業界の常識を変える「スペインのファッションブランド」

私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。

では、どう違うのか?

第一回目はレストランを、第二回目はクリエイティブ企業を題材にして説明しました。第三回目となる今回は、あるファッションブランドが主役です。

服を作って売りっぱなし……ではない

最後に、今スペインだけでなく欧米全体で注目されているファッションブランド「ECOALF」を紹介したいと思います。

日本でもリサイクル素材や天然素材から服を作るフッションブランドが増えていますが、彼らが取り組んでいるのは、ファッションを通じた海、ひいては地球環境の改善です。

多くの人がすでに知っているように、海には多くのプラスチックゴミが廃棄され、その量は年間800万トンにもなります。そうしたゴミは漁師が漁を行う度に魚と一緒に引き揚げられています。

ECOALFは漁業協会からこうしたゴミを買取り、スペイン国内の工場でプラスチックゴミや廃棄された漁業用の網を繊維に加工し、そこから服を作っているのです。

さらに海の環境改善のために基金を創設し、「UPCYCLING THE OCEANS」というプロジェクトを通してスペインやタイでプラスチックゴミの回収と再利用の教育活動やゴミの回収作業に参加しています。

それだけでなく、ファッション業界という産業のあり方と消費者の意識を改革するために、彼らは自分たちが過去に販売した製品の回収作業にまで着手。利益のためにひたすら新しいアイテムを作って売りっぱなしにするのではなく、過去に販売した服を回収することで、生産、回収、再利用というサイクルを作り、業界の構造を変えようとしているのです。そのために創業者のハビエル・ゴジェネチェは世界中のカンファレンスに登壇し啓蒙活動も行っています。

このように、スペインおけるサステイナビリティは、表面的・部分的なものではなく、企業の意思決定や行動にまで反映されています。なぜなら、こうした活動は他者から評価されるために行っているのではなく、明確な目的意識とミッションのもとに実践されているから。

経済的な規模で言えば日本は世界3位、スペインと比べれば4倍以上あります。そんな日本だからこそ、本質的なレベルでサステイナビリティを実践すれば、世界に誇れる美しい国になれるかもしれません。

Top photo: © iStock.com/querbeet
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Des...
高い壁で外界から囚人を遮断する刑務所。閉鎖的な空間をイメージしがちですが、スペイン北部のエル・ドゥエソにあるソレは少し違うよう。
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?前回はミシュラン三ツ星レストランを題材にして...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、STORMZYの『VOSSI BOP』です。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
スペインの自治州エストレマドゥーラ州に2023年、スマートシティ「Elysium City」が誕生予定。1200ヘクタール(東京ドーム256個分)という広...
人気動画サイト「The School of Life」が紹介するのは、スペイン語やイタリア語にみられる「矮小化」について。具体例として使われている単語を声...
日本におけるサステイナビリティは金銭的インセンティブと企業のマーケティングとしての要素が強く、どうしても表面的になりがち。私が住んでいるスペインとは、少し...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
バスク州ビルバオを本拠地とするアスレティック・ビルバオのホームスタジアム「サン・マメス」。
リラクゼーションを目的として建てられた「Glass House」。その名の通りガラス張りで、周辺に何もないからリラックスできます。スペイン南部に広がる砂漠...
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
「音楽を通して国境を超えた元気な世界を作る」をテーマに掲げて活動する「一般社団法人 日本DJ協会」は12月1日、新たなDJ文化を生み出すべく「DJ検定」を...
南オーストラリアの小さな島「カンガルー島」生まれのスピリッツブランドがワイルドローズマリーを使用した「O GIN」とスパイシーなフレーバーの「WILD G...
スペインでランチやディナーにいったり、人の家で料理をご馳走になる時、してはいけないマナー違反・タブーを10項目紹介。食事の時間の注意、タパスは立ち食い、塩...
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
スペイン・バレンシアにある人気の日本食チェーン「Kento」。店内は竹や木々を連想させるグリーンとブラウンの配色。飲食スペースの一部は壁一面が窓になってい...
スペインのステーショナリーメーカーの〈MILAN(ミラン)〉。もともとは、手作り消しゴムの専業メーカーだったそうです。その消し心地は……!?
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...