フランス女性が歳を重ねるたびに美しくなる「5つの理由」

フランスでは、「女性は何歳になっても美しい」という価値観があります。歳を重ねていくに連れて、若い頃にはなかったエレガントさや深い知性が身についていき、それが今までの魅力にプラスされていく、と考えられているからです。

女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思い、フランス人女性を年々美しくしていく要因を5つにまとめてみました。

01.
仕事は
アイデンティティの一部

Ff5a2d363efa3765e7457f60495af6b7a0406748

フランスでは、女性もフルタイムで働くことが一般的。日本とは違って、むしろ専業主婦のほうが珍しいくらいです。子どもがいる夫婦は、お互いに家事と育児を分担するので、女性に特別な負担がかかる訳でもありません。

女性は仕事をすることによって社会での自分の地位が認められ、家の外でも張りのある人生を送っています。

このように女性も自分のキャリアを大切にする傾向にあるので、「早く結婚しないと!」と焦っている人はあまり見かけません。"自分たちのタイミング" でパートナーと一緒になるのがスタンダードで、いろいろな形のカップルがいて面白いです。

例えば、女性の仕事の都合に合わせて男性のほうが転勤を希望することだってありますし、結婚せずに子どもを作って家庭を築くカップルも多いです。

02.
レディー・ファーストな社会

たとえば電車を降りるとき、男性は見知らぬ女性にも当然のようにレディー・ファーストで道を譲ってくれます。彼らは幼い頃から「女性には優しく」という価値観を教わってきています。

女性のほうも男性に優しく扱ってもらうことで、自分が女性であることをより強く意識し、ますますエレガントになっていくのでしょうね。

私も、嫌なことがあった日に知らない男性からレディー・ファーストをされると、少し優しい気持ちになれます。

03.
「大人だけの時間」を
大切にしている

子どもがいない夫婦がふたりで食事やバーに行くことはよくありますが、フランスではたとえ子どもがいても、両親やベビー・シッターに預け、夫婦水入らずで出かけることがよくあります。そうやって恋人気分を取り戻し、ふたりだけの時間を大切にしながら愛し合うのもフランス流なのかもしれません。

子ども達も「パパとママがふたりだけの時間を過ごすことは普通」だと受け入れているようなので、自分の子どもが小さい頃から試してみるといいかもしれません。

04.
オン・オフの切り替えが
はっきりしている

39a56a1112e14f615e39a5d764d420831b8cbb42

会社に勤めの場合、週35時間労働のフランス。もちろん土日は休みですし、バカンスもちゃんと保証されています。こうした環境にいると、自然と家族と過ごす時間や趣味の時間が増えて心にゆとりができ、あまりストレスもたまりません。セルフケアがちゃんとできるのびのびとした生活も、フランス人女性の魅力に繋がっています。

日曜日には、スーパーも朝しか開いていないのがフランス。そこまでお店がやっていないと、むしろ日々の用事に追われることなく堂々とのんびりできる、というわけです。

05.
経験と知性が
重視される社会

若いときにはエネルギッシュで物怖じしない性格だった人も、歳を重ねるごとに経験と洗練された知性を身につけることで、今までとはまた違った魅力が引き出されていきます。

良くも悪くも、自己主張をして初めて周りに認めてもらえるフランス社会では、経験も知性も自分の魅力としてアピールできるのです。若い男性が年上の女性に魅力を感じるのにも頷けます。

フランスに来てから、以前に比べて歳をとることをポジティブに考えられるようになりました。こういう考え方がベースにあると、女性としては歳をとるたびに自分の成長が楽しみになってきますね。

フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
エレガントな装いに、なんだかイケてる髪型。一見飾っていそうでありながらも、どこかナチュラルさを感じさせるフランス人女性は、多くの日本人にとって憧れの存在の...
過去を振り返ると、若さは美しさであるという考えは強かったように思い。しかし現代は、美の基準がより多様化している。ボストン大学は、これを調査して発表。ピープ...
0歳から100歳まで、101人の女性たちが一糸纏わぬ姿で次々と登場する。彼女たちは、女優でもモデルでもない。全員が素人の女性たちだ。しかし、堂々としたスタ...
美しいという言葉の概念は、一人ひとり異なるもの。そこで動画メディアの「Cut」は世界中の人々に、ストレートにこう投げかけました。あなたにとって「美しい」と...
日本が世界に誇る料理、寿司。真っ白なシャリに新鮮な素材がのった姿は、海外から見ると「芸術」と評されることもあります。それが、実際にアート作品へと昇華しました。
たった一輪でも花のある空間に身を置くと、心が豊かになります。目に鮮やかで見て楽しいのはもちろんですが、花言葉やその歴史を知っていれば、また違った愉しみ方が...
いま、フランスの女性たちが自分の脇やスネ毛など、体毛を剃っていない写真をTwitterに次々と投稿し、ちょっとした社会現象となっています。体毛未処理はあり...
1年近く前のことだけど、真冬のタイムズスクエアを下着姿で歩いたことで話題となった女性の一人、モデルのkhrystyana。彼女は本当に美しいのは「自分らし...
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
昔、ウガンダの一部の地域では、女性が結婚前に妊娠することを恥だと捉えられていた。理由は妊娠経験がある女性を男性が花嫁に迎えることがほとんどなかったから。島...
米メディア「Elite Daily」のライター、Lauren Martinさんがまとめたのは「美しい女性とセクシーな女性の違い」について。その記事によれば...
しあわせやよろこびを他人と分かち合うことを、フランスでは「partagé(パルタージュ)」という言葉を用いて表現します。口にしてみると、口角がキュッと上が...
人間は、歳を重ねるごとに熟されていくもの。なので、たとえ今あなたが「女の子」だったとしても、いつか美しい「女性」へと開花していきます。なのでたとえ「Jus...
パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開さ...
カラフルなインスタレーションを世界中に展開しているフランス人アーティスト、マドモアゼル・モーリスの作品には、レースや刺繍のほか、さまざまな素材を混ぜ合わせ...
フランスを旅行中、イイ香りに誘われて「そうだ本場のバゲットを食べてみよう」と店内へ、なんてこともあるのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください。そ...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
2月14日に男性へプレゼント。それももちろんイイけれど、個人的にはむしろ女性へ“逆バレンタイン”してしまいたくなるチョコレートがこちら。フランス生まれの「...