ザッカーバーグが「妻の快眠」のために開発した「SLEEP BOX」

エンジニア魂に火がついたのだろうか——。マーク・ザッカーバーグが、子どもがいて、なかなか良い睡眠がとれない妻のためにデバイスを開発した。

「SLEEP BOX」は、時刻表示もなければ、アラーム機能もない。ただし、起きるべき時間帯(朝6時から7時)になると柔らかな光を放つ。

これにより、夜中に目が覚めても「そろそろ子どもが目覚めてしまうのでは?」とスマホで時刻を確認する必要がなくなるわけだ。妻であるプリシラ・チャンは、どうやらこのストレスに悩まされていたらしい。

この試みは順調のようで、早すぎるタイミングで目が覚めても、安心して再び眠りにつけているという。

Top image: © 2019 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で、目標金額の27倍もの資金調達に成功した注目度大のガジェット。それが、ここで紹介する「Sleep ...
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
スウェーデンの広告会社「Le Bureau」が非常にユニークな体験型広告を製作した。雑誌に石鹸で作られたページを挟むことで、実際にそのページを使用して手を...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
偶然出会った本のなかから人生の道しるべになるかもしれない金言・名言を探す旅。今回は Facebookを生み出した若き天才について書かれた一冊をご紹介します。
しっかり寝ているはずなのに、朝起きると、なんとなく体がダルい・・・なんてことはありませんか?それって「睡眠の質」が悪いのかもしれません。ぜひチェックリスト...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
アメリカのインディアナ州在住のCara Fieldsさんの夫は、妻のビデオ会議中の“背景”にコスプレ姿で登場する。時にはカウボーイ、時にはバットマン、また...
福岡県柳川市の蒲鉾店「関屋蒲鉾」が、10年後の食卓をイメージして新たに開発した、惣菜感覚の新ジャンルさつま揚げ「DELIさつま」の発売をスタート。
なにかと話題が尽きないFacebook社のザッカーバーグCEOですが、今度はお父さんの発言に人々の関心が集まっているようです。通称ドクター・ザッカーバーグ...
「Koala Sleep Japan」より、素材や製造などすべての工程で動物性素材不使用の「ヴィーガンなベッドフレーム」が登場。デザイン性と機能性に溢れた...
ハーバード大学が今年の卒業スピーチに指名したのは、Facebookのマーク・ザッカーバーグ。ちょっと心配そうな彼がアドバイスを求めた相手は、ちょうど今から...
サステイナブルな生活様式を提案するプロジェクトチーム「sunaho」が、台湾のホームウェアブランド「TZULAï」と共同開発した、コーヒーかすと竹粉が主原...
2015年12月、マーク・ザッカーバーグの第一子誕生に合わせて発表された、450億ドル(約5兆5,000億円)の慈善事業団体への寄付。ケタ違いの金額ばかり...
夏のイヤな風物詩、「蚊」に刺されないためのさまざまな対策記事を紹介。蚊によく刺される人の特徴を知るもの、自家製「蚊よけスプレー」や「蚊取り線香」の作り方、...
7月5日、ラッパーでありファッションデザイナーであるカニエ・ウエストは、11月の米大統領選への出馬を自身のTwitter上で表明。「これはおもしろくなりそ...
こちらのイラストは、フィラデルフィア郊外在住のイラストレーターBen Pannellが手がけたもの。それぞれのテーマはバラバラだが、共通しているのは、妻で...
睡眠時無呼吸症候群をチェックするために、「Go2Sleep」は開発されました。指輪型のデバイスをつければ、ありとあらゆるデータを集めて、分析してくれるそうです。
プロデュースしたのは、年間約4万人を心地よい眠りへと誘っているヘッドスパ専門店「悟空のきもち」。頭皮を刺激することで快楽ホルモンの分泌を促し、絶頂へ高まっ...
パリジェンヌたちのライフスタイルを身近に感じることができるアイテムが詰まった、小さなボックスが毎月自宅に届く。2011年パリ・モンマルトルで誕生した「My...
彼女に殺されかけた男が、なんとその彼女に法廷でプロポーズしたという話。しかも、どうしても彼女と結婚したいからという理由で、裁判官に情状酌量を求めたとのこと。
結婚生活の破綻に直面した時に、「別れる」という選択ではなく「継続する」ために女性側の立場から何ができるのかを提案する著書『夫を夢中にさせる いい妻の愛され...