スペインから「シエスタ」がなくなっちゃうかもしれない!

NBC News」に掲載されたマリアーノ・ラホイ首相のコメントによれば、同国がこれまで良しとしてきた、3時間ほどの中休み習慣「シエスタ」の廃止が検討されているようです。「国全体の生産性を上げるため」との発言も。

やっぱり効率重視なの?

これまでのスペインは、1日の労働時間が、8時〜13時半、17時〜20時の「jornadas partidas」という2部制になっており、昼下がりにお店や企業がお昼寝のために動きを停止してしまうところも多かったのですが、これが経済活動に大きな影響をもたらしていると指摘する声も少なくありませんでした。

PBS」によると、スペイン国会は国民の多数が20時に仕事を終えているところを、18時にし、ワークライフバランスの向上を提案しているようです。すでに公務員のシエスタは2006年に廃止されていることからも、本気度が伺えます。

気持ちよさそうなのに…。

もともと地中海沿岸の強い日差しを避け、木陰で過ごすために生まれたとされるシエスタ。カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究結果によると、昼寝はコーヒーよりも記憶力向上やクリエイティビティ向上にとても効果的なのだそう。リラックスもできちゃうのでいいことづくめ!に思えますよね。

スペインでは70年以上取り入れられていた習慣ですが、廃止について関係省庁と話し合いが持たれている段階の模様。大らかで明るい国民性を象徴する文化の1つだけに、無くなってしまうのは名残惜しいですね。

関連する記事

マドリードにオープンしたこのお店は、働く人々のシエスタをサポートする場所なんだとか。実は、日本のある文化に影響を受けているそうです。
ワークライフバランスという言葉が出てくる時点で、あなたは完璧を追求しすぎていると主張するのは「The School of Life」。多くのことに手を出す...
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
高い壁で外界から囚人を遮断する刑務所。閉鎖的な空間をイメージしがちですが、スペイン北部のエル・ドゥエソにあるソレは少し違うよう。
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
僕たち日本人からすれば、アメリカとスペインって同じ西洋文化圏。だから、2国間の生活習慣には、そんなに違いはないように思える。しかし、お国が変われば、〇〇も...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
すでに接種が始まった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン。しかし、配給されているのは一部の富裕国のみ。こうした状況に、ノルウェーの「ユニ...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...