フランス人に「それも人生さ!」と励まされるコメディー映画

個人主義で、自己主張があり、自由恋愛の国。フランスを形容する言葉は数あれど、やはり”愛の国”だと感じさせる映画が誕生した。

本国をはじめ世界中で大ヒットとなった映画『セラヴィ!C’est la vie!』がおもしろい。

「個」が立っている社会って
こういうこと

物語の舞台は、古城のウエディングパーティー。ヤングセレブな新郎新婦からパーティーを任されたベテランのウェディングプランナー、マックスが主人公だ。

マックスの仕事仲間は実に個性的。主張を恐れず、欲に素直で、チームも大切だけど自己犠牲なんてありえない。契約関係やルールの多い職場であっても隠しきれない個性はあちこちで炸裂し、パーティーは次々にハプニングに見舞われてしまう。

5488086410592256
©2017 QUAD+TEN / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / PANACHE PRODUCTIONS / LA COMPAGNIE CINEMATOGRAPHIQUE
6006950554763264
©2017 QUAD+TEN / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / PANACHE PRODUCTIONS / LA COMPAGNIE CINEMATOGRAPHIQUE

しかしこの映画が単なるドタバタコメディーで終わらないのは、悩みながらも仲間を愛するマックスにチームワークの本質を感じること。そして、豊かな個性の登場人物たちが愛おしいまでに人間的だからだ。

映画を観るときに主人公の心境に自分を重ねる人は多いと思うが、もしも自分がマックスだったら、果たしてここまで個性豊かな人たちを“仲間”として愛し続けていられるだろうか?

職場の同僚や、家族、友人など、人間関係に少なからず疲れ気味の人にこそ、マックスの気持ちになって観ることをオススメしたい。

「人生」という
自分がドラマの主人公たれ

4877092281909248
©2017 QUAD+TEN / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / PANACHE PRODUCTIONS / LA COMPAGNIE CINEMATOGRAPHIQUE

また同作では、可能なかぎりウェディングの予算を抑えたい近年の業界傾向や、移民問題を背景とした外国人労働者のこと、さらにデジタルテクノロジーにおける世代間ギャップなど、さまざまな社会課題をユーモアに包みながらも指摘している。

それでも決して強すぎることのない主張がメッセージとして伝わるのは、制作・俳優ともに実力派が揃っているからこそであろう。

マックスの義弟で元国語教師のジュリアンがたびたび、文学的でエスプリの効いたセリフを放つのも、“フランスっぽさ”をうまく表現している。くすっと笑いを誘うセリフの言葉遊びは、日本語字幕を通してでも十分楽しむことができる。

ちなみに邦題に使われている「セラヴィ!」とは、良きときも悩めるときも「それもまた人生さ!」と明るくやり過ごすときに使う定番の仏語フレーズ。どんな困難にも大きな心で向き合うマックスから、明日を楽しく過ごすコツを学ぼう。

自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがここにある。

セラヴィ!/C'est la vie!

2018年7月6日(金)より、渋谷・シネクイント、新宿シネマカリテ、池袋HUMAXシネマズほか全国ロードショー。公式サイトはこちら

Top image: © 2017 QUAD+TEN / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / PANACHE PRODUCTIONS / LA COMPAGNIE CINEMATOGRAPHIQUE
Licensed material used with permission by パルコ
小学校のカリキュラムに「映画」が追加されたアルゼンチン。「VARIETY」によると、7つの州に限定されていますが、2016年の8月からプログラムはすでに開...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
本作品『危険な関係』は、フランス貴族社会を舞台にW不倫をする夫婦の物語。外交官の夫、美貌の若妻。世間的にみれば眩いパリの社交界で注目を集める2人。だが、密...
サイズは23.5センチ、色はホワイトシルバー。一足いかが?
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
ジャケット写真も、出演者の情報もない。たったひとつのセリフだけをみて、心に刺さった作品を選んでみる。
クエンティン・タランティーノ監督作品『イングロリアス・バスターズ』で、世界的な脚光を浴びた女優メラニー・ロランは、近年監督業でも注目されている。彼女が、俳...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
好きな映画から好きなワンシーンを抜き出して描くイラストレーター長場 雄と、好きなセリフを抜き出し好き勝手に解説を描いたライターの鍵和田啓介。6つのジャンル...
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?
人気、実力共にフランスを代表する監督になったフランソワ・オゾン。最新作『婚約者の友人』は「嘘」について描かれた映画だ。第一次世界大戦後のフランスとドイツを...
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持たせたもの。なんでも、「食」にまつわる作品ばかりを、世界中からセレクトしているのだとか!
2015年1月11日、パリ中心部に群衆が押し寄せた。同月7日に発生した政治週刊紙「シャルリー・エブド」銃撃事件を受けて、フランス史上最大規模と言える抗議活...
コーヒーとチェリーパイと1枚の写真、下世話なテディベア、ドラッグ入りのミルク……。
好きな映画から好きなワンシーンを抜き出して描くイラストレーター長場 雄と、好きなセリフを抜き出し好き勝手に解説を描いたライターの鍵和田啓介。6つのジャンル...
米造形作家による作品です。
主演と監督のクレジットには、アベル&ゴードン。何を隠そう2人は夫婦なのだ。夫は、ドミニク・アベル。妻は、フィオナ・ゴードン。また、2人のバックグラウンドが...
英国のレシピサイト「Twisted Food」がクロワッサンを使った新しいメニューを考案。これを見たフランスの人々から、「神への冒涜だ!」などの非難の声が...
仕事で疲れて家に帰った後、ゆっくりしたいけれど仕事のメールは無視できない…。これ、ビジネスマンの悩みのひとつですよね。でも、今後はそんな心配がなくなるかも...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開さ...