一流のコマーシャルフォトグラファーが挑んだ「美しすぎる」昆虫写真って?

もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。

でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見極め、1枚の写真に対して約8,000カットを費やし、10ミクロン(髪の毛の1/7)レベルの調整をしながら、2週間かけて仕上げた」とか聞いちゃったら、さすがに一度は見てみたいと思いませんか?

小さな昆虫が
巨大なプリントに!

A6d801e1a7bcdfa235a9a493b46a7a143847d477

撮影したのは、アスリートのコマーシャルフォトなどを手がけるLevon Biss氏。そもそもは息子が捕まえてきた昆虫でやっていたという撮影も、今ではオックスフォード大学自然史博物館とのコラボにより、壮大なプロジェクトになっているそう。

ちなみに上の写真は「Orchid Cuckoo Bee(ミツバチ科)」。

95aab80f59810bbcea47e3691f1e159ef7ee884d

現在、オックスフォード大学自然史博物館には、3m以上の巨大なシートにプリントした作品が、実際の標本と並んで展示されているとか(2016年10月31日まで)。

「どこまでズームしても大丈夫」というほどのクオリティで、触覚や産毛のような細かな毛並み、そして鮮やかな色合いまで表現されている。徹底的にこだわり抜かれた実際の撮影シーンの様子は、ぜひ動画で!

22種類を撮影

ここでは、そのうちの一部をご紹介しましょう。

5366ff8e9c62ea9045852595aa6856005e4e4fa1

Splendid-necked Dung Beetle(コガネムシ科)

589a7c6b0f7f1f682b327f625cabe4511272ec11

Tiger Beetle(オサムシ科)

D2e13ca538032e4273a7fbf41fd66b325b1de3f5

Flying Saucer Trench Beetle(ゴミムシダマシ科)

3a79cc74bcf4431dfb5d8795a3a45040e504541c

Tortoise Beetle(ハムシ科)

F974f28062de955a287a0b7d7a082480b56e8553

Branch-backed Treehopper(ツノゼミ科)

88fdfc6f8b5d4c5fdc64fad518c56df1c7849e8c

Ground Beetle(オサムシ科)

鮮やかに再現された光沢感もさることながら、気の遠くなるような粘りで仕上げられた1枚1枚の写真。この「Microsculputure」をまとめたホームページでは、どこまでもズームしていくようなクオリティでその写真を味わうことができます。

奥深き「昆虫写真」の世界、とことんまで覗きこんでみては?

Licensed material used with permission by Levon Biss
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
これは竹細工。竹から生まれた昆虫たちに、私は惚れてしまった。細やかで美しく、力強い。まるで生きているみたいだから。
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
ブダペストのフォトグラファー「Márk Mervai」氏は、写真について「Boredpanda」でこうコメントしています。「わたしにとって最も美しいひとと...
オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)
「世の中には、マジメすぎる写真が多いんじゃないかと思うんだ。僕の写真は作品っていうより、遊びって感じだね」これは、ロンドンやシドニー、ニュージーランドなど...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
宮﨑駿監督のアニメーション作品が大好きだという外国人フォトグラファー。彼がつくりあげる世界観は、私たちの世界をまるで別世界に変えている──。
夏らしい青空もないし、透き通った美しい海もない、なのにカラッとした心地いい日本の夏の「暑さ」を感じる写真たちです。撮影したのは東京在住のブラジル人フォトグ...
フォトグラファーのJenna Martinと、モデルのRachelle Kathleenによる写真に「プロ意識」を感じました。だって、二人が撮影現場にした...
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
イタリア人フォトグラファーのRoberto Berteroさんは、自らの足でアルプス山脈を登り続け、絶景写真を撮りつづけている。その高さ、約3,000〜4...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
ホラー映画や心霊現象映像など、とにかく苦手な私。ありきたりな答えだけど、「怖い」のだ。ただ、フォトグラファーのFrank Machalowskiによる心霊...
Nancy Borowickさんの両親は同時にガンを患った。すでに離れた臓器にも転移が進行しているステージ4の状態。写真家であった彼女は二人が亡くなるまで...
答えは、都会のカラスの巣。新進気鋭のネイチャーフォトグラファーである柏倉陽介氏が撮影したものだ。
Luca Tomboliniさんは大判カメラを使用して、世界各国、人類誕生の原風景を撮影するミラノ出身のフォトグラファーです。生命の息吹も人々の活動も消え...