一流のコマーシャルフォトグラファーが挑んだ「美しすぎる」昆虫写真って?

もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。

でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見極め、1枚の写真に対して約8,000カットを費やし、10ミクロン(髪の毛の1/7)レベルの調整をしながら、2週間かけて仕上げた」とか聞いちゃったら、さすがに一度は見てみたいと思いませんか?

小さな昆虫が
巨大なプリントに!

撮影したのは、アスリートのコマーシャルフォトなどを手がけるLevon Biss氏。そもそもは息子が捕まえてきた昆虫でやっていたという撮影も、今ではオックスフォード大学自然史博物館とのコラボにより、壮大なプロジェクトになっているそう。

ちなみに上の写真は「Orchid Cuckoo Bee(ミツバチ科)」。

現在、オックスフォード大学自然史博物館には、3m以上の巨大なシートにプリントした作品が、実際の標本と並んで展示されているとか(2016年10月31日まで)。

「どこまでズームしても大丈夫」というほどのクオリティで、触覚や産毛のような細かな毛並み、そして鮮やかな色合いまで表現されている。徹底的にこだわり抜かれた実際の撮影シーンの様子は、ぜひ動画で!

22種類を撮影

ここでは、そのうちの一部をご紹介しましょう。

Splendid-necked Dung Beetle(コガネムシ科)

Tiger Beetle(オサムシ科)

Flying Saucer Trench Beetle(ゴミムシダマシ科)

Tortoise Beetle(ハムシ科)

Branch-backed Treehopper(ツノゼミ科)

Ground Beetle(オサムシ科)

鮮やかに再現された光沢感もさることながら、気の遠くなるような粘りで仕上げられた1枚1枚の写真。この「Microsculputure」をまとめたWEBサイトでは、どこまでもズームしていくようなクオリティでその写真を味わうことができます。

奥深き「昆虫写真」の世界、とことんまで覗きこんでみては?

Licensed material used with permission by Levon Biss
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
これは竹細工。竹から生まれた昆虫たちに、私は惚れてしまった。細やかで美しく、力強い。まるで生きているみたいだから。
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
蛾や蜜蜂、クワガタまで、JasmineさんのInstagramには、虫を使ったメイクがたくさん。グリッターやスタッズ、アイシャドウもうまく駆使していてとて...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
国連食糧農業機関(FAO)が、増え続ける人口による食糧危機を乗り越えるために注目している「昆虫食」。それが楽しめる自動販売機が熊本に設置されました。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
光の線やドットをヌードモデルのカラダに投影し、それを作品として動画や写真に撮るフランス人フォトグラファー、Dani Olivierさん。彼が手掛ける作品は...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...