パタゴニアが、すべての防水性アウターに「リサイクル素材」を使用する!

パタゴニアが2019年秋冬シーズン以降に販売する防水性アウターウェアの全製品に、100%、もしくは高い比率でリサイクル素材を使用することを発表した。

同ブランドは品質と機能性を常に最優先にする一方で、すべての製品をリサイクル素材で製造するという目標を掲げてきた。

そのためには、アウトドア製品としての機能性を完全に保ちつつ、バージン化学繊維からリサイクル素材に切り替えることが要求される。

1990年代から取り組みを開始し、1993年には世界初の回収・リサイクルされたペットボトルからフリースを製造・販売。サプライヤーとともに数百の素材を徹底的にテストし、300種類以上の製品をリサイクル素材に切り替えることに成功した。

今後も、必要なもの以外には、新たな資源消費を生み出さないようなライフスタイルを実現するため、2025年までにパタゴニアが直接運営する事業におけるゼロウェイスト(ゴミを発生させないという考え方)、事業全体におけるカーボンニュートラル達成を目指すという。

以下は、これまでのリサイクル素材に関する取り組みのまとめ。あらためて、同ブランドの高い意識がうかがえる。

<パタゴニアのリサイクル素材の取り組み>
1990年代初期:リサイクル素材を使用した開発を開始
1993年:シンチラ・フリースの発売開始(世界初、回収・リサイクルされたペットボトルから製品化)
1994年:アウトドア衣料品会社がフリース裁断時に発生する端切れを回収・リサイクルするためのプログラムを設立、パタゴニアのメンズ・レディースウェアの残り生地からキッズ製品を製造開始
2019年:秋冬シーズンの防水性シェル全製品にリサイクル素材を使用し、製造・販売を開始

© パタゴニア日本支社
© パタゴニア日本支社
Top image: © パタゴニア日本支社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事