フランス人に「それも人生さ!」と励まされるコメディー映画

個人主義で、自己主張があり、自由恋愛の国。フランスを形容する言葉は数あれど、やはり”愛の国”だと感じさせる映画が誕生した。

本国をはじめ世界中で大ヒットとなった映画『セラヴィ!C’est la vie!』がおもしろい。

「個」が立っている社会って
こういうこと

物語の舞台は、古城のウエディングパーティー。ヤングセレブな新郎新婦からパーティーを任されたベテランのウェディングプランナー、マックスが主人公だ。

マックスの仕事仲間は実に個性的。主張を恐れず、欲に素直で、チームも大切だけど自己犠牲なんてありえない。契約関係やルールの多い職場であっても隠しきれない個性はあちこちで炸裂し、パーティーは次々にハプニングに見舞われてしまう。

©2017 QUAD+TEN / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / PANACHE PRODUCTIONS / LA COMPAGNIE CINEMATOGRAPHIQUE
©2017 QUAD+TEN / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / PANACHE PRODUCTIONS / LA COMPAGNIE CINEMATOGRAPHIQUE

しかしこの映画が単なるドタバタコメディーで終わらないのは、悩みながらも仲間を愛するマックスにチームワークの本質を感じること。そして、豊かな個性の登場人物たちが愛おしいまでに人間的だからだ。

映画を観るときに主人公の心境に自分を重ねる人は多いと思うが、もしも自分がマックスだったら、果たしてここまで個性豊かな人たちを“仲間”として愛し続けていられるだろうか?

職場の同僚や、家族、友人など、人間関係に少なからず疲れ気味の人にこそ、マックスの気持ちになって観ることをオススメしたい。

「人生」という
自分がドラマの主人公たれ

©2017 QUAD+TEN / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / PANACHE PRODUCTIONS / LA COMPAGNIE CINEMATOGRAPHIQUE

また同作では、可能なかぎりウェディングの予算を抑えたい近年の業界傾向や、移民問題を背景とした外国人労働者のこと、さらにデジタルテクノロジーにおける世代間ギャップなど、さまざまな社会課題をユーモアに包みながらも指摘している。

それでも決して強すぎることのない主張がメッセージとして伝わるのは、制作・俳優ともに実力派が揃っているからこそであろう。

マックスの義弟で元国語教師のジュリアンがたびたび、文学的でエスプリの効いたセリフを放つのも、“フランスっぽさ”をうまく表現している。くすっと笑いを誘うセリフの言葉遊びは、日本語字幕を通してでも十分楽しむことができる。

ちなみに邦題に使われている「セラヴィ!」とは、良きときも悩めるときも「それもまた人生さ!」と明るくやり過ごすときに使う定番の仏語フレーズ。どんな困難にも大きな心で向き合うマックスから、明日を楽しく過ごすコツを学ぼう。

自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがここにある。

セラヴィ!/C'est la vie!

2018年7月6日(金)より、渋谷・シネクイント、新宿シネマカリテ、池袋HUMAXシネマズほか全国ロードショー。公式サイトはこちら

Top image: © 2017 QUAD+TEN / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / PANACHE PRODUCTIONS / LA COMPAGNIE CINEMATOGRAPHIQUE
Licensed material used with permission by パルコ
他の記事を見る
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
「Pass Culture」という名のアプリは、まるで出会いを求めるマッチングアプリのように気軽にイベントを見つけることができます。文化や芸術に振れる若者...
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
本作品『危険な関係』は、フランス貴族社会を舞台にW不倫をする夫婦の物語。外交官の夫、美貌の若妻。世間的にみれば眩いパリの社交界で注目を集める2人。だが、密...
小学校のカリキュラムに「映画」が追加されたアルゼンチン。「VARIETY」によると、7つの州に限定されていますが、2016年の8月からプログラムはすでに開...
フランス革命期の1796年に起きた「ヴァンデの反乱」で焼かれてしまったお城「Ebaupinay Castle」の共同オーナー権を売ることで、その復元・保存...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
ジャケット写真も、出演者の情報もない。たったひとつのセリフだけをみて、心に刺さった作品を選んでみる。
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
フランスの航空会社「エールフランス」が、キャンセルをしたフライトのチケットを売りさばけるWEBサイトを創設しました。
ポーランドを知るなら映画から入るのもアリでしょう。というのも、同国は古くから映画先進国だったから。そんなポーランドの映画に対する関心度の高さがわかるホテル...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
フランスに暮らすAdrien Locatelliが、聖書とコーランのテキストの一部を自分の体内に取り入れました。
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
クエンティン・タランティーノ監督作品『イングロリアス・バスターズ』で、世界的な脚光を浴びた女優メラニー・ロランは、近年監督業でも注目されている。彼女が、俳...
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。