フランス

パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開さ...
フランス革命期の1796年に起きた「ヴァンデの反乱」で焼かれてしまったお城「Ebaupinay Castle」の共同オーナー権を売ることで、その復元・保存...
ある直線をいくつも組み合わせたドレス。一見プラスチックに見えなくもないですが、実はこれあのスパゲッティでできているのです。作品を手がけるのはフランス人のA...
フランスのアウトドアブランド〈Lafuma(ラフマ)〉の「Futura」です。屋内外どちらでも使える、折りたたみ式リクライニングチェア。ただし、ここで言う...
「今のスマホって大きくなりすぎて、ごちゃごちゃしてない?」。そんなふうに考えたのは、フランスのデザイナーPierrick Romeufさん。
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
「Pass Culture」という名のアプリは、まるで出会いを求めるマッチングアプリのように気軽にイベントを見つけることができます。文化や芸術に振れる若者...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
しあわせやよろこびを他人と分かち合うことを、フランスでは「partagé(パルタージュ)」という言葉を用いて表現します。口にしてみると、口角がキュッと上が...
数年前、1982年にゴーギャンが描いた油絵『いつ結婚するの』に、3億ドル(当時のレートで約355億円)の高値がついて世間の注目を集めました。興味がない人か...
フランス近代絵画に魅せられ、画商として約30年間で2万枚もの絵画を売買してきたという、高橋芳郎さん。自身の著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
西宮の人気料理サロン『Table d'or』を主宰する三好万記子さんは、もともと専業主婦でした。旦那様の転勤でパリで暮らし、そこで出会ったレストラン文化や...
みなさんもきっと食べたことのあるフランスパンとバゲット。どちらもさくさくとした食感の縦長のパンで同じように思われますが、両者は微妙に違うのです。でもその違...
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
何とも不思議な話に聞こえるかもしれない。全ての建造物には「肖像権」がある。しかし、ほとんどの場合、50年以上経過したお城などの古い建物の権利というのは消滅...
上質な陶器やフレグランスなどで知られる〈ASTIER de VILLATTE(アスティエ・ド・ヴィラット)〉の消しゴム。黒地に金の箔押しという高級感のある...
毎シーズン、ボーダーだけでなく魅力的な単色「SOLID」もラインナップされている、〈セントジェームス〉の「ウエッソン」。
食だって、伝統を守り抜かなきゃいけないときがあるんです!