睡眠が「1日7時間以下」の人のためのヘッドバンド。

1日の睡眠が6時間以下だと、あなたの精神と身体の状態は、徹夜しているときのそれと同じになってしまうから、7〜8時間の睡眠を確保しましょう。

よく耳にする話です。だけど、好きで遅くまで起きている人は、ごくわずか。ほとんどの人が、寝れるならもっと寝たいと考えているかもしれません。

「Philips」は、十分な睡眠時間をとれない人のために、睡眠の質を上げるためのデバイスを開発しました。

最適なタイミングで
ホワイトノイズを流してくれる

「SmartSleep」は、先にも言ったように、睡眠の質を上げるためのデバイス。つまり、着ければすぐに寝落ちができるや、不眠症を解消できるという効果はありません。リリースでは「1日の睡眠が7時間以下の人のため」と記していて、ターゲットを絞って、明確にしています。

機能はシンプルで、ホワイトノイズを流してくれるというもの。だけど、音を出し始めるタイミングが肝心なんだとか。

「Philips」は、かの有名なレム睡眠とノンレム睡眠の他に、第3の睡眠ステージがあるといいます。それがSlow Wave Sleep。(これをノンレム睡眠の一部とする説もあり)

徐波睡眠と訳されるこの状態では、身体も脳もしっかりと休めているようです。そして、たくさんの研究が、ホワイトノイズをSlow Wave Sleepで流せば、より質の高い睡眠をとれると結論づけているとのこと。

だから、睡眠の質を高めるために「SmartSleep」は、センサーで徐波睡眠を特定して、ホワイトノイズを流してくれるそうです。

おそらく、仕事で忙しいビジネスマンから支持されるでしょう。ちなみに、使用したユーザーの70%は、翌日に疲れを感じにくかったと言っているんだとか。

Licensed material used with permission by Philips