型コロナウイルス(COVID-19)をスマホの...
世界各地に感染拡大している「コロナウイルス」の勢力をリアルタイムで可視化したマップが、「CSSE」(ジョンズ・ホプキンズ大学のシステム科学工学センター)に...
3月19日、KEENが新型コロナウイルス(COVID-19)に立ち向かう人々のために、10万足のシューズを無償で提供すると発表した。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、中国の「ケンタッキー」は、人との接触なく商品を受け渡しをする「コンタクトレスデリバリーサービス」を開始。
ウール専門ブランド「Woolly」が、ランニング用として徹底的にこだわり抜いたソックスを開発。
仕事が忙しいとき。人間関係などで嫌なことがあったとき。ああ、気分転換したいなぁと思うことってありますよね。そんなときに使える、おすすめの気分転換の方法をご...
米コスメブランドの「Lipslut」は、販売利益の100%をCOVID-19の救援活動に寄付すると発表。
岐阜県大垣市で枡の製造・販売を手掛ける「大橋量器」は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、自宅で飲む「宅飲み」を促す「わたしたちはコロナに負けずおうち時間...
4月7日、「Nike」が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、「個人用防護具(PPE)用フェイスシールド」と「電動ファン付き呼吸用防護...
先週、カリフォルニア州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ホームレスの人々に一時的にホテルやモーテルの部屋を提供すると発表し話題となっている。
「Apple」が6月のプライドマンスに向けて二種類のアップルウォッチバンドを発表。一つはNikeとのコラボ商品だとか。
新型コロナウイルスも、ころにゃんと倒してしまいたい。そんな思いを乗せて、岐阜・高山の「和菓子処 稲豊園」が作る「招福猫子まんじゅう」がマスク姿になって登場...
新型コロナウイルスと戦う医療従事者たちへの支援として、ロンドンの大手ブルワリー「CAMDENTOWN BREWERY」がオリジナルビールを「ヒーローのため...
新型コロナウイルス感染症のワクチンの開発支援と、平等かつ迅速な供給を求めて。日本政府への支援金増額を求める署名プロジェクト「#SignforLife」始動。
「LUSH」が、新型コロナウイルスの蔓延に伴い“手洗いサービス”を開放中。誰でも自由に利用することができ、商品を購入する必要はないという。
「経済的な洗えるマスク」「高性能な次世代マスク」「ファッショナブルなデザインマスク」などwithコロナ時代に持っておきたい多様なマスクをまとめて紹介。
「モエ・エ・シャンドン」のブランドアンバサダー、ティモシー・ベック氏が「モエ アンペリアル」を例に、自宅での上手な楽しみ方を指南する動画が公開されている。
石川県の元・縫製工という僧侶が型紙作成、裁断、縫製までをすべて“ひとり”で生産するデニム「ボーズソーイング」。応援購入サービス「Makuake」でプロジェ...
米「Apple」と「Google」は先日、スマートフォンを使って新型コロナウイルスの濃厚接触の可能性を検出・通知する技術を共同開発することを発表した。5月...
世界一の座を4度獲得したファインダイニングの代名詞的レストラン「noma」が、新型コロナウイルスによる臨時休業を経て5月21日、約2ヵ月ぶりに営業を再開。...
2月7日、東京都は世界中に拡大する「新型コロナウイルス」の対策についての2本の動画をYouTubeに公開した。出演は、都知事の小池百合子氏。
探知犬たちが新型コロナウイルスを探知することができるか英国では6000万円以上の研究費を費やした試験を実施中。“スーパー・シックス”と名付けられた6匹の犬...
「ノースウェスタン大学」の研究者とシカゴの「Shirley Ryan AbilityLab」が共同で、新型コロナウイルスに関連する兆候と症状を捉えるウェア...
検索トレンド分析ツール「Google Trend」を利用して、「コロナウイルス」の規模を数字的に可視化。グラフを見ることで、コロナウイルスが未だかつてない...