またひとつ「大人の女性」になるために。習慣にしたい19のセルフケア

子どものころはワクワクしていた誕生日も、大人になるとちょっぴり複雑な気持ちになるもの。それならば、またひとつ大人になることをポジティブに受け止められるように、心も体もしっかりケアしてあげましょう。

その習慣にしたいセルフケア方法を「PureWow」のLidsay Championさんの記事から紹介しましょう。

01.自分のために花を買う

B630c61ef9dbf92a00e1d002059299a241b45115

ごく普通の一日に、身の回りを飾るお花を。

02.大好きな映画を見る

ボウルいっぱいのポップコーンと、たくさんのワインを用意して、お気に入りの映画を。

03.たまには泣ける映画を見てみる

良い涙は健康にもいいもの。たまには大泣きして、心もクレンジング。

04.キャンドルを点けて、バスタブにつかる

良い香りの入浴剤を入れて、キャンドルを灯しながら入浴して、心も体もさっぱり。

05.のんびりシャワーでセルフケア

Ff8ac8df86a0b9a2b5618685c06c8ee776a93794

お風呂を沸かさなくても、ヘアパックをしたり、体の角質を落としたり、ムダ毛のお手入れをしたり。のんびりシャワーで心に安らぎを。

06.丁寧にゆっくりブラッシング

あえて時間をかけて、ブラッシング。そうすれば、気分はきっとラプンツェル。

07.達成したことをリストアップ

To Doリストの代わりに「達成できたことリスト」をつくってみては?きっと自分のことを最高!って思えるから。

08.自分で自分をマッサージ

疲れたときは、自分で体を揉んでみたり、顔をそっとマッサージ。

09.気乗りしない予定はキャンセル

親しくない友だちとの飲み会や、あんまり好きじゃない人との約束。キャンセルするのもセルフケアのうち。

10.ペットと一日過ごす

46607c0753f01e4c09dab4be3eb49ce2f2c8f22a

一日ずっと一緒にいるだけで、とっても癒されるはず。

11.SNSから距離を置く

タイムラインは友だちの子どもや、上司の食べた食事の写真ばっかり…。ちょっとくらいSNSから離れたって後悔することはないでしょう。

12.面白い動画を見る

SNSより面白いものも、たくさんあるから。

13.布団にくるまって読書

たまには食事もデリバリーで済ませて、好きなだけ読書に耽るのもよし。

14.子どもの頃の思い出のメニューを食べる

もしそれが体に悪そうなものでも、一食くらいバチはあたらない。

15.近所をじっくり散歩

25d5a2f7ee3f3a6a9435582a8a9eb151fcf53d42

時間をとって、近所をゆっくり散歩してみるのも癒しのひとつ。

16.脇道にそれてみる

ちょっと小道に入って、近所にある綺麗な自然に触れる時間を持つのもオススメ。

17.ハッピーな曲を聴く

聴くだけで気分が上がる曲を。

18.大人の塗り絵をやってみる

たまには没頭してみませんか?

19.家中を踊りまわってみる。

6c40198e35b693a0552575e190fce362ce98941f

1日1回、家でハッピーな曲をかけながら陽気にダンス。初めはおかしいかもしれないけど、健康のためにやってみて。

Licensed material used with permission by PureWow
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
ビジネスを成功させるには、自分をプロデュースする能力だって必要。人との接し方、振る舞い方、ブログやSNSの見せ方など、毎日の生活でできるセルフプロデュース...
誰もが、「いい人生を送りたい」「幸せになりたい」と思っているのに、実現するのがこんなにも難しいのはなぜでしょう。自分の意思とは無関係にふりかかってくる恋愛...
「毎日歯磨きやケアをしているから、虫歯にはならない!」確かにそうかもしれません。でも、それが間違った方法だったら…?歯学博士である滝澤聡明さんの著書『顎が...
大人になるということは、美容も健康も精神状態も、自分のことは自分で責任をとるということ。心身ともに健康でいるためにも実践してみたいのが「上品な女性が実践し...
私はこれまで10代から90代まで、幅広い女性達の美容相談を受けてきましたが、美のお悩みは十人十色。もともと私もアトピーで肌に大きな悩みを抱えていて、美容の...
日本における乳がんの罹患率は、年々増加傾向にあります。この病にかかる可能性は、実に、16人に1人と言われているほど。もはや、決して他人事とはいえない疾患な...
パナソニックが開発した、その名も「レジロボ(R)」が設置されたのは「ローソン パナソニック前店」。同社のお膝元、大阪府守口市にあるこの店舗は、次世代型コン...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
スキンケア成分のみで作られているので、手にとってそのまま財布やベルトをケア。そのまま手になじませることで、ハンドクリーム的にも使えます。
「自分の肌に1番合う製品を使って、しっかりスキンケアしたい」女性なら誰でも思うことではないだろうか。忙しくても簡単に肌チェックができるデバイスが、Kick...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
1日のうちで最も余裕がない時間帯といえば?「朝」と答える人は多いはず。出勤がギリギリになる時間まで寝て、パタパタと身なりを整えて、朝ごはんは食べずに家を飛...
気品のある女性には、表面的な美しさだけでなく、内面からにじみ出るような「大人の魅力」がありますよね。そんな女性になるためには、どんな心がけや、努力の積み重...
いつまでも綺麗で滑らかなデコルテで勝負したいものです。保湿ケアやマッサージももちろんの事、実は、睡眠の体勢によって肌へのストレスが変わるもののようです。そ...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
憧れの「大人の女性」。年齢を重ねればいつか私も…なんて思っていたら大きな間違いです。いつまでたっても中身は「女の子」なんていう女性にならないために、読んで...
このCMは「国際女性デー」に際して、バングラデシュを拠点とする広告会社が制作したものです。美容院での一コマを切り取ったこの動画は、女性の権利について訴える...
やめたい、自立したいと思っていてもなかなか抜け出せないのが、「彼氏依存症」。遠距離で会えないから彼氏の気持ちが離れないか心配、とにかく別れが怖い、大好きす...
米メディア「Elite Daily」のライター、Lauren Martinさんがまとめたのは「美しい女性とセクシーな女性の違い」について。その記事によれば...