ペットボトルやビニールが吸い寄せれれる「海のゴミ箱」

海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが係留されているマリーナ。

専門的な知識がなくたって、まずはアイデアを形にしてみること。その大切さを教えられる、海の男たちの発明です。

浮遊ゴミを回収する
“海のゴミ箱”

オーストラリア人のPete Ceglinskiさん(写真上)とAndrew Turtonさん(写真下)。彼らの共通の悩みは、自分たちの愛する海がどこからともなく漂流してくる浮遊ゴミで汚れていくこと。ペットボトル、缶、ビニール袋。海に漂うものはそれだけではありません。油や燃料、洗剤など、魚や海鳥たちの生命を脅かすものも含まれています。
それら一つひとつを人力で拾い集めるには、海はあまりにも広大すぎる。そこで、汚染問題を解決するため、彼らが開発したのが「seabin」。海のゴミ箱です。

海水ごとゴミをひと飲み
勝手に吸い寄せられる?

Turtonさんが抱えるこれが“海のゴミ箱”の正体。なんとも不格好なこのseabinを、海中にドボンと沈めていきます。すると…あら不思議!海面を漂うゴミが、ゆらりゆらりとゴミ箱へと近づいてきて、そのままツルん。

原理はいたって簡単。水面数センチに沈めたseabinが、海水ごとゴミを飲み込んでいきます。ちょうどお風呂にバケツを上からググッと沈めていったとき、淵からお湯が流れ込んでくる、あの感覚に近い。しかし、こちらは循環ポンプの動力型。seabinの底から順次パイプから排水し、ろ過フィルターを通してまた、海へと海水を戻していきます。seabinの吸引力は、小魚を巻き込まない程度に小さくも最大の効果を発揮する計算だとか。


じゃあ、実際どのくらいのゴミがこれで集まるかというと、ご覧のとおり。結構な量でしょ。ただし、seabinの内側にフィルター代わりのネットを取り付けているため、これが満タンにならないよう、こまめに人力でゴミを回収する必要が。この辺りのアナログ感、海を愛する男たちのひらめきから生まれた自作感が出ていて、ちょっとほっこり。

ひとつでは微力でも…
複数設置でドミノ効果

それでも、たった1つのseabinでマリーナ全体のゴミを吸い集める訳にはいきません。彼らの目的は、マリーナ全体に複数個設置することで、ドミノ効果式に連鎖反応を起こし、波による影響やゴミ溜まりを作らない工夫を考えているんだとか。

あくまでもこれはプロトタイプだと主張する二人。現在、クラウドファウンディングIndiegogoにて資金調達中。彼らの思いつき感と急ごしらえの手作り感が、妙に応援してあげたくなるから不思議です。

Licensed material used with permission by SEABIN PROJECT
オーストラリアのサーファーたちがつくった海専用のゴミ箱「The Seabin」は、水面に設置すると、近くに浮かぶゴミを海水ごと飲み込む仕組み。
スペインのマドリードにあるマヨール広場で、4日間だけ現れた迷路。すべてペットボトルで作られ夜は青く光っていた。これらは近隣住民から集められたもので、ゴミの...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
「ZitA」には、モーションセンサーが搭載されている。ゴミを捨てようと手を近づければ、勝手にフタが開き、その3秒後に閉まるデザイン。自動で開閉するのが最大...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
サーファーとして海を拠点に生きてきた兄妹が創設したブランド「Fair Harbor Clothing」。ここの水着は、使用済みのペットボトルをリサイクルし...
「PET lamp project」は、日常生活から出るペットボトルのゴミ問題を解決するために、1人のデザイナーがはじめたプロジェクトです。過去には、日本...
ある匿名アーティストたちによる、フランス・ボルドーの歴史的建造物を、ビニール袋で埋め尽くすというインスタレーション。リサイクルだけでは、ゴミ問題を解決でき...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
渦の中を泳ぐ、ひとりのマーメイド。海をイメージして撮影されたこの写真には、なんと約1万本ものペットボトルが使用されているそう。カナダに住む写真家のボン・ウ...
回収用に設置された自動販売機に空のペットボトルを入れるだけ。
普通のペットボトルは分解に数百年かかるが、このプラスチックレスボトルはほんの数週間で分解されるという。海に流れても、プラスチックのようにずっと残ることはない。
ペットボトルは、耐水性や耐久性など、あらゆるポイントで優れています。なのに、あまりにも身近な存在すぎて、ただのお手軽なモノと見られがち。『PET-ART』...
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
アメリカのボルチモアハーバーに佇む、巨大な生物のようなもの。まん丸な目に大きな口、一見ダンゴムシのようにも見えるルックス。オブジェかと思いきや、そうではあ...
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
〈Oregonian Camper(オレゴニアン・キャンパー)〉の「ジュートダストバッグ」です。エコ素材のジュートを使ったダストバッグは、キッチンのちょっ...
韓国の企業が開発した「Clean CUBE」は、ゴミの処理や収集を見直した、スマートなゴミ箱。太陽光のエネルギーを使ってゴミを圧縮し、従来の約8倍の量を収...
汗のいやな臭いを吸収してくれるズボン。秘密は、素材の一部に使われているコーヒーの出がらし。夏場でも、1日中快適に過ごすことができそう。
はたしてこの商品、「ゴミ箱」なのかそれとも「掃除機」なのか……、表現の仕方も迷うところ。いづれにしても、ありそうでなかったキッチンツールに、こんな感想を持...
5月ももうすぐ終わり。はやくも夏めいてきてます。海行きてー! って思ってなくても、ためしに原宿に行ってみて。