イギリスの写真家が出会った、世界の「少数民族」

「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。

イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト『BEFORE THEY PASS AWAY』を開始。世界の少数民族の姿を写したハイクオリティな写真は、世界中の人々に今まで知り得なかった新しい世界を見せてくれる。彼らと寝食を共にしながら、撮影されたのが、ここに紹介する写真だ。

01.
ヒンバ族
(ナミビア)

himba-4

himba-14

Mountain-tribe

NELS120787-TRIBES-HIMBA-002-meer-goud    NELS120787-TRIBES-HIMBA-001

02.
マサイ族
(アフリカ)

MASAI-13

MASAI-7

MASAI-3  MASAI-12

03.
ゴロカ族
(パプアニューギニア)

NELS120801-TRIBES-PAPUA-NEW-GUINEA-018

PAP_8252new

PAP_8530-SOUVBOOK-kl

PNG-1

PNG-13_web

PNG-16   PNG-43_web

04.
マオリ族
(ニュージーランド)

maori-2- (1)

maori-15

maori-16

NELS120792-TRIBES-MAORI-001

NELS120792-TRIBES-MAORI-014

05.
サンブル族
(ケニア)

samburu-2b

samburu-5  samburu-15

06.
カラム族
(パプアニューギニア)

PNG-40

PNG-41 PNG-47

07.
マスタング族
(チベット)

must-20

must-9  must-21

must-27

 08.
ラバリ族
(インド)

rabari-19-new

rabari-2

rabari-4-b  Rabari-7_web  rabari-12-new   85singo_Screen Shot 2015-01-23 at 15.59.37

彼にとって、写真は最も信頼できるコミュニケーションツールでもあった。近年まで他民族の入国が許されなかった地域などを含め、計31の民族写真が確認できる。未だ知られざる少数民族の生活の姿は美しい。

Licensed material used with permission by © Jimmy Nelson Pictures B.V Twitter),(Instagram

エチオピア・ナミビア・ケニア・インド・中国の部族を探し求めて旅をする写真家のTerri Gold。彼女は、現代に残った「ごくわずかな伝統」を目にしてきた。...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
世の中を知れば知るほど、心が震えるような出来事に遭遇するのではないでしょうか。84の国を歩いたフォトグラファーのAlexander Khimushinは、...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
世界各国の空港の中でもテンション上がるのがここ! KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。まず向かうべきは『Heineken bar(...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
宮﨑駿監督のアニメーション作品が大好きだという外国人フォトグラファー。彼がつくりあげる世界観は、私たちの世界をまるで別世界に変えている──。
愛知県犬山市(いぬやまし)は、日本最古の城「犬山城」がそびえ立ち、雰囲気のいい城下町が今も元気だ。そこに、かつてはタカラヤという名の家具屋さんだった、5階...
「家」のもつ意味を探求するために、アーティストのSejkko Eriはカメラで撮り続ける。ほとんどがポルトガルの家だけど、時にはマドリード島で撮影すること...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
『白雪姫』や『人魚姫』などおとぎ話というのは、いつだって私たちに夢を見させてくれます。フォトグラファーのAnna Isabella Christensen...
疲れがピークになった週末こそ、こういう写真に心癒される──。
コーヒーメーカーで作った料理を紹介するYouTubeチャンネル。タコスやピザ、スイーツまで。見るとだんだん中毒になっていく……!
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
被写体、衣装、背景、小道具のすべてがシンクロ。風変りでありながら、どこかモダンさを感じさせる家族写真である。ポーランド出身のNatalia Wiernik...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
プロ・アマチュア関係なく、世界中から応募が集まる「INSIGHT ASTRONOMY PHOTOGRAPHER OF THE YEAR」は、世界最大級の天...
「世の中には、マジメすぎる写真が多いんじゃないかと思うんだ。僕の写真は作品っていうより、遊びって感じだね」これは、ロンドンやシドニー、ニュージーランドなど...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...