青春のすべてを「スイスの美しい自然」に捧げた18歳の青年

18歳といえば、恋人や友人と遊びに行くことに夢中な年頃のように思っていました。私自身がそうだったから。けれど、Fabio Zinggの青春時代の過ごし方は、少し他の若者とは違うのかもしれません。

彼は、2年半前にあることに気づいて以来、自分の生きるべき道を突き進んでいるのです。その気づいたことというのは、生まれ育ったスイスのとてつもない美しさ。

どうして…どうして、
こんなに綺麗なんだろう。

まだ15、16歳くらいだったFabioはある日、“自然の姿”を撮影しにカメラを持ってスイスの山奥へと出かけました。そこで出会ったのは、自然の中を生きる動物たち、季節によってさまざまな表情を見せる山々。眺めているうちに、あらためて故郷の美しさに気づいたのです。

その日から、週末になると必ず何時間もかけてハイキングに出かけるように。まだ遊びたい盛りだったFabioは、「友達と遊びたい気持ちはもちろんあったけど、それでも自然の中にいるときの“幸せ”にどうしても会いに行きたかった」と、語っています。

彼の話から私は、「まるで恋に落ちたみたい」と、思ってしまいました。

アルプスで家族の時間を

スイスの山々はとても美しい。そこで、夜を過ごすとき僕は幸福で満たされるんだ。

 

アルプスにいるときは、まるで自分の家にいるような心地良さすら感じてしまう。僕は、これからもスイスに住み続けたいと思っているよ。

 現在、Fabioは銀行員として働くために勉強中。ただ、将来はスイスの魅力を伝えるためにプロの写真家になりたいという熱い思いがあります。

すでにFabioはInstagramで将来のための準備をしており、20万人以上のファンも。ただ、自分の作品を見せるだけではなく、積極的な意見をくれるSNSで繋がった人々に感謝し、さらに腕を磨いています。

この雄大な自然とともに、暮らしていくために彼は18歳にして写真家として生きるためにはどうしたらいいのかを追求する日々を過ごしています。まだ、この先も出会っていないスイスの“未知の美しさ”を求め続けるのでしょう。

それでは、一人の青年を虜にした“彼の目”から見た景色を。

Licensed material used with permission by Fabio Zingg

関連する記事

ファーストクラスのアメニティを集めました。第四回はスイス インターナショナル エアラインズです。
スイスのホテルチェーン「Ibis Hotels」が、旅行を思う存分に楽しめるようにということで、インスタ代行サービス(Instagram Sitter)を...
スイスの最重要バンドである「YOKKO(ヨッコ)」のジャパンツアーが開催!
スイスの2月9日の国民投票で、性的指向を理由とする差別を刑罰の対象とする法案が可決された。
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
インダストリアルデザインを学んでいるDimitri Nassisiさん。卒業制作を控えていた時に、街の消火栓をリメイクして水飲み場にできたら面白そうと思い...
7月18日から8月11日まで、スイス西部のブベーで開催されるワイン生産者の祭り「Fête des Vignerons(フェット・デ・ヴィニュロン)」。この...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「ジョニーウォーカー」の最高峰ブルーラベルから、200周年の数量限定ボトル「ジョニーウォーカー ブルーラベル レジェンダリー エイト」が発売された。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...