青春のすべてを「スイスの美しい自然」に捧げた18歳の青年

18歳といえば、恋人や友人と遊びに行くことに夢中な年頃のように思っていました。私自身がそうだったから。けれど、Fabio Zinggの青春時代の過ごし方は、少し他の若者とは違うのかもしれません。

彼は、2年半前にあることに気づいて以来、自分の生きるべき道を突き進んでいるのです。その気づいたことというのは、生まれ育ったスイスのとてつもない美しさ。

どうして…どうして、
こんなに綺麗なんだろう。

まだ15、16歳くらいだったFabioはある日、“自然の姿”を撮影しにカメラを持ってスイスの山奥へと出かけました。そこで出会ったのは、自然の中を生きる動物たち、季節によってさまざまな表情を見せる山々。眺めているうちに、あらためて故郷の美しさに気づいたのです。

その日から、週末になると必ず何時間もかけてハイキングに出かけるように。まだ遊びたい盛りだったFabioは、「友達と遊びたい気持ちはもちろんあったけど、それでも自然の中にいるときの“幸せ”にどうしても会いに行きたかった」と、語っています。

彼の話から私は、「まるで恋に落ちたみたい」と、思ってしまいました。

アルプスで家族の時間を

スイスの山々はとても美しい。そこで、夜を過ごすとき僕は幸福で満たされるんだ。

 

アルプスにいるときは、まるで自分の家にいるような心地良さすら感じてしまう。僕は、これからもスイスに住み続けたいと思っているよ。

 現在、Fabioは銀行員として働くために勉強中。ただ、将来はスイスの魅力を伝えるためにプロの写真家になりたいという熱い思いがあります。

すでにFabioはInstagramで将来のための準備をしており、20万人以上のファンも。ただ、自分の作品を見せるだけではなく、積極的な意見をくれるSNSで繋がった人々に感謝し、さらに腕を磨いています。

この雄大な自然とともに、暮らしていくために彼は18歳にして写真家として生きるためにはどうしたらいいのかを追求する日々を過ごしています。まだ、この先も出会っていないスイスの“未知の美しさ”を求め続けるのでしょう。

それでは、一人の青年を虜にした“彼の目”から見た景色を。

Licensed material used with permission by Fabio Zingg
スイスのホテルチェーン「Ibis Hotels」が、旅行を思う存分に楽しめるようにということで、インスタ代行サービス(Instagram Sitter)を...
インダストリアルデザインを学んでいるDimitri Nassisiさん。卒業制作を控えていた時に、街の消火栓をリメイクして水飲み場にできたら面白そうと思い...
少し前の話ですが、スイス西部のジュネーブの湖畔に舟を浮かべる少女のランドアートが出現しました。それは、難民に関するメッセージを伝えるためでした。
スイスと言えば大自然。アルプス山脈を電車で駆け抜けたりするイメージだけど、その自然の中にポツンと建てられた劇場がある。季節ごとにテーマを分けたパフォーマン...
フレンチ出身のシェフが手がける牛串が絶品恵比寿にオープンした立ち呑みスタイルのバルBUTCHER YAMAMOTO & Daughters〒150-002...
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
スイスでは2018年3月から、動物保護関連の規定が強化され、甲殻類を調理するとき、痛みを感じないよう失神させることなどが定められる。これに世界では賛否両論...
〈VICTORINOX(ヴィクトリノックス)〉の「スイスカード」。ポケットにもスリムに収納できます。26gと超軽量で中身もハサミ、ボールペン、爪楊枝までと...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
5月11日(土)、12日(日)の2日間、静岡県の富士山こどもの国にて、これまでテレビを通して、音楽、映画、スポーツの感動を伝えてきたWOWOWによる初のキ...
FCバーゼルのホームスタジアム「ザンクト・ヤコブ・パルク」は、世界中のスタジアムのなかでも異色の存在です。
スイスのマッターホルンに世界一長い吊り橋が架けられた。全長494m、高さは85m。まさに天空に架ける橋だ。橋を渡る人の姿は、空中散歩をしているよう。高所恐...
フロリダ州南部に直撃したハリケーン「イルマ」。日本のテレビでもその脅威が報道されていたので、覚えている人もいるかもしれません。そんな危険も伴う状況下でフロ...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
スイスのある地方テレビ局が、取材先での撮影をテレビカメラからすべてiPhone6に切り替えるという。「Cult of Mac」に掲載されたライターDavi...
2018年8月31日より国内90本限定で発売されていた「TID Canvas 002(ティッド キャンバス 002)」の紹介です。
弱冠19歳のフォトグラファーLean Lui。香港生まれの彼女が若い女性を被写体に表現する世界は、日本のあることわざに大きな影響を受けているのだという。
ここは、スイス第3の都市バーゼル。毎年、世界最大の現代アートフェアが開催されるなど、同国の中でも知名度の高い街と言っていいでしょう。実は最近、その街中にピ...
アーティストのLois Greenfieldは、人のもつ美しさを追求するために実験的なダンス写真を撮影しています。彼女は、踊ることにより人間は魅力を発揮で...
まるで吸い込まれそうなほど美しい、オーロラ。でもじつはこれ「Borealis(ボレアリス)」と呼ばれる、人工で作られたものなんです。本物のオーロラは、アラ...
夏はトレッキング、冬はスキーなど、カップルや家族連れに人気のスイス東部グラウビュンデン州ブラウンヴァルト。写真は、グラルナー・アルプスが目と鼻の先にある標...
雨の日に役立つ、ヨーロッパで大人気の便利アイテムが、ついに日本に上陸しました!その名も「dryve(ドライブ)」。スイス生まれの自転車専用雨よけシールドで...
今冬限定で、チーズフォンデュを機内食のメニューに追加している「スイス インターナショナル エアラインズ」。オーダーできるのは、ジュネーヴからの限られた路線のみ。