国籍がない「海の遊牧民」バジャウ族を撮影した写真

フィリピン、マレーシア、インドネシア周辺の海域に定着し生活をしており、住居は海の上。そんなバジャウ族には国籍がないと言われています。水上生活が主なため、陸に上がると“陸酔い”を起こしてしまうのだとか。

潜水用具などを一切身につけずに水深20mまで潜り、5分も息継ぎなしで狩りをする能力があるそうですが、その様子を実際に撮影した「BBC」の動画には驚きます。

まるで半魚人!?
海の中を歩いてます。

凄いのは大人だけではありません。生まれてからずっと海で育つこともあり、子どもたちの知恵にも驚かされます。

以下の動画では、転覆して水でいっぱいになってしまった船から見事な方法で"排水"する少女の姿が捉えられています。たったひとり、しかもほんの数秒しかかかりません。

そんな彼らの生活の様子をフィルムメーカーであり、フォトジャーナリストでもあるジェームス・モーガン氏が紹介しています。彼のWEBサイトに掲載されている写真や情報を一部紹介します。

海の遊牧民
「バジャウ族」の暮らし

浅瀬に立ち並ぶ高床式の住居。

建物の中にはモスクがあります。彼らの信仰には、ムスリム教に加えてアニミズム(生物や物、自然などに霊が宿っているというような考え)が混じっているそう。

小舟で移動しながら、魚やナマコ、貝類などを取って生活しています。採れた魚を売っては、米や水を買いに行くようです。

子どもたちの遊び場はもちろん海。写真にはサメと楽しそうに泳ぐ少年の姿が。

こちらは漁をする男性。使用しているのはゴーグルとスピアガンだけ。通常は、肺に空気をためてから潜るところを、彼らは空気を吐いて肺を空にして長時間潜水します。

撮影を行ったモーガン氏は、海洋保護のための知識をバジャウ族から学ぼうとしていました。しかし、彼らが漁業の効率化のためにマッチの火薬でつくった自家製ダイナマイトを使用していたことを知ります。多くの魚を捕獲して売るためですが、爆弾の使用はサンゴ礁を壊し生態系を崩す原因にもなっていました。なかには爆弾によって傷つく人々も。

そのほかにも化学薬品による漁が行われており、その影響でけいれんを起こして話ができなくなってしまった男性もいます。

採れる魚が年々減少していることに関しては、彼らも肌でその影響を感じとっていました。「かつては100㎡ほどの地引き網漁でいっぱいの魚が採れたが、1k㎡に拡大しても採れる魚はほんの一握りになってしまった」と話すバジャウ族の人々。

The Guardian」は、いくつかの慈善団体が、魚の取れない地域での持続可能な生活や海の環境管理システムを整えようとサポートを行っていると伝えています。

2010年に撮影されたモーガン氏の動画には、その他にも海の上で暮らす人々の生の声が。「お金があったら地上で住みたいと思う?」との質問に「私は海の上が幸せ」と語った女性の表情は印象的です。なかには、年齢という概念があまりはっきりないともとれる返答も。課題もありますが、まさにそこにしかない文化が記録されています。

その他の写真などはコチラから。

写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
『Sigalit Landau SALT YEARS』の本で紹介される写真がおもしろい。死海でこれでもかというほど“塩漬け”された物が写っています。死海の...
5月ももうすぐ終わり。はやくも夏めいてきてます。海行きてー! って思ってなくても、ためしに原宿に行ってみて。
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
中央アメリカ・ベリーズの島にある、自然溢れるコワーキングスペース。大都会にあるソレと比較したらデザイン性や利便性の面では劣るけど、開放感は抜群。疲れたらハ...
フランス人フォトグラファー、Kares Le Royが16ヶ月もの間、中央アジアの遊牧民に密着して撮影した数々の写真。彼はバンに乗り、一緒にロードトリップ...
夏らしい青空もないし、透き通った美しい海もない、なのにカラッとした心地いい日本の夏の「暑さ」を感じる写真たちです。撮影したのは東京在住のブラジル人フォトグ...
グリーンランドで撮影された写真です。6月〜8月は融解する時期みたいで、たまたま氷の表面に溶けた水がある状態になっていたそう。
オーストラリアのサーファーたちがつくった海専用のゴミ箱「The Seabin」は、水面に設置すると、近くに浮かぶゴミを海水ごと飲み込む仕組み。
遊牧民族のように引っ越しをどんどんするタイプの"ジャパニーズ遊牧民"の方、要チェックです。
フォトグラファーのOmar Redaは、中央アジアに位置するキルギス族の笑顔と輝く瞳に魅了されました。世界中の人々の顔を撮影しながら旅をしていましたが、秘...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
2019年までにオフィスや社員食堂から使い捨てプラスチックを廃止すると明言し、環境対策に力を入れているVolvo。少しでも水質汚染を良くしようと、彼らはシ...
世界最大のサンゴ礁地帯グレート・バリア・リーフは、その昔、日本列島がすっぽり入ってしまうほどの面積があったそう。栄養豊富な水質の良い海には、多くの魚が暮ら...
ロシア人アーティストAlex Shtanukさんは、巨大な“銀の海”を出現させるためにIndiegogoでクラウドファンディング中です。
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。その村松さんに、とっ...
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。前回は、村松さんおす...
『海の見える駅』というWEBサイトをご存知だろうか。全国各地、厳選された『海の見える駅』を掲載しているこのWEBサイト。運営しているのは、村松 拓さんとい...
海に近い駅といえば、かつて「青春18きっぷ」のポスターにもなった愛媛県下灘駅が有名。しかし、それよりも海に近い駅が神奈川県にありました!