またひとつ「大人の女性」になるために。習慣にしたい19のセルフケア

子どものころはワクワクしていた誕生日も、大人になるとちょっぴり複雑な気持ちになるもの。それならば、またひとつ大人になることをポジティブに受け止められるように、心も体もしっかりケアしてあげましょう。

その習慣にしたいセルフケア方法を「PureWow」のLidsay Championさんの記事から紹介しましょう。

01.自分のために花を買う

ごく普通の一日に、身の回りを飾るお花を。

02.大好きな映画を見る

ボウルいっぱいのポップコーンと、たくさんのワインを用意して、お気に入りの映画を。

03.たまには泣ける映画を見てみる

良い涙は健康にもいいもの。たまには大泣きして、心もクレンジング。

04.キャンドルを点けて、バスタブにつかる

良い香りの入浴剤を入れて、キャンドルを灯しながら入浴して、心も体もさっぱり。

05.のんびりシャワーでセルフケア

お風呂を沸かさなくても、ヘアパックをしたり、体の角質を落としたり、ムダ毛のお手入れをしたり。のんびりシャワーで心に安らぎを。

06.丁寧にゆっくりブラッシング

あえて時間をかけて、ブラッシング。そうすれば、気分はきっとラプンツェル。

07.達成したことをリストアップ

To Doリストの代わりに「達成できたことリスト」をつくってみては?きっと自分のことを最高!って思えるから。

08.自分で自分をマッサージ

疲れたときは、自分で体を揉んでみたり、顔をそっとマッサージ。

09.気乗りしない予定はキャンセル

親しくない友だちとの飲み会や、あんまり好きじゃない人との約束。キャンセルするのもセルフケアのうち。

10.ペットと一日過ごす

一日ずっと一緒にいるだけで、とっても癒されるはず。

11.SNSから距離を置く

タイムラインは友だちの子どもや、上司の食べた食事の写真ばっかり…。ちょっとくらいSNSから離れたって後悔することはないでしょう。

12.面白い動画を見る

SNSより面白いものも、たくさんあるから。

13.布団にくるまって読書

たまには食事もデリバリーで済ませて、好きなだけ読書に耽るのもよし。

14.子どもの頃の思い出のメニューを食べる

もしそれが体に悪そうなものでも、一食くらいバチはあたらない。

15.近所をじっくり散歩

時間をとって、近所をゆっくり散歩してみるのも癒しのひとつ。

16.脇道にそれてみる

ちょっと小道に入って、近所にある綺麗な自然に触れる時間を持つのもオススメ。

17.ハッピーな曲を聴く

聴くだけで気分が上がる曲を。

18.大人の塗り絵をやってみる

たまには没頭してみませんか?

19.家中を踊りまわってみる。

1日1回、家でハッピーな曲をかけながら陽気にダンス。初めはおかしいかもしれないけど、健康のためにやってみて。

Licensed material used with permission by PureWow
大手化粧品メーカーの「L’Oreal(ロレアル)」が、2019年のCESで発表した「My Skin Track pH」。ペタッと貼るだけで、15分以内に肌...
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
「HiMirror Mini」を使えば、自分の肌にあったスキンケアプロダクトを教えてくれるから、わざわざ専門家にカウンセリングをしてもらう必要がなくなります。
スニーカー好きにとって、絶対にこだわりたいのがスニーカーケア。おさらいの意味も込めて紹介したいのが「Sneaker LAB」のシューケア用品です。
かつて全国に400店舗を展開した「ドムドムハンバーガー」の、知られざるあんなこと、こんなこと。