青春のすべてを「スイスの美しい自然」に捧げた18歳の青年

18歳といえば、恋人や友人と遊びに行くことに夢中な年頃のように思っていました。私自身がそうだったから。けれど、Fabio Zinggの青春時代の過ごし方は、少し他の若者とは違うのかもしれません。

彼は、2年半前にあることに気づいて以来、自分の生きるべき道を突き進んでいるのです。その気づいたことというのは、生まれ育ったスイスのとてつもない美しさ。

どうして…どうして、
こんなに綺麗なんだろう。

50cb23fa828391b1cedab672a80d1fb4dd56a949

まだ15、16歳くらいだったFabioはある日、“自然の姿”を撮影しにカメラを持ってスイスの山奥へと出かけました。そこで出会ったのは、自然の中を生きる動物たち、季節によってさまざまな表情を見せる山々。眺めているうちに、あらためて故郷の美しさに気づいたのです。

その日から、週末になると必ず何時間もかけてハイキングに出かけるように。まだ遊びたい盛りだったFabioは、「友達と遊びたい気持ちはもちろんあったけど、それでも自然の中にいるときの“幸せ”にどうしても会いに行きたかった」と、語っています。

彼の話から私は、「まるで恋に落ちたみたい」と、思ってしまいました。

アルプスで家族の時間を

7e023bc3bb0b31880ef927f9d3a2439b43bc9777Aff1d551e3dd34acb860d899903de5361a2a653e25a780d4c2138d0c70dc4a90da6b27f41e8068aa

スイスの山々はとても美しい。そこで、夜を過ごすとき僕は幸福で満たされるんだ。

 

アルプスにいるときは、まるで自分の家にいるような心地良さすら感じてしまう。僕は、これからもスイスに住み続けたいと思っているよ。

 現在、Fabioは銀行員として働くために勉強中。ただ、将来はスイスの魅力を伝えるためにプロの写真家になりたいという熱い思いがあります。

Db5898ce4a681bc9e8786c6dbef5e88667d5cd18

すでにFabioはInstagramで将来のための準備をしており、20万人以上のファンも。ただ、自分の作品を見せるだけではなく、積極的な意見をくれるSNSで繋がった人々に感謝し、さらに腕を磨いています。

この雄大な自然とともに、暮らしていくために彼は18歳にして写真家として生きるためにはどうしたらいいのかを追求する日々を過ごしています。まだ、この先も出会っていないスイスの“未知の美しさ”を求め続けるのでしょう。

それでは、一人の青年を虜にした“彼の目”から見た景色を。

A3384f067752bcbdc1a1a5e1f51076441d51b992C1e356787f4680e90acaf5ace51fcc240981d9d345f25c9826ba846ac476dd186c4b4956152ce8964726b12a800dc4747a2b46107ac35b9a87cccd3d5f91b87d9d94d5c2e0c3974d35e8907432a0e9f785239fedcefffffaca846268c61d76e2084c0134C8f506a7bf5df7c4321eefeb64518d53e56bf6ec
Licensed material used with permission by Fabio Zingg
アーティストのLois Greenfieldは、人のもつ美しさを追求するために実験的なダンス写真を撮影しています。彼女は、踊ることにより人間は魅力を発揮で...
8歳の少女が世界を見つめる姿を撮り続けるのはフォトグラファーである父。しかし写真は娘のためではなく、自分のためだそう。彼の不安や憂鬱は、清廉で特別にも見え...
ブリュッセル出身のフォトグラファーBénédicteVanderreydtが撮影するのは、国が異なる少女たちの青春。「I AM 14」シリーズは、ゴンゴ共...
ブダペストのフォトグラファー「Márk Mervai」氏は、写真について「Boredpanda」でこうコメントしています。「わたしにとって最も美しいひとと...
「オーロラを見るたびに、魔法のチカラを感じるんだ」。その美しさに魂を奪われたJuusoHDは、“オーロラの姿”を追い求め多くの幻想的な写真を生み出している...
フロリダ州南部に直撃したハリケーン「イルマ」。日本のテレビでもその脅威が報道されていたので、覚えている人もいるかもしれません。そんな危険も伴う状況下でフロ...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
まずは、作品を見てみましょう。とても16歳の少女の作品とは思えない油絵ではないでしょうか。しかも、描いたディミトラ・ミランが本格的に絵の道を志したのは、わ...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.39
シンガポール生まれ、シンガポール育ち、悪そうなシンガポールのスポットはだいたい撮影に行ってるんじゃないかなっていうフォトグラファー、Yik Keat。彼の...
「どこでも走り回れるし、いつでも新しい冒険ができて大好きだった」小さい頃からの牧場生活をそう振り返るのは、学校へは行かずにホームスクーリングで育ってきたと...
よみがえってくるのは。
スイスと言えば大自然。アルプス山脈を電車で駆け抜けたりするイメージだけど、その自然の中にポツンと建てられた劇場がある。季節ごとにテーマを分けたパフォーマン...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
Jannik Obenhoffくんがカメラを始めたのは13歳の時。それから彼の趣味世界はどんどん広がっていきました。ドイツを旅して写真を撮影するようになっ...
亜熱帯に属する西表島は、自然が猛威を振るい続けたがために、結果として美しい自然を現代に残している。島を巡るための道路は半周しかなく、自然がありのままの姿で...
今回、紹介するのは、ナショジオ主催の「ナショナルジオグラフィック・ネイチャー・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」からの2017年度の入賞作。今年のグラン...
現在20歳のConor Nickersonは、少年時代の自分と青年になった自分が一緒にうつる合成写真を作り出した。はじめは、ただの個人的な挑戦だったのらし...