「ORIGAMI」で世界中を彩るフランス人女性。そのキッカケとなったのは・・・

カラフルなインスタレーションを世界中に展開しているフランス人アーティスト、マドモアゼル・モーリスの作品には、レースや刺繍のほか、さまざまな素材を混ぜ合わせたものが使われています。そして、彼女が選んだものの中には「折り紙」も。

日本にいたことがあり、その歴史に影響を受けているようです。

01.

シンガポール・国立博物館。

02.

フランス・コルシカ島。

03.

フランス・パリ。

04.

スウェーデン・マルメ。

05.

イタリア・シチリア島。

06.

カナダ・モントリオール。

07.

ギリシャ・アテネ。

08.

この作品は、2012年に彼女が折り紙を使ったアート活動を始めた当初の作品『HEXAGON RAINBOW(六芒星の虹)』。インスピレーションを得たきっかけは東日本大震災。当時、彼女は日本にいました。

日本の歴史を知っていく中で、彼女がとくに心を強く打たれたのは、広島平和記念公園にある『原爆の子の像』のモデルとなった、佐々木禎子さんのこと。彼女が病床で作った千羽鶴の話は、平和への祈りとして、広く語り継がれています。

彼女のHPに記載されているメッセージを一部紹介します。

折り紙は、国際的な平和のシンボルとなりました。だからこそ、その歴史を振り返りたいと思ったのです。それは遠くありながら、まぎれもない現実。世界の暴力的な行いを記録したものでもあります。

私はみんなに何かしらの方法で考えてもらうきっかけを作りたかったのです。押し付けではなく、人間同士の関係性や自然環境への態度がどんな影響を及ぼすのかを。

時折、私は折り紙が人々であるかのように想像し、それを抱えているかのように感じています。そして、彼らとの間に発生する前向きな関係性を思い浮かべるのです。

折り紙は花や鳥のような自然のものを形づくっていて、人と自然の関係性を表しています。その重要性やバランスを問いかけるものであり、虹色は平和や多様性を象徴しています。

伝えたいことは山程ありますが、私は見た人それぞれに、自分の方法で考えて欲しいと思っています。私の言葉は、このインスタレーションに関するただの説明に過ぎません。

廃材を使用して、その場に応じた作品を即興で生み出すという彼女。molempireのインタビューによれば、その後の様子を見ながら、使われた折り紙を回収しては、再利用しているそう。現場を汚すことなく、残らない作品であることが重要であり、通行人と作品との間に偶発するコミュニケーションを魅力として感じているとコメントしています。

その他の作品は、コチラから。

Licensed material used with permission by Mademoiselle Maurice
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
世界的な日本文化の1つとしてある「Origami」。今回紹介するのは一般的な折り紙の常識の、一歩前へ踏み込んだアート作品!動物はもちろんブランドロゴや、現...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
この4種類をデスクに常備しています。
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
諸説あるものの、一般的に「折り紙」は日本の伝統文化のひとつ。求められる細やかな手先の動きが脳の発育にも役立つとされるなど、いまや世界中の人々を惹きつける遊...
フランス革命期の1796年に起きた「ヴァンデの反乱」で焼かれてしまったお城「Ebaupinay Castle」の共同オーナー権を売ることで、その復元・保存...
かつお節じゃないけれど、削って使うタイプのドレッシングが登場。サラダのほか温かい料理にも使えて、汎用性ありそうです。
日本が世界に誇る料理、寿司。真っ白なシャリに新鮮な素材がのった姿は、海外から見ると「芸術」と評されることもあります。それが、実際にアート作品へと昇華しました。
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
ある匿名アーティストたちによる、フランス・ボルドーの歴史的建造物を、ビニール袋で埋め尽くすというインスタレーション。リサイクルだけでは、ゴミ問題を解決でき...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
ひと際目を引く、動物をモチーフにしたこちらのペーパーランプ。じつはこれら、日本の「折り紙」にインスパイアされているアイテムなんです。この動物ランプを作った...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
「Pass Culture」という名のアプリは、まるで出会いを求めるマッチングアプリのように気軽にイベントを見つけることができます。文化や芸術に振れる若者...
ハンブルグを拠点に活動するセラミック・アーティストのAngelina Erhornさんがつくってるのは「Origami(折り紙)」を模した食器シリーズ、。...
ある直線をいくつも組み合わせたドレス。一見プラスチックに見えなくもないですが、実はこれあのスパゲッティでできているのです。作品を手がけるのはフランス人のA...
先日可決されたフランスの新たな法律は、小中学校で子ども達がスマホなどの電子機器を使用することを禁止。9月から施行される見通しです。
「Ouzville」は見捨てられてしまったベリルートを再度盛り上げよう!というアートプロジェクトです。