『スタンフォード式 最高の睡眠』の著者が開発「脳眠枕」がデビュー

『スタンフォード式 最高の睡眠』の著者であり、世界最高峰の睡眠研究所「スタンフォード大学睡眠研究所」の研究者である西野精治氏が開発した脳眠枕「BRAIN SLEEP PILLOW(ブレインスリープピロー)」がデビュー。「Makuake」でのクラウドファンディングを経て、先週8日(金)より販売が開始された。

これは、深部体温(カラダの内側の温度)を下げて良質な睡眠のカギといわれる“黄金の90分”を生み出すテクノロジーを凝縮した枕。

通気性にすぐれたメッシュ素材によって日中の活動で熱くなった脳をクールダウン。ポンピング(枕の呼吸)で放熱をも促し、快適な眠りへと導いてくれる。

さらには低反発素材と高反発素材を組み合わせることでオーダーメイド級のフィット感を実現。仰向けでも横向きでもどちらでも心地よく、寝返りが打ちやすいという。

手入れもシャワーで洗い流して風通しのいい場所で10分乾かすだけの手軽さだ。

睡眠が私たちのQOLに大きく関与するのはまぎれもない事実。「寝付きが悪い」「疲れがとれない」「仕事中に眠たくなってしまう」などの悩みを抱えている人には、試す価値大なアイテムといえるだろう。

©ブレインスリープ

BRAIN SLEEP PILLOW
【価格】3万円(税抜)

Top image: © ブレインスリーブ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
プロデュースしたのは、年間約4万人を心地よい眠りへと誘っているヘッドスパ専門店「悟空のきもち」。頭皮を刺激することで快楽ホルモンの分泌を促し、絶頂へ高まっ...
睡眠の秋、快適な眠りをサポートしてくれそうな、おすすめ「安眠枕」を6つ紹介する。読書、運動、芸術鑑賞、美食探訪など、何かと楽しみが多い秋だが、夏を乗り切っ...
午後からの仕事の効率を上げるために、昼の休憩で仮眠を取りたいという人も少なくないはず。とはいっても、職場でリラックスして寝るのってなかなか難しいですよね。...
「SleepBliss」は、ノンレム睡眠を深くしてくれるデルタ波を発するように加工した水晶。枕の下に置いておくだけで、効果を発揮してくれるそうです。
子どもの仕事体験施設「キッザニア東京」で開催される「KIDZANIA AWARD PROGRAM 2020/スニーカーデザインコンテスト」が、10月20日...
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
お尻好きが本気で開発した枕。2019年頭に、クラウドファンディングサイト「Kibidango」で目標金額の600%以上に達し現在も発売中。人間工学に基づい...
睡眠不足は、様々な健康上の問題を引き起こす可能性もあるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては、睡眠の質の重要性については、古今東西、様々な研究がなされ...
寝返りが多くて、朝起きたときにはいつも枕がどこかへ行っている。日によって寝る体勢が違うから、どの向き寝ても頭にフィットする枕がほしい。そんな人にオススメの...
なにが違うか、わかりますか?
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんに「オススメの塊根植物」を聞いた。
最適な首のカーブを保ちいい寝姿勢になるよう開発された、新しい機能性まくら「Fit Nek」。新素材TPEジェルコアと独自配合のMixed Fiber素材の...
「最新のテクノロジーを搭載したロボット」と言われたら、なんだか金属やプラスチックでできたものをイメージしてしまいますが、現在オランダで開発されている「So...
目覚めるタイミングはレム睡眠中が良いとされていますが、それはなぜなのでしょうか?本記事ではそんな疑問を解決できるよう、レム睡眠とノンレム睡眠の仕組みについ...
本記事では推奨されている最適な睡眠時間を専門家インタビューを通して紹介しています。最適な睡眠時間を確保できない場合のリスクや自分にとってのベストな時間を探...
本記事では、睡眠不足が招く健康リスクを専門家にインタビューをし、わかりやすくまとめています。放っておく危険性のほか、睡眠不足の原因や効果的な改善方法につい...
青森県が今月19日から県内にある「まるで海外」な絶景スポットを紹介するスペシャルCMを公開中。青森は“今ちょうどいい旅先”かもしれない。
あなたのワクワクを刺激する新時代のドリンクをピックアップ。
眠れない夜に必要なのは羊を数えることではなく、「ヒツジのいらない枕」だ。
「Philips」の「SmartSleep」は、1日の睡眠が7時間以下の人のためのデバイス。睡眠の質を高めてくれる機能があるようです。
一日のコンディションを整えるためには、睡眠の質を上げる必要があります。こうは言ってみたところで、何をどうすればその質は向上する?医師の平島徹朗さんは、著書...
InstagramやTwitterを中心に話題となっている「#pillowchallenge」。枕をベルトで腰に留め、ドレスのように着こなすというもの。お...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
ちょっと小さめの抱き枕「Somnox」は、“呼吸をする”という機能を持っています。詳しく言うと、使う人の心拍数に合わせて、息をしている音を聞かせてくれると...