Netflixで観る!「今注目のスタンドアップコメディアン」10人(後編)

Netflixのコメディコンテンツを観るべきだ。

2020年1月26日におこなわれる第62回グラミー賞で「最優秀コメディ・アルバム賞」にノミネートされた5作品のうち、4作品がNetflixという状況だ。もはや世界の笑いはNetflixなしでは語れない。

とはいえ、なにから観るべきか?

日本でスタンドアップコメディアンとして活躍する「おコメディ焼き」代表のBJ Foxさんに「注目のスタンドアップコメディアンを10人」ピックアップしてもらった。

すでに5人は紹介していて、この記事では残りの5人を紹介!

©2019 NEW STANDARD

6人目はジェイムズ・エイカスター。

彼は、たぶん、イギリスの一番売れっ子。抽象的なテーマで笑いをとるスタイル。

例えば、誰かがコメディアンたちに麻薬を売りさばいているから、覆面警察としてコメディアンになって、公演をやっているみたいに、ちょっと理解が難しいテーマになっていることが多い。

あとは、Netflix(の『ジェイムズ・エイカスターのレパートリー』)では4本の作品を公開しているけど、それらは『パルプ・フィクション』みたいに時間的な順序じゃない構成になっている。1〜4の順番に観ても、最後と最初の作品がつながっている。

僕は天才のひとりだと思ってる。

©2019 NEW STANDARD

7人目はキャサリン・ライアン。

厳密に言うとカナダ人だけど、イギリスで有名になったコメディアン。女性としての意見をしっかりと持っていて、他の人が言ったら炎上するようなことでも、うま〜く笑いにしている。

イギリスの政治や社会問題とか、今何が起きているのかを知りたい人にはピッタリ。

さっきのジェイムズ・エイカスターは作品が特徴的だけど、彼女は人としてとても素晴らしい。

©2019 NEW STANDARD

8人目はジェリー・サインフェルド。

最初のデイヴ・シャペル並みのレジェンドだと言ってもいい人。『フレンズ』の前に一番売れていたアメリカのシットコム『となりのサインフェルド』の脚本をやっていた。今も現役で、かなり売れている。

最近Netflixで公開されたドキュメンタリー(『サインフェルド: ヴィンテージカーでコーヒーを』)は、ぜひ観てほしい。若手コメディアンに話を聞きながら、昔の映像も交えて、ネタをやっている。

スタンドアップの歴史を知ることができる意味でもオススメ。

©2019 NEW STANDARD

9人目はハンナ・ガッズビー。

彼はスタンドアップはどういうものなのか?を問いかける人。社会問題とか、笑えるかどうかギリギリかもしれない。

レイプや自分が暴行を受けた話は、本当に考えさせられる。スタンドアップでここまで言うんだっけ?って。ちなみに、僕は笑えなかった。

もうコメディというより、TEDトークに近いよ(笑)。

©2019 NEW STANDARD

最後はジミー・カー。

ハンナ・ガッズビーとは真逆で、オチ、オチ、オチのスタイル。ずっと笑える。

1時間の社会問題がテーマの作品でも、人よりも100倍くらいオチがあって、とにかくオチ率が高い。

彼は笑わせるのが正義だと信じているようなスタンドアップコメディアン。

↓ 最初の5人はコチラでチェック! ↓

BJ Fox(おコメディ焼き代表)

イギリス、シンガポールなど東南アジア諸国で英語のコメディアンとしての経験を身につけ、ブラックユーモア満載のブリティッシュスタイルを貫くスタンダップコメディアン。2015年に日本に転勤して以来、日本語での活動も開始。コメディの他に、MC、俳優そして映像ディレクター業でも多忙な日々を送っている。

