マーメイドが泳ぐのは、1万本の「ペットボトルの海」

渦の中を泳ぐ、ひとりのマーメイド。海をイメージして撮影されたこの写真には、なんと約1万本ものペットボトルが使用されているそう。カナダに住む写真家のボン・ウォングさんは、なぜこんなにも大量のペットボトルを使ってマーメイドの写真を撮影したのか?その理由はたったひとつ。

「プラスチック廃棄問題の深刻さ」を伝えるため。

「訴えかけるだけでは無理。
クリエイティブの力が必要だ」

1a04c84d7e256ad36e9ae5cf7d60664866e18f59

プラスチックの廃棄問題については、以前から世間に訴えたいと強く考えていたそうです。でもこの問題は、ただ訴えかけるだけでは伝わらない。そう感じた彼は、人々を惹きつけるようなクリエイティブでアピールすることにこだわりました。しかしそう簡単にはうまくはいきません。

なかなか良いアイデアが浮かばず悩んでいたとき、たまたま彼の母親がマーメイドの尻尾を制作してくれるデザイナーを見つけてきたのです。

E37f87bb26ba56a90ea2ce98c40980dc685918ec

「プラスチックに囲まれたマーメイドの写真を撮って、世の中にプラスチック廃棄問題の深刻さを訴えよう」

さっそく、彼の元にはさまざまな賛同者が現れました。ひとりの友人が、廃棄物処理センターから1万個ものペットボトルを借りてきて、SNSを通じて集まったボランティアたちがラベルを剥がし、キャップを取ってペットボトルを洗う作業を手伝いました。

また、別の友人は撮影場所として倉庫を手配。

多くの協力者のおかげで実現

1e6d270b06fc17ef8e6534f5bb0f9292efb1aa229473b4cf0e31c77e61eb3d7ce172616e6a821267

俯瞰からの撮影は、その対象が大きくなるほど労力も膨大なものになります。 また、それぞれの写真撮影にはたった数秒程度しかかかりませんが、ペットボトルを並べる作業は想像の通り、とんでもない労力。

F636608c6c68e66a19821b7db1ab82e32d24b213

しかし、そんな苦労の甲斐もあり、出来上がった作品のクオリティには驚かされます。プロジェクトが始まるきっかけともなった「マーメイドの尻尾」を制作担当したシンシアは、ウェディングドレスをリメイクし、きらびやかな尻尾をつけ、特製マーメイドドレスを完成。

また、ヘアメイクのプロとエアブラシアーティストがタッグを組み、虹色のマーメイドをつくりあげました。

3f984ed3e7d42908275ff8bef2f72f736d0f2fca00166adbed184663c6779b1ef81515943f1192a9

「共感してくれるなら
3つのことを実践してほしい」

ボンウォングさんは、こう考えました。「プラスチック廃棄問題の深刻さを知ってもらう一番の方法は、ありのままに、その規模の大きさを伝えること」だと。

Facebookは4日間で670万PVを記録し、賛同者の署名は7,200人にものぼったと言います。でも彼は、いたって冷静にこの状況を捉えています。「悪くはないと思うよ!でも、もっと広まってほしいね」と。

E714ef9e943b02b13657cc06aa29f6e654b65439

さらに彼は、このプロジェクトに少しでも共感してくれるならば、次の3つのことをやってほしい、と提案しています。

1.再利用できるボトルを買って使う。
2.マイボトルやマイバッグを持ち歩くようにする。
3.ペットボトルの廃棄問題を理解し、周りに広める。

私たちの日常に当たり前のようにあるペットボトルですが、当然、無限の資源ではありません。まずは、自分にできることから始めてみませんか?

Licensed material used with permission by Von Wong, (Facebook), (Instagram), (Twitter)
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
「PET lamp project」は、日常生活から出るペットボトルのゴミ問題を解決するために、1人のデザイナーがはじめたプロジェクトです。過去には、日本...
えっ?と一瞬目を奪われてしまうほどのリアルな人魚の写真・・・。ディズニー映画『リトル・マーメイド』のように海を泳いでみたい!と思ったことがある人は多いかも...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
スペインのマドリードにあるマヨール広場で、4日間だけ現れた迷路。すべてペットボトルで作られ夜は青く光っていた。これらは近隣住民から集められたもので、ゴミの...
ペットボトルは、耐水性や耐久性など、あらゆるポイントで優れています。なのに、あまりにも身近な存在すぎて、ただのお手軽なモノと見られがち。『PET-ART』...
汗のいやな臭いを吸収してくれるズボン。秘密は、素材の一部に使われているコーヒーの出がらし。夏場でも、1日中快適に過ごすことができそう。
様々な形でリサイクルされているペットボトルですが、「家づくり」にも使われていることを知っていますか?パナマのボカス・デル・トーロにあるコミュニティでは、す...
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...
現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介...
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
マニラ・ボラカイ島・セブ島・マビニに展開している「フィリピン・マーメイド・スイミング・アカデミー」は、知る人ぞ知る学びの場。必要な講習を受ければ、なんと人...
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられている。このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用できるかもしれない。20...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
人魚と聞いて真っ先に思い浮かべるものの上半身は、きっと女性でしょう。でも、その男性版がいることを知っていますか?前者をマーメイドと呼ぶのに対して、後者はマ...
普通のペットボトルは分解に数百年かかるが、このプラスチックレスボトルはほんの数週間で分解されるという。海に流れても、プラスチックのようにずっと残ることはない。