【ワゴンセールで出会った一冊】『フェイスブックをつくったザッカーバーグの仕事術』

国道沿いや駅前の古本屋チェーンの店内でひっそりとたたずむ、たたき売り同然の「100円」の書棚。そんな一角で偶然出会った一冊から、あなたの人生を変えるかもしれない「金言」をほんの少しだけおすそわけ。今回はあのSNSの創業者について書かれた『フェイスブックをつくったザッカーバーグの仕事術』をご紹介します。

ゲームは「遊ぶ」じゃなく「作る」もの
少年時代から神童と呼ばれた彼だけど......

著者の桑原晃弥氏は、トヨタやApple、Googleといった世界的企業にも豊富な取材経験をもつという経済ジャーナリスト。著名な投資家ウォーレン・バフェットや、かのスティーブ・ジョブズに関する著書も数多く、本書には彼らの言葉も多数登場してきます。

書かれているテーマは、読んで字のごとく、マーク・ザッカーバーグの仕事について。

名門・ハーバード大学のイチ学生だった彼が、学内SNSとしてスタートさせた『Facebook』を世界的企業へと育て上げるまでを、ITに疎(うと)い人にもわかりやすい言葉で、明瞭簡潔に教えてくれます。

とはいえ、わずか数年でドラスティックに変貌してしまうIT業界の出来事を、7年も前に書かれた2012年刊行の書籍で知るというのは、いささか時代遅れ感も否めませんが、まぁそこはワゴンセールで運命的に出会ったということで……。

そんな本書ではありますが、既存の枠組みや固定観念にとらわれないザッカーバーグの仕事ぶりについては、いま読んでも非常に示唆に富む普遍的な内容ばかり。

巨額の買収話と引き換えにその才能まで買い取ろうとする大人たちの企みには「僕たちにその気はない」「僕が退屈するのはまだまだ先のことだよ」とキッパリ応じ、オフィスの壁には「この旅はまだ1%が終わっただけ」と書いてしまう。

いかにも現代的で潔い彼の言動は、そろいのリクルートスーツでする無個性な就職活動につい違和感を抱いてしまうアグレッシブな学生さんあたりにはとてもよい刺激になることでしょう。

もちろん、「選ばれし成功者の話に感化されてなんになる!」とソッポを向いてしまう天邪鬼(あまのじゃく)な人もなかにはいるかもしれません。

両親ともにお医者さんで、11歳からソフトウェア開発者の家庭教師が週に1回自宅を訪れ、少年時代からゲームは「遊ぶ」より「作る」側だったと聞けば、なるほどそれは「持てる者」。彼の成功に、才能以外の要素が少なからず影響したことは想像にかたくありません。

ですが、彼を突き動かしていた源泉は、おもしろくて、便利で、世界をよりよく変えるツールを作りたい、というその一心。

今日の彼の成功は、自分が「熱くなれるもの」に正直であり続けた、その積み重ねが引き寄せた結果でもあるのです。

Facebookをめぐっては、サービスを開始した2004年からわずか1年後には、MTVなどを傘下にもつバイアコムグループから7500万ドルでの買収を提案され、翌05年にはYahoo!が10億ドル。さらにその翌年にはMicrosoftが150億ドルという破格の提示をしたといわれています。

あまりに途方もなさすぎて、ひたすらクラクラしてしまうそんな誘いを、彼自身がいともあっさり蹴ってしまえたのも、我々の多くがつい置きざりにしがちな「あの頃の情熱」を、彼がいまなお燃えたぎらせているから、なのかもしれません。

確かに、存在は霞んで見えないくらいの雲の上。彼が有言実行している「年俸1ドルでいい」なんて言葉は逆立ちしたって吐けません。

ただ、現在35歳の彼が、名だたる起業家のなかでも突出して我々と近い感覚をもっているのもまた事実。

肌身離さず持っている日記帳に「世界を変えたければまず自分が変わらなければならない」というベタとも思えるマハトマ・ガンジーの言葉を書き留めているなんてエピソードを聞けば、なんだか「俺たちと一緒じゃん」という気にも少しなるような気がします。

