業界の常識を変える「スペインのファッションブランド」

私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。

では、どう違うのか?

第一回目はレストランを、第二回目はクリエイティブ企業を題材にして説明しました。第三回目となる今回は、あるファッションブランドが主役です。

服を作って売りっぱなし……ではない

最後に、今スペインだけでなく欧米全体で注目されているファッションブランド「ECOALF」を紹介したいと思います。

日本でもリサイクル素材や天然素材から服を作るフッションブランドが増えていますが、彼らが取り組んでいるのは、ファッションを通じた海、ひいては地球環境の改善です。

多くの人がすでに知っているように、海には多くのプラスチックゴミが廃棄され、その量は年間800万トンにもなります。そうしたゴミは漁師が漁を行う度に魚と一緒に引き揚げられています。

ECOALFは漁業協会からこうしたゴミを買取り、スペイン国内の工場でプラスチックゴミや廃棄された漁業用の網を繊維に加工し、そこから服を作っているのです。

さらに海の環境改善のために基金を創設し、「UPCYCLING THE OCEANS」というプロジェクトを通してスペインやタイでプラスチックゴミの回収と再利用の教育活動やゴミの回収作業に参加しています。

それだけでなく、ファッション業界という産業のあり方と消費者の意識を改革するために、彼らは自分たちが過去に販売した製品の回収作業にまで着手。利益のためにひたすら新しいアイテムを作って売りっぱなしにするのではなく、過去に販売した服を回収することで、生産、回収、再利用というサイクルを作り、業界の構造を変えようとしているのです。そのために創業者のハビエル・ゴジェネチェは世界中のカンファレンスに登壇し啓蒙活動も行っています。

このように、スペインおけるサステイナビリティは、表面的・部分的なものではなく、企業の意思決定や行動にまで反映されています。なぜなら、こうした活動は他者から評価されるために行っているのではなく、明確な目的意識とミッションのもとに実践されているから。

経済的な規模で言えば日本は世界3位、スペインと比べれば4倍以上あります。そんな日本だからこそ、本質的なレベルでサステイナビリティを実践すれば、世界に誇れる美しい国になれるかもしれません。

Top photo: © iStock.com/querbeet
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Des...
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
人気動画サイト「The School of Life」が紹介するのは、スペイン語やイタリア語にみられる「矮小化」について。具体例として使われている単語を声...
日本におけるサステイナビリティは金銭的インセンティブと企業のマーケティングとしての要素が強く、どうしても表面的になりがち。私が住んでいるスペインとは、少し...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?前回はミシュラン三ツ星レストランを題材にして...
バスク州ビルバオを本拠地とするアスレティック・ビルバオのホームスタジアム「サン・マメス」。
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
スペインでランチやディナーにいったり、人の家で料理をご馳走になる時、してはいけないマナー違反・タブーを10項目紹介。食事の時間の注意、タパスは立ち食い、塩...
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
スペインのステーショナリーメーカーの〈MILAN(ミラン)〉。もともとは、手作り消しゴムの専業メーカーだったそうです。その消し心地は……!?
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
スペイン北部の都市オビエドの近郊にある教会「La Iglesia Skate」の紹介です。
僕たち日本人からすれば、アメリカとスペインって同じ西洋文化圏。だから、2国間の生活習慣には、そんなに違いはないように思える。しかし、お国が変われば、〇〇も...
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。