スペインから「シエスタ」がなくなっちゃうかもしれない!

NBC News」に掲載されたマリアーノ・ラホイ首相のコメントによれば、同国がこれまで良しとしてきた、3時間ほどの中休み習慣「シエスタ」の廃止が検討されているようです。「国全体の生産性を上げるため」との発言も。

やっぱり効率重視なの?

これまでのスペインは、1日の労働時間が、8時〜13時半、17時〜20時の「jornadas partidas」という2部制になっており、昼下がりにお店や企業がお昼寝のために動きを停止してしまうところも多かったのですが、これが経済活動に大きな影響をもたらしていると指摘する声も少なくありませんでした。

PBS」によると、スペイン国会は国民の多数が20時に仕事を終えているところを、18時にし、ワークライフバランスの向上を提案しているようです。すでに公務員のシエスタは2006年に廃止されていることからも、本気度が伺えます。

気持ちよさそうなのに…。

1c649ab3d3e7ea485b26b6335ab767e06eb3928a

もともと地中海沿岸の強い日差しを避け、木陰で過ごすために生まれたとされるシエスタ。カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究結果によると、昼寝はコーヒーよりも記憶力向上やクリエイティビティ向上にとても効果的なのだそう。リラックスもできちゃうのでいいことづくめ!に思えますよね。

スペインでは70年以上取り入れられていた習慣ですが、廃止について関係省庁と話し合いが持たれている段階の模様。大らかで明るい国民性を象徴する文化の1つだけに、無くなってしまうのは名残惜しいですね。

マドリードにオープンしたこのお店は、働く人々のシエスタをサポートする場所なんだとか。実は、日本のある文化に影響を受けているそうです。
ワークライフバランスという言葉が出てくる時点で、あなたは完璧を追求しすぎていると主張するのは「The School of Life」。多くのことに手を出す...
あなたはちゃんとしたワークライフバランスで働けていますか?「最近、仕事ばかりでプライベートの時間がない」と、ストレスを感じていませんか?仕事とプライべート...
昼寝すると作業効率があがる!なんて話は最近よく耳にする話。シエスタ文化を取り入れる企業も話題になり、適度な休憩が大切だよねというのはもう常識。でも、どうや...
マリファナの販売店「Nuwu Cannabis」がスポンサーになっている、随分と型破りなチームです。
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
スペインの首都、マドリッドに暮らして約5年。日々の暮らしの中で、スペイン人から学ぶことは本当にたくさんあります。それは、彼らが「人生を謳歌するエキスパート...
僕たち日本人からすれば、アメリカとスペインって同じ西洋文化圏。だから、2国間の生活習慣には、そんなに違いはないように思える。しかし、お国が変われば、〇〇も...
お昼寝、シエスタ、パワーナップなど。「Little Things」の人気ライター、 Laura Caseleyさんが、そのメリットと効果的なお昼寝の仕方を...
スペイン発、〈Studio Banana Things(スタジオ バナナ シングス)〉の「オーストリッチピロー GO」反発にこだわったという形状記憶クッシ...
人気動画サイト「The School of Life」が紹介するのは、スペイン語やイタリア語にみられる「矮小化」について。具体例として使われている単語を声...
スペインでランチやディナーにいったり、人の家で料理をご馳走になる時、してはいけないマナー違反・タブーを10項目紹介。食事の時間の注意、タパスは立ち食い、塩...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Des...
「プレミアムフライデー」なんて施策の実施からも導き出せる通り、世間の労働に対するスタンスは、どちらかというとワークライフバランス重視。でも、本当に突出した...
バスク州ビルバオを本拠地とするアスレティック・ビルバオのホームスタジアム「サン・マメス」。