『フェイスブックをつくったザッカーバーグの仕事術』
から学ぶべきは……

「熱くなれることに正直になれ!」

『フェイスブックをつくったザッカーバーグの仕事術』(桑原晃弥 著、株式会社 幻冬舎)

written by chogetsu suzuki

Top image: © 2019 TABI LABO
ハーバード大学が今年の卒業スピーチに指名したのは、Facebookのマーク・ザッカーバーグ。ちょっと心配そうな彼がアドバイスを求めた相手は、ちょうど今から...
第一子誕生以降、育児休暇中のマーク・ザッカーバーグ。2016年1月25日、彼がFacebookに投稿した一枚の写真が話題を呼び、瞬く間に120万いいね!が...
2004年2月4日創業。今やSNSの代名詞とも言えるFacebookは、この12年間で世界を変えたと言っても過言ではありません。国境を越えた友情を演出し、...
なにかと話題が尽きないFacebook社のザッカーバーグCEOですが、今度はお父さんの発言に人々の関心が集まっているようです。通称ドクター・ザッカーバーグ...
「皆が誇れる大統領に」──、接戦を制した共和党候補のドナルド・トランプは、勝利宣言で高らかにこう表明した。アメリカを二分した今回の選挙を象徴するように、両...
つい先日、2ヶ月間もの育児休暇をCEO自ら取得したことで話題になったマーク・ザッカーバーグ氏ですが、またまた驚きの展開が…!2015年12月2日の朝、同氏...
2015年10月5日、Facebook社のマーク・ザッカーバーグCEOは「全世界を繋ぐ」との言葉と共に人工衛星「AMOS-6」の打ち上げをアナウンスした。...
2015年10月8日、Facebook社のマーク・ザッカーバーグCEOが「Like」ボタンの感情表現をより多彩にする新しいボタンを発表した。Like(イイ...
2015年12月、マーク・ザッカーバーグの第一子誕生に合わせて発表された、450億ドル(約5兆5,000億円)の慈善事業団体への寄付。ケタ違いの金額ばかり...
偶然出会った本のなかから人生の道しるべになるかもしれない金言・名言を探す旅。今回は、自分の将来に悩む、すべての「働く人」に向けた一冊です。
フェイスブックジャパンは、5月17日から19日の期間限定で「Facebook Café」を原宿にオープン。このカフェ、スイーツもドリンクも全部タダなんです。
「CoolBookmarks」は、本を愛するクリエイター「Lena and Dmitriy」がつくったブックマーク。読書好きの人にピッタリかもしれません。...
マーク・ザッカーバーグCEOが出産報告とともに、夫妻が持つ99%の株式を慈善事業に寄付すると発表し話題になりましたが、投稿には彼が誕生したばかりの娘に向け...
2015年11月14日、マーク・ザッカーバーグCEOがFacebookの新機能を自身のフィードで発表しました。「360°動画」を投稿することができるように...
近未来のスキンケアのあり方を象徴する「Neutrogena MaskiD」。これは、Johnson & Johnsonが発表した、3Dプリンターでフェイス...
2016年4月5日、マーク・ザッカーバーグが自身のアカウントでその詳細を紹介しました。発表によると、人工知能(AI)がフィードに表示された画像を認識して、...
脳は生きる上での「司令塔」のような役割を担っています。その司令塔が疲弊していては、最高のパフォーマンスは発揮できないでしょう。脳科学者・茂木健一郎さんは、...
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...
より充実した読書習慣を送るために重要なのが、読む本を「選ぶ力」。本を選ぶには誰の意見を聞けばいいの?本当に良い1冊に出会うには?自分の成長のためにはどうし...
最近知り合った人とSNSで繋がったら、共通の知人がいてビックリ!そんなふうに思ったことはありませんか?とてつもない偶然のようですが、じつは結構な確率で起こ...