「レゴ」が初となるリサイクル素材を使用したブロックの開発を発表

世界140ヵ国以上で販売される遊びツール「レゴ」も、ついにサステイナブル化

先月、「レゴグループ」が使用済みペットボトルを再利用したレゴブロックの試作品を公開。リサイクル素材によるブロック開発は、じつに同グループで初だ。

©レゴジャパン株式会社

この取り組みは、2020年に発表した、3年間で4億ドルのサステイナビリティへの投資の一環(詳細は、英語版HPより)。こちらに基づき「2030年までにレゴのすべてのパーツを持続可能な資源由来のプラスチックにする」と目標を掲げている。

まだ、試作品開発の発表という段階だが、製品化に向けて今後も品質テストや開発作業を実施し、実現への道のりを「レゴ」は着実に歩んでいる。

©レゴジャパン株式会社
Top image: © レゴジャパン株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事