「誇り高き民族」が、84ヶ国を歩いた写真家を虜にした。

世の中を知れば知るほど、心が震えるような出来事に遭遇するのではないでしょうか。84の国を歩いたフォトグラファーのAlexander Khimushinは、多くの感動と出会ってきました。

その中でも、彼を特に魅入らせるのは、世界中に散らばっている少数民族との出会い。人生に大きな影響を与えるほどの衝撃だったんです。

カラフルな文化と個性

276a4837c110de0cf2edc329afb546db252d7c60

Alexanderが3年前から始めたのは、人々の顔を撮影する『The World In Faces』というプロジェクト。今回は、ロシアにいくつか存在する民族の写真を紹介します。

シベリアの遠隔地には約40の異なる先住民がいるのですが、どの村も50,000人に満たない人口。しかも、その多くは数十人しか残っていないという。何百年と生き続いてきた誇り高き文化だけど、戦争や財政難などの理由で消失の危機を迎えています。もしかしたら、10年後に滅びてしまうかもしれないし、早ければ2年後かもしれません。

すでに失くなってしまった民族もいます。完全に消えてしまう前に、色とりどりの個性をもつ、伝統や魂を人々に伝えたいという気持ちから“世界中に隠れた顔”を撮り続けるのです。

Afcb82a582793ee87bee2f3194932672a831af62Bb590f3800be9024fff414b053137a35a060460007d149af0486608d826b23f5d4aa19611a0796a9D1a17ff61a839654d28fa9d1bb4ffa20f06b0b91B8e82278b51955a29e0671a55e4f69548092f94391ecc5ff7394b07e24f7a0a9ab0467f1da099167Dc4303ce3d8a995747ae431f98ab11bfb19352bd5e04aaa6f64798af18b183c0ea26538bb4136f24Ea3607798983091b1879a748a4698ff4c4162fdbFbfc7f874aed11b3e80a7c707fcda403610e341e6fb619dd4fd99360ea2b92f8b960bd19b7ab74429f530d1b4520d720f5c05b6093edc87b305bca22

誰ひとりとして、
同じ人間はいなかった。

6ae93c298916ea7f28b8f3221e3f40bc7efec73c

プロジェクトを進めるうちに、世の中に同じ人間がいないことを改めて確信。当たり前のように思える言葉だけど、実際に多くの人々と出会って話したAlexanderが言うと重みが違います。

「一人ひとりと交流を深めて、お互いを理解してから撮影する」。プロセスを重視したカメラマンの彼だからこそ、自分のフレームに収まった人々の個性が心にも焼き付いているのです。

Licensed material used with permission by Alexander Khimushin, (Instagram), (Facebook)
エチオピア・ナミビア・ケニア・インド・中国の部族を探し求めて旅をする写真家のTerri Gold。彼女は、現代に残った「ごくわずかな伝統」を目にしてきた。...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
フォトグラファーのOmar Redaは、中央アジアに位置するキルギス族の笑顔と輝く瞳に魅了されました。世界中の人々の顔を撮影しながら旅をしていましたが、秘...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
独断と偏見でピックアップしました。
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...
あなたは、旅先で「日本の楽器を教えて」や「日本の曲を歌って」と言われたことはありませんか?さらに違う文化にいても、歌っていれば楽しい時間を共有できる。やっ...
時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真...
世界各国のミレニアル世代の部屋を、のぞき見るようにとらえたJohn Thackwrayの写真。同じ世代であっても、当たり前のことだけど国も文化も違う。でも...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
世界中に隠れた美しさを求めScarlett Hooft Graaflandは、旅をしながら絶景を撮影し続けている。彼女の写真は一切加工はしていないのだけど...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
ある写真がネットを通じて世界中に拡散された。以前は「自分に自信がなくて、心から愛せる人と出会えるとは思えなかった」というStephanieさん。そんな彼女...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
疲れがピークになった週末こそ、こういう写真に心癒される──。
ガイドブックをどれだけ読んでも見つけられないのは、有名な観光地などで実際に生活をしている人々。10年間、旅を続けたフォトグラファーが魅せられたのは、ありが...
プロ・アマチュア関係なく、世界中から応募が集まる「INSIGHT ASTRONOMY PHOTOGRAPHER OF THE YEAR」は、世界最大級の天...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...