「ワークライフバランス」に隠れた、ある重大な問題。

「ワークライフバランス」というワードを聞くようになって久しい。

もちろん両立を追い求めることは重要だけれど、一方で、仕事で疲れているうえにバランスまで考えなきゃいけないなんて「もうヘトヘトだよ」と個人的には思ったり。

The School of Life」に言わせると、そもそもワークライフバランスを追っていること自体に、ある問題が隠れているんだとか…。

ミスをしたら、
今日からはむしろ喜ぶべき?

目標が絞られていればいるほど、効率はあがるでしょう。私たちの脳は、マルチタスクをこなす時に、ひとつ残らず最大限の効率を出せるようなつくりにはなっていないのです。

私たちの脳は多方面で能力を発揮し、様々な行動に対応できることは確かです。

小説を書いたり、子育てをしたり、レポートを書いたり。しかし、このような動きをすると、ひとつのことを長い時間かけて取り組む人に比べて劣ってしまいます。

部屋の掃除ができない、時間を守れない、心からディナーを楽しめない、プレゼンで失敗するなど、一日を振り返った時に憂鬱になってしまうのです。

あなたがさらに落ち込む前に、最善のパフォーマンができていない理由を理解すべきです。ひとつのことに集中する代わりに、あらゆることに手をつけすぎてしまっているということを。

残念なことに社会には、多くのことでも同時にそつなくこなせるだろうという考えがあります。だからこそ、完璧なキャリアと完璧な私生活を手に入れるなどという、「ワークライフバランス」という言葉が聞かれるのです。

ワークライフバランスは無理なことなのです。理想通りに家事をこなし、子どもの面倒を見て、会社のCEOを務めるなど、あらゆる役割に縛られるとあらば、苦しむことになるでしょう。

そんな状況の中、ミスをしたとしても、「人生が上手くいっていない」というわけではありません。むしろ、ひとつのことに集中する重要性を、あなたはしっかり理解しているということなのです。

Licensed material used with permission by The School of Life
andmore
他の記事を見る
あなたはちゃんとしたワークライフバランスで働けていますか?「最近、仕事ばかりでプライベートの時間がない」と、ストレスを感じていませんか?仕事とプライべート...
偶然出会った本のなかから人生の道しるべになるかもしれない金言・名言を探す旅。今回は、自分の将来に悩む、すべての「働く人」に向けた一冊です。
「プレミアムフライデー」なんて施策の実施からも導き出せる通り、世間の労働に対するスタンスは、どちらかというとワークライフバランス重視。でも、本当に突出した...
「プライベートでの成功が仕事の成功を生み出す」ライターMARCEL SCHWANTES氏の主張を簡潔にまとめるならば、そういうこと。成功を収めた起業家は、...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
2018年8月30日、彼らは「快適な労働環境を整えるために最低12週間の有給育児休暇を付与するように」とサプライヤーやベンダーたちに協力を仰ぎました。
「Inc.com」で公開された記事「この7つの質問に『Yes』と答えられたら、あなたは成功している」は、常に高みを目指しているビジネスパーソンにだけ紹介し...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
通常のウェイトではなく電磁力を応用して負荷を生み出します。
恋愛から疎遠になるほど付き合いにくい女性が増える、とは「Elite Daily」に寄せたライターAlexa Mellardoさんの主張。彼女のアドバイス「...
【起業家のジレンマといえば】友人との関係、会社を大きくしていくこと、家族と過ごす時間、日々の運動、十分な睡眠。選べるのは3つだけ。これは、マーク・ザッカー...
ゆったりと自分の人生を楽しみ、生活の質を重視する「スローライフ」という考え方。慌ただしく時間に追われる日々から卒業して、丁寧な暮らしをしようと思ってみても...
取っ手を持って持ち上げた瞬間、自動で折りたたまれる仕組み。超コンパクトになるし、気が利いてますね。
案外、むずかしいことじゃないかもしれません。
「Stealth」は、スマホがセットできるバランスボード。専用アプリをダウンロードすれば、ゲームをやりながら、ワークアウトができるようになっています。
腰痛を改善してくれて、代謝を高めてくれるというポイントで、日本でも注目を集めている体幹トレーニング。「Plankpad」は、その効率を上げるために開発され...
低身長や発育不全、薄い体毛が特徴の病、ハラーマン・ストライフ症候群の少女のインタビュー動画。インタビュアーのクリスさんは元特殊教育学校教師。子どもを中心に...
ポケットにも収まる「Monkii」は、ドアに引っ掛けて使うタイプのワークアウトグッズ。場所に縛られることなく、自宅でもホテルでもトレーニングができるように...
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
「NBC News」に掲載されたマリアーノ・ラホイ首相のコメントによれば、同国がこれまで良しとしてきた、3時間ほどの中休み習慣「シエスタ」の廃止が検討され...