日本にいたら決して出会えない、アジアの「美女」。

もう10年ほど前のことだけれど、髪の毛をかなり明るく染めていた時期があった。「オシャレになりたい。もっと可愛くなりたい」そんな気持ちからだった。

でもその考えは、海外留学を通してガラッと変わることに。私が生活していたオーストラリアでは、世界中から来た様々なバックグラウンドをもつ人々が暮らしていた。当時は、広告に出てくれるような生まれつき金髪や茶髪の人を見ると、「染めないでその髪色はイイな」と思っていた。けれど、彼女たちのなかには落ち着いた色の髪の毛に憧れて、黒髪に染めていた人も。

結局、ない物ねだりなのだ。

それに気づいてからは、自然とありのままの自分を大事にしようと感じるようになった。黒色やこげ茶色のツヤ髪や瞳は、どれもアジア人女性が持つアイデンティティーなのだから。

TABI LABOで以前も紹介したフォトグラファーのNoroc Mihaelaさんは、年齢や人種を問わず、世界中の女性のポートレート写真を撮り続けている。今回は、「アジアンビューティー」をテーマにご紹介。

チベット自治区

656af5e57c89ac9759e6ef7d9c9cf30750e2f4f7

ネパール・カトマンズ

861086c1dcc322a8cc917acfc70f268ac7dbfb56

モンゴル・ウランバートル

1583abde46f1a0297f559dbbb00b6251682a1af9

インド・プシュカル

5ad9d99e1c204002d691b473b8c2ecc20fbe1473

インド・ジョードプル

B37c64a0d5ab6e3003bea4b46c028f27bcc8d01a

ネパール・ポカラ

E8d525bcedaa17c317b2ae8e3b63130a91792b1c

Mihaelaさんが数年間旅をしながら続けた「The Atlas of Beauty」というプロジェクトは、9月、写真集として出版された。500人ものポートレート写真を含んでいるということで、もっと作品を見たいという人は下記のリンクからどうぞ。

804bd96cd2616a5a1d06d830b358646046b72d37
Licensed material used with permission by Noroc Mihaela(Facebook), (Amazon)
上海、シンガポール、マカオ…。今日もアジアのどこかでシャッターを切っているのは、フォトグラファーのHarimo Lee。独自のアングルで切りとられた写真は...
日本人フォトグラファー・MAR SHIRASUNAの作品『Beauty and NYC』。ニューヨークの高層ビルで、屋上のふちに佇む美女を撮ったもの。NY...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
今から見る写真は、バルセロナを拠点とする女性フォトグラファーのPaola Zanni氏が、日本を訪れたときに撮ったもの。テーマは『Japanese Lon...
美しい女性と一緒に旅をする。男性なら、誰でも一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。ここで紹介するのは美男美女カップルが撮影した、ある旅の動画。彼氏の...
アメリカの女性向け雑誌「O, The Oprah Magazine」。この5月号では、フォトグラファーのChris Buck氏による、3枚の写真が掲載され...
いろんなストーリーが浮かんできます。
「美人は得をする」とは、世界共通の“暗黙の了解”。現実には「不平等だ!」と思うことも決して少なくありませんよね。このたび、ある研究において、「学業」におけ...
この「Arranged」という名のゲーム。いわば、すごろくです。遊びながら南アジアの女性問題、結婚問題を実感させるボードゲーム。いったい、どんなものなので...
Instagramアカウント「@hotisraeliarmygirls」では、イスラエルの女性兵士たちの日常を公開している。兵役中でもおしゃれをしたり、ビ...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
夏らしい青空もないし、透き通った美しい海もない、なのにカラッとした心地いい日本の夏の「暑さ」を感じる写真たちです。撮影したのは東京在住のブラジル人フォトグ...
ひと昔前までは、「男性も育児を!」などと言われていたけれど、今では日常の一部として目にするようになりました。それは、他国でもおんなじこと。今日は父の日。ア...
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
女性という、生き物について。
みなさんは「いい女」と言われると、どのようなイメージが浮かびますか?中には、「いい女=美人」だと思った方もいるかもしれません。しかし、必ずしも「美人=いい...
海外旅行に行った先で「日本人?韓国人?中国人?」とたずねられたこと、一度はあるのではないでしょうか。「だから何?」という気持ちでモヤッとするし、中には不愉...
フランス人フォトグラファー、Kares Le Royが16ヶ月もの間、中央アジアの遊牧民に密着して撮影した数々の写真。彼はバンに乗り、一緒にロードトリップ...
ニュージーランド出身のデイモン・ベイさん。教師で写真家、芸術家でもある彼は「日本には身近すぎて気づけない美しさがある」と、写真を通してその魅力を伝えていま...