次回の「おコメディ焼きLIVE」は12月11日。

YouTubeはコチラから。

関連する記事

日本語でスタンドアップコメディの公演をおこなう「おコメディ焼き」代表BJ Foxさんに、Netflixで作品を観ることができる「今注目のスタンドアップコメ...
「スタンドアップコメディは絶対に日本で流行る」と言い切る「おコメディ焼き」代表BJ Foxがスタンドコメディのあれこれ。観客インタビューや注目のスタンドア...
日本語でスタンドアップコメディの公演をおこなう「おコメディ焼き」代表、BJ Foxさんに「スタンドアップコメディの概要」と「日本で流行る理由」を教えてもらった。
日本のスタンドアップコメディがどのようにおこなわれているのか? どんな人たちが観に来ているのか? おコメディ焼きの日本語ライブの様子をレポート!
NASA、ジェット推進研究所、南カリフォルニア大学、ハイデラバード大学らの共同研究チームが、ISSで採取されたサンプルから4種の菌株を分離した結果、そのう...
アーティストとしても活躍しながら、スタンドアップコメディアンを目指している小林快さんにインタビュー。スタンドアップコメディとの出会いやこれからやっていきた...
Netflix(ネットフリックス)のおすすめStand-Up Comedy作品を日本のスタンドアップコメディ界の重鎮「おコメディ焼き」代表BJ Foxさん...
Netflix(ネットフリックス)のおすすめStand-Up Comedy作品を日本のスタンドアップコメディ界の重鎮「おコメディ焼き」代表BJ Foxさん...
Netflix(ネットフリックス)のおすすめStand-Up Comedy作品を日本のスタンドアップコメディ界の重鎮「おコメディ焼き」代表BJ Foxさん...
Netflixでチェックできる「おすすめのコメディアン」を5人紹介。ピックアップをしてくれたのは、スタンドアップコメディアンを目指している小林快さん。
ロサンゼルス・ノースハリウッドにカラフルなプレハブが立ち並ぶエリアが誕生。施設には合計で39戸の建物が用意され、1部屋で2人が生活できるようになっているという。
Netflixが「パブロ・エスコバルのカバ」を題材にしたコメディ『Cocaine Hippos』を製作するようだ。
フェミニズムを、フェミニストとして、歌やコメディを通してわかりやすく社会に提起している女性がたくさんいます。そんな女性達から「フェミニズム」を学べるエピソ...
“日本一のしゃけ”を気軽にしゃけ料理専門の立ち飲みスタンドしゃけスタンド〒168-0063 東京都杉並区和泉1-3-15http://shake-koji...
自転車を縦にして飾れるサイクルスタンド、「Vertik」の紹介です。
Netflixでおすすめ! 恋愛がしたくなる「Netflixオリジナル作品の映画」を紹介。『マリッジ・ストーリー』『マーダー・ミステリー』『いつかはマイ・...
10月9日(水)〜25日(金)の間、東京・大阪の6ヵ所のビジネス街に“旅するコーヒースタンド”と銘打った移動式カフェが出現。「MONTBLANC(モンブラ...
普段はライバルであるはずのNetflixとHulu。その両者のやりとりが、なんか素敵!
Netflixでおすすめの映画・ドラマ・ドキュメンタリーを18作品紹介。全て「Netflixオリジナル作品」からピックアップしました。
Netflixでおすすめ! シズル感たっぷりの「Netflixオリジナル作品のグルメ番組」を紹介。『ストリート・グルメを求めて: アジア』『100万ポンド...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
英国発のフレッシュハンドメイドコスメを展開するLUSHが、短編ドキュメンタリー映画『We the Bathers』を企画制作。
アメリカの自動車ブランド「シボレー」が「ディズニー」とコラボ!新型の「Bolt EUV」のプロモーション動画を発表した。
ここ数年の間にニューヨークのサイクルシーンはめまぐるしく変わった。メッセンジャーたちによってストリートから生まれたピストのムーブメントがひと段落し、いまの...
あの子も、この子も、そして、わたしも。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
1985年にスタートした、つげ義春のシリーズ連作漫画『無能の人』。主人公の助川助三は、多摩川の河川敷で拾った石を掘建て小屋に並べ、その石を売る。妻に愛想を...