ベッドに入るときに被りたい「ヘルメット」

デザイナーJuchia Leeさんが開発したのは、時差ボケを最小限に抑えるためのデバイス「AURA」です。

だから、彼は「海外を飛び回るビジネスマンに使って欲しい」とWEBサイトで言っています。

でも、普段から時差ボケと戦っている人って、どれくらいいるのでしょうか。

おそらく少ないだろうし、このヘルメットの特徴を考えると、ベッドに入るときに使った方がイイなと思ったのです。

使う場所が機内だけでは
もったいない

元はと言えば、時差ボケを防止、解消するためのデバイスです。そのため、快眠へと誘う、たくさんのアイデアが詰まっています。

例えば、森林や海、渓谷などの自然をVRで見せて、あなたをリラックスさせる機能。

また、心が穏やかになるような音楽を流してくれるそうです。加えて、ライトを使ったセラピーモードもあるのだとか。

つまり、あらゆる方法で眠りにつかせてくれるということ。

使うときにも被るだけとカンタンだから、ベッドに入るときに頭につけるという選択肢もアリかもしれません。

考え事をしてしまって、なかなか寝付けないという人は重宝しそうです。

Licensed material used with permission by Juchia Lee
Designed by Ju Chia Lee, John Cao, Cheng Fu Hsieh, and Ming Hung Lin
エティハド航空とパナソニック アビオニクスが手を組んで、時差ボケ防止アプリを開発すると発表しました。
あなたに快眠を提供するために登場したのが、次世代スマートアイマスク「Dreamlight」。光をしゃだんするための簡易アイマスクとは全く異なり、快眠を最優...
海外に行くのは楽しいものですが、時差ボケはなかなか厄介です。日中に眠くなり、夜に目が覚めるため、生活リズムはガタガタ。せっかく長距離を移動して旅先に着いた...
「デジタル時差ボケ」とは、デジタルデバイスの使い過ぎによるブルーライトの悪影響で、睡眠のリズムが乱れて身体が常に“昼夜逆転状態”に陥ること。メガネブランド...
世界の生物多様性が過去50年で68%喪失したことを今月上旬に発表された「WWF」の報告書『Living Planet Report:生きている地球レポート...
「Timeshifter」は、時差ボケを予防するためのアプリ。最新の睡眠などの研究をもとに、ユーザーのフライトスケジュールに合わせて「体内時計」が現地時間...
夜更かしや時差ボケの最たる原因は、体内時計の狂い。でもこれを自分で元に戻すのは難しいものです。自力だと大変ならば、プロの技術に頼ってしまいましょう。「NA...
昔に比べれば増えたけど、それでもヘルメットを被らずに自転車に乗っている人はまだけっこう多い。そこには「デザインがちょっと…」とか「持ち歩くのが大変」という...
最近では、少しスピードの出るクロスバイクオーナーも、保育園の送り迎えのキッズたちも、ヘルメットを被っている。「スピードも出るし、もしかして自分も被ったほう...
AI搭載アイマスク『Luuna』が、あなたが抱えている睡眠に関する悩みを解消してくれるかもしれません。
毎年3月に米国テキサス州オースティンで開催される音楽、映画、イノベーションの祭典「SXSW」がオンラインイベント「SXSW Online 2021」を発表...
オフロードレースで選手がかぶっているヘルメットの「ひさし」の役目は「日除け」ではない?!
「人類進化ベッド」。楕円形で、横になった時に体を優しく包み込んでくれるソレは、土台やマットレスなど様々な部分でチンパンジーの寝床を再現した優れもの。
一見フツーに折り畳めるベースボールキャップ。なのに、被った人の頭を従来の自転車用ヘルメット以上にしっかり守ってくれます。
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
折りたためるのは便利だけど、友人を自宅に招いた時に、折りたたまれたベッドが部屋の片隅に鎮座していたら、なんだか恥ずかしい。たたんだ状態でも別の家具として役...
メキシコ・カリブ海沿岸で観光業を営む各社が協力して「#Come2MexicanCaribbean」というキャンペーンを始動。なんと、このキャンペーンで選ば...
Bluetoothスピーカーとワイヤレス充電器をひとつにまとめたガジェットが「Makuake」で販売中。360度全方位に音を届けるスピーカーに、置くだけカ...
最近よく見かける、片方だけ長い野球のヘルメット「Cフラップ」に迫ります。
本記事では推奨されている最適な睡眠時間を専門家インタビューを通して紹介しています。最適な睡眠時間を確保できない場合のリスクや自分にとってのベストな時間を探...
「Koala Sleep Japan」より、素材や製造などすべての工程で動物性素材不使用の「ヴィーガンなベッドフレーム」が登場。デザイン性と機能性に溢れた...
ウクライナのデザイン会社Hochu rayuが開発中の『Helmfon』は、衝撃から頭を守るものではなく、周囲の雑音から守るためのヘルメット。防音効果だけ...
人とはちょっと違う、ヘンテコな言動を繰り返す人。でも、なんとなく憎めない。一般的に天然ボケとも言われるような人ですが、時として常識はずれなことを平気で言い...
「Philips」の「SmartSleep」は、1日の睡眠が7時間以下の人のためのデバイス。睡眠の質を高めてくれる機能があるようです。