『We Are The World』収録の現場で、豪華スターをひとつにしたもの。

何気ない一日に思えるような日が、世界のどこかでは特別な記念日だったり、大切な一日だったりするものです。

それを知ることが、もしかしたら何かの役に立つかもしれない。何かを始めるきっかけを与えてくれるかもしれない……。

アナタの何気ない今日という一日に、新しい意味や価値を与えてくれる。そんな世界のどこかの「今日」を探訪してみませんか?

『We Are The World』がレコーディングされた日

海外の文化への興味や関心、音楽の趣味・趣向に関係なく、おそらく多くの人が耳にし、その歌詞の内容を理解できていなかったとしても、きっと、そこに込められた“何か”を感じとることができるだろう、80年代最大のヒット曲『We Are The World』。

クレジットされたアーティスト名は「USA For Africa」。

これがソロアーティストやバンド名でないことはご存知の通り。あらためて、まずは以下のミュージックビデオでその参加アーティストの顔ぶれをご覧ください。

ライオネル・リッチー

スティーヴィー・ワンダー

ポール・サイモン

ケニー・ロジャース

ジェームス・イングラム

ティナ・ターナー

ビリー・ジョエル

マイケル・ジャクソン

ダイアナ・ロス

ディオンヌ・ワーウィック

ウィリー・ネルソン

アル・ジャロウ

ブルース・スプリングスティーン

スティーヴ・ペリー

ダリル・ホール

ヒューイ・ルイス

シンディ・ローパー

キム・カーンズ

ボブ・ディラン

レイ・チャールズ

読みづらいのは承知のうえで、あえてリード部分を歌っているアーティスト名を列記しました。「〜などの」や「〜といった」と割愛することの許されない、錚々たるメンツ。

コーラスや演奏などを含めると、参加アーティストは総勢45名。全員がスーパースター。まさにドリームチームです。

37年前(1985年)の今日1月28日は、全世界で2000万枚を売り上げた『We Are The World』がレコーディングされた日です。

アフリカはエチオピアで干ばつによる食糧不足で犠牲者が100万人にも及ばんとするそのとき、社会活動家としても知られる米・歌手のハリー・ベラフォンテの発案によりスタートしたこのプロジェクト。

時代を代表する有名アーティストたちが、その志とアクションに賛同して多数参加を表明するも、関係者やアーティストが後に語った内容によると、レコーディングの現場は異様な空気に包まれていたといいます。

それもそのはず。そこに集まっているのは、全員合わせて10億枚を超えるセールスを誇るスターたち。一筋縄でいくはずがありません。

キャリアやジャンル、人種の壁やそれぞれの矜持を乗り越えながら、約10時間を費やし、1月29日の未明、レコーディングは終了しました。

私たちはひとつの世界 私たちは子ども

私たちこそが 明るい明日を作ることができる

だから 与えることをはじめよう

私たちは 選ぶことができる

私たちは 自分の命を救うことができる

本当だよ もっといい日になるよ

あなたと 私で

それぞれが自身のエゴやプライドを胸にしまい、歌詞の一節にある、こんな想いを共有できたのは、歌のチカラと「世界を救いたい」という尊い気持ちがあったからにほかならないでしょう。

今こそが、ひとつになるとき──。

あらためて、この曲の偉大さを意味を噛み締めてみてはいかがでしょうか。

© USAforAfricaVEVO/YouTube
Top image: © Bettmann/Getty Images
TABI LABO この世界は、もっと広いはずだ。