【100円で買った中古本】『そうか、君は課長になったのか。』

国道沿いや駅前の古本屋チェーンの店内でひっそりとたたずむ、たたき売り同然の「100円」書棚。そんな一角で偶然出会った一冊から、あなたの人生を変えるかもしれない「金言」をほんの少しだけおすそわけ。

今回は30年以上も前から、いわゆる「ワークライフバランス」を実践してきた著者が綴る、世の課長たちに向けた虎の巻『そうか、君は課長になったのか。』をご紹介します。

世の「課長」にだけ向けられた言葉を
あえて「課長にならない人」が読んでみる

ほとんどの人が「いやいや、課長って……」とツッコミを入れたくなるトリッキーなタイトルなのに、なぜだか呼ばれたような気がして、つい手に取ってしまった本書は、まさにこれから「課長」になる人のために書かれたピンポイントな入門書

酸いも甘いも噛みわけた人生の先輩たる著者が、新入社員の頃から看てきて、このほどついに「課長」へと昇進した「石田君」なる架空の部下に向けて書いた手紙という体(テイ)で、章立ては進行します。

もちろん、書かれているのは「課長」としての心得が中心ですし、「石田君」でも「課長」でもない大多数の読者にとっては、ピンと来ない話も少なくありません。

「課長ほどやりがいがあって、おもしろい仕事はない」などと断言されたところで、働いている会社の規模感や業務の内容が作中のものと違っていたり、個人経営やフリーランスだったりすれば出てくる感想は棒読みの「へー、そんなもんかねー」ぐらいのものでしょう。

とはいえ、著者の佐々木常夫氏は、化学繊維の最大手メーカー「東レ」で要職を歴任してきた一角の人物。

6歳で父親を亡くして母子家庭から苦学して東大に入り、入社後には、自閉症の息子さんと、肝臓病とうつ病を併発する奥さんを抱えて、仕事をしながら育児・家事・看病をこなしたという、とんでもない苦労をされている方ですから、説得力という部分では折紙つき

「24時間戦えますか?」なんてCMのコピーが流行していた80~90年代に、佐々木氏はきっかり18時退社。そのうえで出世コースからも外れない、昨今流行りのワークライフバランスを実践していたと聞けば、多くの企業戦士たちのカリスマになるのもうなずけます。

「つまらないプライドのためにきちんと教えを乞わなければ、間違いなく誤った判断をする」

「ビジネスにおいて『以心伝心』を期待するなど愚の骨頂」

「相手の悪いところではなく、よいところを見る。そして、よいところを第三者に伝える。必ずその言葉は、回りまわって相手の耳に入る」

そんな著者の言葉は、「石田君」や「課長」でなくても当てはまる、人付き合いの極意といっても過言ではないでしょう。

ただ、「部下は家族同然」と言ったそばから「会社は人助けの組織ではなく、あくまで戦闘集団」だから「どうしようもない人は切って捨てるべき」などと言われてしまうと、(面識はないけど)温厚そうな著者・佐々木さんのドライ&クールな一面を見せられた気がして「えっ!?」ともなってしまうのですが……。

とにもかくにも、本書のなかでも著者自身が「多読家に仕事ができる人が少ない」「考える力を養わなければ、読書は有害ですらある」とバッサリ斬っているように、どんなにたくさんの情報をインプットしても、それが自身の血肉にならないようでは元も子もありません。

「たった一度の人生で何をしたいのか、どのような人間になりたいのか、どう生きたいのか」

そう問いかける著者に対するみなさんのアンサーが「課長」(=企業人としてそれなりの地位に就くこと)とは無縁のものなら、「俺にこんな本は必要ない!」と割り切り、もてる力と情熱をほかの何かに向けたほうが、よほど有意義なのかもしれません。

『そうか、君は課長になったのか。』から学ぶべきは……

「進むべき道の先が『課長』か否か。
あらためて自問自答する!」

『そうか、君は課長になったのか。』(佐々木常夫 著、株式会社WAVE出版)

written by chogetsu suzuki

Top image: © 2019 TABI LABO

関連する記事

ワークライフバランスという言葉が出てくる時点で、あなたは完璧を追求しすぎていると主張するのは「The School of Life」。多くのことに手を出す...
あなたはちゃんとしたワークライフバランスで働けていますか?「最近、仕事ばかりでプライベートの時間がない」と、ストレスを感じていませんか?仕事とプライべート...
偶然出会った本のなかから人生の道しるべになるかもしれない金言・名言を探す旅。今回は 「迷える青少年」に向けた指南書をご紹介します。
偶然出会った本のなかから人生の道しるべになるかもしれない金言・名言を探す旅。今回は 厄介な「上から目線」の人との付き合い方が学べる一冊をご紹介します。
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。有識者の話は参考にしにくい。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようという...
「プレミアムフライデー」なんて施策の実施からも導き出せる通り、世間の労働に対するスタンスは、どちらかというとワークライフバランス重視。でも、本当に突出した...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
偶然出会った本のなかから人生の道しるべになるかもしれない金言・名言を探す旅。今回は 「一流の男」になるための虎の巻(?)をご紹介します。
40周年を迎えているアイスキャンディー「ガリガリ君」が今月9日(火)から新味の「大人なガリガリ君キウイ」を発売中。
5月、緊急事態宣言中、UberEatsで月収100万円。こんなウソみたいなことを成し遂げたのが、大村達郎という人物だ。メディアにも出演しない彼にたくさんの...
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子とスパークリングワインのペアリングを検証してみました。
「プライベートでの成功が仕事の成功を生み出す」ライターMARCEL SCHWANTES氏の主張を簡潔にまとめるならば、そういうこと。成功を収めた起業家は、...
「ALL YOURS(オールユアーズ)」が、公式オンラインストアにて利用できる「リモートワーク応援プラン」を導入。今月30日(木)まで、1万5000円以上...
「ワークアウト」とは、体の強さや見た目を向上させるために運動することを意味します。この記事では、トレーニング・エクササイズとの違いやおすすめのワークアウト...
簡単にトレーニングができるという「バランスボール」。あまりトレーニング経験がない人こそバランスボールを取り入れてほしい理由や使い方についてもご紹介していきます。
アートを買うきっかけってどんなとき?購入する背景は様々だし、金額もピンキリ。富裕層とそうでない人で感覚の違いもある。中目黒高架下の並びにあるギャラリーで、...
わずか100円程度(1ドル)で、MacBookをタッチ対応にする技術が開発された。
企業や自治体がリモートワーク用の「スペシャルなオフィス」を用意する動きが出始めている。
応援購入サービス「Makuake」にて先行販売を実施している背もたれ「minicute」は、人間工学に基づいた設計で、理想的な姿勢を維持してくれる。
Long-Bin Chenさんは、20年以上も古本と向き合って、アートを作り続けてきたのだとか。いろいろなスタイルに挑戦するも、結果はまずまずといったとこ...

おすすめ記事

大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
夢の中に雪が出てきたことはないでしょうか。雪は自分の感情や情緒を示すといわれていますが、一概に雪といっても、様々なシチュエーションがありますよね。雪の夢に...
ドイツに暮らすハリネズミのMr.Pokeeは、世界中の愛好家たちのハートをがっちり。インスタフォロワーは27万人に迫る勢い。その愛くるしい姿でお出かけします。
なくしてしまったはずの結婚指輪が、奇跡的に見つかった。天にも昇るよろこびを経験したのはMary Gramsさん。畑で農作業中に、薬指にはめていたはずの指輪...