枕に取って代わる「睡眠用たわし」に注文が殺到、って信じられる?

プロデュースしたのは、年間約4万人を心地よい眠りへと誘っているヘッドスパ専門店「悟空のきもち」。頭皮を刺激することで快楽ホルモンの分泌を促し、絶頂へ高まったところで一気に寝落ちさせる「絶頂睡眠」を求めて、現在約10万もの人が順番を待っているという。

そんな眠りのプロが、快眠まくらの開発依頼を受けたときに思ったこと。それは──、

どこからどう考えても、
「枕」じゃないほうがいい。

「気持ちイイ睡眠」に必要ないくつかの要素。それらを検討した際に、従来の枕である必要がまったく見当たらなかったのだそう。そしてたどり着いた答えがコレ。

「たわし」しかない。
いや、真剣に。

Cb531bd0eafb51a33ab0363282508f949194e103

枕を完全に否定し、力強くそう言い切る。主張を一つずつ理解していくと、なるほど自信のワケがどんどん分かっていく。

それでは、たわしの推しポイントを大きく分けて3つ紹介しよう。現時点で疑って掛かるような見方をしている人も、ちゃんと付いてきてほしい。

01.
「頭を温める」は間違い

早速、これまでの定説を覆された思いがする。

古くから「頭寒足熱」という言葉にもあるように、頭を温めて健康にイイという理由はないのだそう。熱いサウナから出たときにボーっとしてしまう“あの感覚”が分かりやすいかもしれない。

「悟空のきもち」が考える頭の適温はマイナス5度。その温度を保つために、最高の通気性をたわしに求めたというわけ。

02.
頭皮は少しいじめたほうがイイ

E993878efa8f95d65583fe532587965e1713d728

研究に研究を重ねた結果、独自のメソッドから、頭皮への刺激が眠りを誘い入眠をサポートすることが分かったそう。意識するポイントは、適度に頭皮を動かすことと頭皮をいじめること。つまり、たわしが適任なのだ。

03.
毎日洗えるから
衛生面でも一択

通常の枕を2年使うと、その重さの3分の1以上が、生きたダニ、ダニの糞と死骸、老廃した皮膚と言われているらしい。たわしなら、洗ってから30分程度で使用できるレベルまで乾くだろう。

毎日でも洗えて、すぐに眠れる。気持ちイイ睡眠の最低条件である「清潔さ」を保証してくれる。

柔らかな
「純国産たわし」を再現

043ba3b58626124a89743bfa987664411925c13051c3c948fc258662b74b69ed9cff22461dce249d

とはいえ、理想論ばかりを唱えても、寝づらいと意味がない。実際に何度試しても、普通のたわしでは刺激が強くて眠れなかったという。

そこで助けを求めたのが、和歌山県の高田耕造商店。カラダや野菜などを洗う「やさしいたわし」を手がける、純国産シェアNo.1の老舗と共同開発を進め、透過性と弾力性に優れた最先端寝具を完成させたのだ。

結論:たわしと眠ってみたい

5ab0c6ac6d01f59b6f756899c7d19b804a9c6ef6

カラーは白、茶の2色展開で、価格は9,800円(税別)。想定を上回る注文が殺到し、発送待ちにもなったほど。予約はこちらから。

枕のふわふわ感を長年味わっていただけに、慣れて心地よさを感じるまでには、それなりに時間が必要な気がする。が、ここまでその優秀さを説かれると、最初は疑っていた僕もさすがに体験してみたくなった。

Licensed material used with permission by 悟空のきもち × やさしいたわし
〈亀の子束子〉の「サトオさん」は、同メーカーのなかでもっとも繊維の柔らかなボディ用。さすったり、軽くたたくイメージで、バスタイムのマッサージに!
睡眠不足は、様々な健康上の問題を引き起こす可能性もあるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては、睡眠の質の重要性については、古今東西、様々な研究がなされ...
午後からの仕事の効率を上げるために、昼の休憩で仮眠を取りたいという人も少なくないはず。とはいっても、職場でリラックスして寝るのってなかなか難しいですよね。...
寝返りが多くて、朝起きたときにはいつも枕がどこかへ行っている。日によって寝る体勢が違うから、どの向き寝ても頭にフィットする枕がほしい。そんな人にオススメの...
「Philips」の「SmartSleep」は、1日の睡眠が7時間以下の人のためのデバイス。睡眠の質を高めてくれる機能があるようです。
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
たった15ドル(約1,600円)。それだけで、退屈な日々のルーティーンワークがちょっとだけ楽しめるようになる。その理由に関しては、文章で説明するまでもなく...
一日のコンディションを整えるためには、睡眠の質を上げる必要があります。こうは言ってみたところで、何をどうすればその質は向上する?医師の平島徹朗さんは、著書...
「最新のテクノロジーを搭載したロボット」と言われたら、なんだか金属やプラスチックでできたものをイメージしてしまいますが、現在オランダで開発されている「So...
睡眠時無呼吸症候群をチェックするために、「Go2Sleep」は開発されました。指輪型のデバイスをつければ、ありとあらゆるデータを集めて、分析してくれるそうです。
いきなりですが、飛行機や電車、バスで移動中。眠ったときの「首カックン」は、おきまりの現象。中途半端な目覚めで頭がボケっとしてしまうだけでなく、首を痛めてし...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
恋愛よりも睡眠を優先すべき!そんな面白い切り口の記事が「Elite Daily」に掲載されています。なかには、ちょっと過激な意見も!? 項目こそ多いものの...
Lauren Harburyさんは、今まで長年にわたり、不眠の悩みを抱えている人たちをサポートしてきたそう。環境が変わったり、旅行先になると眠れなくなって...
中国のある研究では、睡眠時間が精子の減少に関係しているという結果を出しました。そんな中、働く時間の長い日本人の睡眠不足は、必ずしも少子化とは無関係とは言え...
「6時間以下の睡眠を毎日続けているのであれば、あなたの精神と身体能力は、2日間徹夜した状態と同じ程度まで低下しているかもしれない…」。ここで紹介するのは「...
GWが終わり1ヶ月が経ちました。現在、祝日のない6月のまっただなか。おまけに梅雨。こんな時期にどうやってモチベーションを高めればいいんだろう?と憂鬱になっ...
「THE CONVERSATION」によると、シドニー大学の准教授Chin Moi Chow氏が、正しい睡眠をとるための方法を科学的にまとめたとのこと。私...
かのナポレオンは、一日に3時間しか寝なかった。なんて言い伝えがあるけれど、人間にとって本当に必要な睡眠時間は、はたしてどの程度なのだろか?ここに登場する、...
健康にも美容にも、仕事効率にだって大事だと言われる「睡眠」。では実際、どのくらい寝るのがベストなのだろうか?そんなかねてからの疑問をスッキリさせてくれるよ...