人間はまだ、自分たちの「美しさ」に気づいていないのかもしれない。

青空を自由に飛ぶ鳥、透き通る水の中を泳ぐ魚、雄大な自然の中を駆け回る動物たち。自然界に生きる「野生」の姿に惹きつけられてしまうときがあります。だけど、私たちはまだ“人間の美しさ”を、すべては知らないのかもしれません。

今回は、人々の“秘める美”をとらえようとするアーティストを見つけたので紹介します。

踊ることで、
「一瞬だけの美」を見せる

9f38dfac42f1ad1b7e322fbc98b7376103a51d39

アーティストのLois Greenfieldは、人のもつ謎めいた美しさを追求するために実験的なダンス写真を撮影しています。彼女は、踊ることにより人間は魅力を発揮できると考えていますが、どうしてもすべての「動き」を目で追うことはできません。だからこそ、“一瞬の美”をとらえようとしているのです。

6bd2f603c87779e4bd8ad2d82b9f3c15da72215d

動きだけではなく、ダンスは感情表現の一つであるとも考えているLois。感情があふれだし、人がもっとも輝く瞬間を研究し続けているのです。

彼女のとらえた人々の姿は、美しさだけではなく神々しさすら感じてしまいます。

14c5704e580fc8777c0601276439c288ff5cc553D0968d5407b2153602cab28c97f2f3faa8b64c73210af0ce048095dd222d504f995f5d8c2c7aaa7dCa265841df722880a2882f7a06adb55ae72104c685936a67c1253d61cfa038fca4f5e46294d3c51b1b4c6f4665b40586ebe3288ab183b9c027eb8006Fb25e220ddaed47976ebe21043b3748c94e687a594519891ed8b7ab3256aa53afc9c05d5b18fa3100c17eba200002c0666f69bb056e3080b3b0ad63c25897c43a154b8553c8d99fe5620b3e515782ed3
Licensed material used with permission by Lois Greenfield Studio
Instagramでフォロワー数が20万人以上になる18歳の青年の絶景写真。彼が故郷であるスイスの自然の虜になったのは、今から2年半前のこと。まだ遊びたい...
世界中のダンサーを紹介するKen BrowarとDeborah Oryの「NYC Dance Project」による作品。彼らにこの写真の魅力を聞いてみた...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
通勤ラッシュの電車に乗って、会社についたらPCとにらめっこ。「あ〜〜今日も疲れた」と、思いながらまた帰宅ラッシュの電車へ。私のような、お疲れ気味の社会人の...
「オーロラを見るたびに、魔法のチカラを感じるんだ」。その美しさに魂を奪われたJuusoHDは、“オーロラの姿”を追い求め多くの幻想的な写真を生み出している...
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
満員電車に揺られ過ごす毎日。いまの生活に不満や不安を持っている人は、決して少なくないはず。果たしてこれは、自分の望んだ人生なのか。幸せな人生なのか。そんな...
ブダペストのフォトグラファー「Márk Mervai」氏は、写真について「Boredpanda」でこうコメントしています。「わたしにとって最も美しいひとと...
「The Atlas of Beauty」プロジェクトは、ルーマニアの女性フォトグラファーMihaela Norocの作品。文化や人種、環境の「違い」とい...
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
むかし図鑑で見た結晶のカタチや、化学反応の不思議な色あい。彼女の造形や色彩をみたとき、真っ先に思い出したのはそれです。ドイツのガラス工芸家Heike Br...
めまぐるしく働く中で、「自分自身でないもののフリ」をし続けていることに気づいたという、東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。男性のフリをやめ、「...
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
美しさをどう捉えるのかは、人それぞれ。でも、目が見えない人たちにとっての「美」って、どんなものなのでしょうか。ここでは彼らの語る想いを紹介します。
フランス人風景写真家のBeboyさんは、世界各地をすでに3年以上かけて旅をしている。目的は、世界で一番美しい景色をフレームに収めるため。それを演出する最良...
美しいという言葉の概念は、一人ひとり異なるもの。そこで動画メディアの「Cut」は世界中の人々に、ストレートにこう投げかけました。あなたにとって「美しい」と...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
髪のカールに黒い肌。黒人であるからこその持って生まれた個性や文化がある。それなのに、勝手な“美の基準”により、まだまだ差別視されているのも確かなこと。そこ...