感触が楽しい「スペインの消しゴム」。

〈MILAN(ミラン)〉はスペインの総合的なステーショナリーメーカー。なんですが、それは今現在の話。もともとは手作り消しゴムの専業メーカーだそうです。

靴でもカバンでも専業メーカーには、それだけで説得力を感じます。

くわえて〈MILAN〉のアイテムはデスクに置くだけで絵になる。店頭で見つけたら、全モデル買いです。高価なわけでもないし。

肝心の消し心地のほうは、正直好き嫌いがわかれるところ。

例えば、定番の角ナシタイプ(写真でいうと三角形のヤツ)は、“消しゴムは角がなくっちゃ”という人にはすすめられない。そもそもカバーもありません。

別にカバー付きの角アリもラインナップされていますが、〈MILAN〉の消しゴムは、細かく文字を消していくというよりも、ガシガシ使ってこそ、本領を発揮するタイプかと。

機能云々じゃなくて、手に取った時のしっとりとやわらかい唯一無二の感触が魅力だと思います。

このあたりは感覚的な部分なので、本当に好みですね。個人的には大好きです。

ちなみに、スティックタイプや修正テープも発売されています。こちらもカワイイし、使い勝手がいいので、ペンケースに入れています。

ビー編集部
ちょくちょく自分たちがモバイル(携帯)しているモノも紹介していきます。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

関連する記事

上質な陶器やフレグランスなどで知られる〈ASTIER de VILLATTE(アスティエ・ド・ヴィラット)〉の消しゴム。黒地に金の箔押しという高級感のある...
『フライング タイガー コペンハーゲン』で発見。やけにBIGなサイズ感、季節感を意識した(?)カラーリング、それに合わせてセレクトされたグラフィックの紙ケ...
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
高い壁で外界から囚人を遮断する刑務所。閉鎖的な空間をイメージしがちですが、スペイン北部のエル・ドゥエソにあるソレは少し違うよう。
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
リラクゼーションを目的として建てられた「Glass House」。その名の通りガラス張りで、周辺に何もないからリラックスできます。スペイン南部に広がる砂漠...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
すでに接種が始まった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン。しかし、配給されているのは一部の富裕国のみ。こうした状況に、ノルウェーの「ユニ...
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...