現代までに必死に「伝統を守り抜いた」部族たちの生きる証。

世界に潜む部族を探し求めて旅をする写真家のTerri Gold。彼女は、エチオピア・ナミビア・ケニア・インド・中国などで多くの「滅びゆく文化」と出会ってきた。

各国に隠れるように住まう人々との出会いが、人生の教訓になったと言う。写真にうつる姿だけでは、それぞれの生き方や伝統はわからない。でも、彼らが確かに私たちと同じ地球上に存在している。“生きる証”を見て欲しい。

一人ひとりが「繋いだ」伝統

長い年月を乗り越えて、伝統を守り抜いた部族の姿。一人ひとり誇りを持ち「繋がり」を大切にしてきたからこそ現代まで残ったその「思い」が、彼女の写真を通して伝わってくるような気がした。

最後に、Terriが見つけた大きな発見を読んでみよう。

世界中に隠された“真実の姿”を追い求めているうちに、私はあることに気がつきました。人として生きる限り人間性を感じることができて、それぞれの文化を共有し尊重する。それができれば、私たちは過去とこれからの未来を深く理解することができるのではないでしょうか。

 

ある遊牧民と一緒に過ごしていた時のこと、人生における「蜘蛛の巣」のようなものを感じたのです。思想・信仰・想像が全て繋がったような気がしました。私にとって人生とは何かがわかったのです。

Licensed material used with permission by Terri Gold World Imagery, (Instagram)
他の記事を見る
世の中を知れば知るほど、心が震えるような出来事に遭遇するのではないでしょうか。84の国を歩いたフォトグラファーのAlexander Khimushinは、...
「部族の暮らし」のなかにある、独特な芸術の世界へ招待しよう。身に付けるもの、肌に描くもの、纏うもの、その文化や思想は、私たちのものとはかけ離れているように...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
1000年以上も前から続く伝統的なタトゥーを引き継ぐのは、カリンガ州にあるブスカラン村に住むWhang Odさん。100歳になる世界最年長の彫り師であり、...
「ペットボトルは英語じゃないって知っとうと!?」っていう本、知ってる? 北九州市立大学准教授の、アン・クレシーニさん(通称:アンちゃん)が書いた本なんだけ...
真冬とチョコレートのかけ算はズルさがある。たとえ、オーナーが有名バリスタで、本格派コーヒーを出す店『COFFEEHOUSE NISHIYA』でも、ホットチ...
食だって、伝統を守り抜かなきゃいけないときがあるんです!
世界中に隠れた美しさを求めScarlett Hooft Graaflandは、旅をしながら絶景を撮影し続けている。彼女の写真は一切加工はしていないのだけど...
極寒の土地で生まれた織物や多様な民族が継承してきたデザインーー。それら独特の存在感を生かすため、世界にある伝統織物工房と提携して各地のテキスタイルをネクタ...
大理石の彫刻と言えば、伝統的な芸術。石で作られているとは思えない滑らかな質感や、感情に訴えてくるような表情などが特徴ですよね。スペインのアーティストGer...
2月の「Black History Month」に合わせて、アメリカで発表されたAdidasのコレクション。それに対して、SNSを中心に多くの疑問の声が上...
オーストラリアの先住民、アボリジニのアートを、オペラハウスにプロジェクションマッピングを使い映し出すという大胆な試みが今行われている。古い文化や伝統の重要...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
「The Atlas of Beauty」プロジェクトは、ルーマニアの女性フォトグラファーMihaela Norocの作品。文化や人種、環境の「違い」とい...
1970年代、アメリカからイタリアに伝えられたチアリーディング。イタリアの伝統的なマーチングバンドと結びついて発展を遂げ、いつしかイタリア独自の文化へと姿...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
おかゆカルチャーを発信する池尻大橋にオープンしたカスタムお粥専門店CAYUZO〒153-0044 東京都目黒区大橋2丁目22-3https://cayuz...
世界に誇るフィンガーフードのひとつとして、「おにぎり」を挙げないわけにはいきません。だけど、これを日本固有のものと決めつけてしまうのは、どうやら早計。お米...
もはや、フェスファッションのトレンドのひとつとなったフラワークラウン(花冠)。ボヘミアンスタイルでなくたって、ちょい足しアレンジを楽しむ女性でいっぱい。欧...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
このインスタレーションアート「TEEN AGE」は、ワルシャワに拠点を置くアート集団pangeneratorが手がけており、同市の民族学博物館にて展示され...
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
フォトグラファーのOmar Redaは、中央アジアに位置するキルギス族の笑顔と輝く瞳に魅了されました。世界中の人々の顔を撮影しながら旅をしていましたが、秘...