素材は11本の使用済みペットボトル。あの「Kanken」から、究極にエコなリサイクルバッグが登場!

スウェーデンのアウトドアブランド「FJALLRAVEN(フェールラーベン)」。そのアイコンである「Kanken(カンケン)」は、1978年の誕生以来、世界中のファンに愛され続けているデイパック。飽きがこないシンプルなデザインと抜群の耐久性が人気の秘訣でしょう。

そんな同シリーズに、このたび最高にエコなファミリーが仲間入り!

95%をリサイクル素材で製造

そもそも従来のKankenも、サスティナビリティという観点では環境負荷の少ないプロダクト。しかし、この「Re-Kanken(リカンケン)」は、それを超えるデイパックとして新たに開発されたもの。

なんとコレ、たった11本のペットボトルの生まれかわりなんです。ボタン、ジッパー、バックル以外の95%がリサイクル素材で作られており、最終的には、Re-Kanken自体も再生利用可能。

しかも、染色方法も革新的。「SpinDye®」という染色技術を用いることで、高価ではあるものの、75%の水、67%の化学薬品を削減できるそう。

おなじみの
ロゴマークだってエコ

従来のKankenでは反射板の素材を使用していたロゴマーク。リカンケンでは本体と同色の刺繍にしワントーンでまとめ、最大限リサイクルできるような工夫が。

11色と豊富な
カラーバリエーション

16リットルのRe-Kanken、および7リットルのRe-Kanken Miniは、ともに11色展開で、8月1日(月)発売予定。前者が11,880円(税込)で、後者は10,800円(税込)です。

素材調達、製造工程、そして未来(使用後)。どの時点を切り取っても環境に優しいデイパック。気になる人はぜひチェックしてみて。

Licensed material used with permission by FJALLRAVEN
オランダのエネルギー企業ARNは、使用済みオムツをリサイクルできる工場の建設を始めました。
様々な形でリサイクルされているペットボトルですが、「家づくり」にも使われていることを知っていますか?パナマのボカス・デル・トーロにあるコミュニティでは、す...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
サーファーとして海を拠点に生きてきた兄妹が創設したブランド「Fair Harbor Clothing」。ここの水着は、使用済みのペットボトルをリサイクルし...
日本のベンチャー企業『株式会社TBM』が開発した、石灰石を使用した『LIMEX(ライメックス)』。これ、紙やプラスチックの代替となる新素材なんです。
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
誰々が持っていたものがカッコいいから欲しい。または、流行っていて周囲のみんなが持っているから欲しい。ファッションアイテムに対してこのようなスタンスをとって...
「PET lamp project」は、日常生活から出るペットボトルのゴミ問題を解決するために、1人のデザイナーがはじめたプロジェクトです。過去には、日本...
子どものころ、すごく幸せだった「おやつの時間」。でも、いつからか私たちは、お菓子に対して“罪悪感”を感じるようになってはいませんか?こんな状況に疑問...
「V60オートプアオーバーSmart7」は、湯量・湯温・スピードの3要素をコントロールできる、新感覚のコーヒーメーカーです。「コンパクトサイズで...
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
〈STANDARD SUPPLY(スタンダードサプライ)〉のデイパックは、一見普通、その実ディテールにはこだわりがつまっています。素材やパーツの選びが秀逸です。
「Artist in Hotel」とは、東京・汐留のパークホテル東京で2012年12月にスタートしたプロジェクト。アーティスト自身がホテルに滞在し、実際...
2016年4月23日(土)から『Volez, Voguez,Voyagez - Louis Vuitton (空へ、海へ、彼方へ ── 旅するルイ・ヴィ...
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...
「GOOSE ISLAND(グースアイランド)」は1988年にシカゴで誕生した、アメリカ中西部最大のクラフトビールブランド。こだわりのホップ...
米国版『GQ』において「2010年のベストバーガーオブザイヤー」に、また『TIME』では「史上もっとも影響力のある17のバーガー」に選出。ア...