「ORIGAMI」で世界中を彩るフランス人女性。そのキッカケとなったのは・・・

カラフルなインスタレーションを世界中に展開しているフランス人アーティスト、マドモアゼル・モーリスの作品には、レースや刺繍のほか、さまざまな素材を混ぜ合わせたものが使われています。そして、彼女が選んだものの中には「折り紙」も。

日本にいたことがあり、その歴史に影響を受けているようです。

01.

シンガポール・国立博物館。

02.

フランス・コルシカ島。

03.

フランス・パリ。

04.

スウェーデン・マルメ。

05.

イタリア・シチリア島。

06.

カナダ・モントリオール。

07.

ギリシャ・アテネ。

08.

この作品は、2012年に彼女が折り紙を使ったアート活動を始めた当初の作品『HEXAGON RAINBOW(六芒星の虹)』。インスピレーションを得たきっかけは東日本大震災。当時、彼女は日本にいました。

日本の歴史を知っていく中で、彼女がとくに心を強く打たれたのは、広島平和記念公園にある『原爆の子の像』のモデルとなった、佐々木禎子さんのこと。彼女が病床で作った千羽鶴の話は、平和への祈りとして、広く語り継がれています。

彼女のHPに記載されているメッセージを一部紹介します。

折り紙は、国際的な平和のシンボルとなりました。だからこそ、その歴史を振り返りたいと思ったのです。それは遠くありながら、まぎれもない現実。世界の暴力的な行いを記録したものでもあります。

私はみんなに何かしらの方法で考えてもらうきっかけを作りたかったのです。押し付けではなく、人間同士の関係性や自然環境への態度がどんな影響を及ぼすのかを。

時折、私は折り紙が人々であるかのように想像し、それを抱えているかのように感じています。そして、彼らとの間に発生する前向きな関係性を思い浮かべるのです。

折り紙は花や鳥のような自然のものを形づくっていて、人と自然の関係性を表しています。その重要性やバランスを問いかけるものであり、虹色は平和や多様性を象徴しています。

伝えたいことは山程ありますが、私は見た人それぞれに、自分の方法で考えて欲しいと思っています。私の言葉は、このインスタレーションに関するただの説明に過ぎません。

廃材を使用して、その場に応じた作品を即興で生み出すという彼女。molempireのインタビューによれば、その後の様子を見ながら、使われた折り紙を回収しては、再利用しているそう。現場を汚すことなく、残らない作品であることが重要であり、通行人と作品との間に偶発するコミュニケーションを魅力として感じているとコメントしています。

その他の作品は、コチラから。

Licensed material used with permission by Mademoiselle Maurice

関連する記事

6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
どんなに大声で訴えたいことがあるフランス人でも、のっぴきならない事情でデモに参加できない時もあります。そんなフランス人のためのサービスが「Wistand」。
世界的な日本文化の1つとしてある「Origami」。今回紹介するのは一般的な折り紙の常識の、一歩前へ踏み込んだアート作品!動物はもちろんブランドロゴや、現...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。有識者の話は参考にしにくい。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようという...
フランス人アーティストが改造し、誕生したキッチンカー。フライドポテトが作れるキッチンが設置されたものです。知らずに目の前で「パカッ」とされたら驚いてしまい...
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
なんとなくゴミを荒らすイメージのあるカラスですが、フランスのテーマパーク「Puy Du Fou」では清掃員として活躍しています。
フランスの山に映しだされるリアルなクマやオオカミ。同国を拠点に活動するデジタルアーティストJulein Nonnonさんが手がけるプロジェクションマッピン...
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子とスパークリングワインのペアリングを検証してみました。
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
フィンランドの折り紙アーティストJuho Könkkölä氏が製作したサムライ。折り方を自身のサイトでレクチャーしているが、製作時間は50時間以上かかる。
フランスで「iPhone 12」シリーズを購入する場合は「イヤーポッズ」が付いてくるそうだ。
フランスの航空会社「エールフランス」が、キャンセルをしたフライトのチケットを売りさばけるWEBサイトを創設しました。
フランス南部サント・マリー・ラ・メールのビーチでトップレスで日光浴を楽しんでいた女性グループに対し、訪れていた家族連れからの苦情を受け、警官が服を着るよう...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
「日本でフランスパンが1番売れる日って、いつか知ってる?」という質問。答えは、ディナーにチキンやローストビーフを用意しちゃう昨日、今日。そのきっかけはDO...
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
フランス軍が、未来で起こりうる脅威に備えるために、SF作家を雇ったそうなのだ。4〜5人で構成されるチームとして活動するという。

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第一弾は中国編です。クール?それともファニー?中国のミレニアルズの、理解を超え...