時差ボケ防止に効く食べ物を教えてくれるアプリ

エティハド航空とパナソニック アビオニクスが手を組んで、時差ボケ防止アプリを開発すると発表しました。

自分の身長や体重、フライト時間やタイムゾーンを入力すると、AIがパーソナライズをした上で、時差ボケを軽減する方法を提示してくれるとのこと。睡眠のとり方だけでなく、摂取するべき食べ物の種類を教えもします。

自分で時差ボケ防止法を調べる手間が省けるのがイイですね。

他の記事を見る
ファーストクラスのアメニティを集めました。第一回はルフトハンザドイツ航空です。
「The Points Guy」が出しているインターンの募集。世界中を飛び回り、フライトやホテルなど、旅先や移動中に体験するモノ・コトをレビューするという...
ヒューストンにあるアイスクリームショップ「Red Circle Ice Cream」から誕生したのは、ザリガニ味のアイスクリーム!ザリガニが“トッピング”...
集中力ゼロ。もうダメだ。そんな緊急事態にはアロマパワーです。嗅覚から得るエネルギーは絶大なのです。
今って、むかしよりほんとに音楽をチェックしやすいし、東京にいなくても、自宅録音でも、すっごいミュ……
小さなリラックスアイテム特集。青森ひばの湯玉をひとつ持ち歩いてみてください。ひば油を1滴ティッシ……
「VSSL フラスク2.0」は、お酒などのドリンクを入れられるボトルでありながら、懐中電灯としても使えます。
問答無用の説得力です。まだ医療が充実していなかった時代、薬湯は治療にも使われていたと言われています。東大寺の復興造営に携わった人々も、薬草を敷いた蒸し風呂...
いつかは泊まりたい世界の宿 #9
これ、転がすタイプのお灸なんです。
登山道がクローズする約1週間後の11月2日に、ウルル周辺でオペラが開催される予定。主催者側によるとチケットは既に完売したとのこと。注目度の高さから、今後こ...
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
アメカジの定番アイテムであるオーバーオールのフォルムには、こんな秘密が隠されていました!
電気も火も要らないエスプレッソマシン「ナノプレッソ」の紹介です。
ANAの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
あなたに快眠を提供するために登場したのが、次世代スマートアイマスク「Dreamlight」。光をしゃだんするための簡易アイマスクとは全く異なり、快眠を最優...
元はと言えば、時差ボケを防止、解消するために開発されたデバイス「AURA」。だから、快眠へと誘う、たくさんのアイデアが詰まっています。
海外に行くのは楽しいものですが、時差ボケはなかなか厄介です。日中に眠くなり、夜に目が覚めるため、生活リズムはガタガタ。せっかく長距離を移動して旅先に着いた...
夜更かしや時差ボケの最たる原因は、体内時計の狂い。でもこれを自分で元に戻すのは難しいものです。自力だと大変ならば、プロの技術に頼ってしまいましょう。「NA...
4月28日、エティハド航空が機内のモニターの設置を廃止すると発表しました。
人とはちょっと違う、ヘンテコな言動を繰り返す人。でも、なんとなく憎めない。一般的に天然ボケとも言われるような人ですが、時として常識はずれなことを平気で言い...
飛行機という限られた空間を快適にしてくれる便利グッズは旅のお供にいかがでしょう?ロールヘッドを手首や耳の裏などにひと塗りするだけでリラックスタイムになる「...
2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。
「Eightydays.me」をダウンロードしたら使い方は簡単。6都市までの目的地を入力したら、飛行機と電車、バス、フェリーの4つの交通機関から、各都市を...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
2019年1月31日からニューヨーク発ボストン、ダラス行きで運行が開始される、デルタ航空のエアバスA220-100型機。トイレに窓があり、快適な空の旅が楽...
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
東南アジアで利用度が高い配車アプリ「Grab」。このアプリを使えば、より快適で自由に、そして安心して旅することができます。
世界を24に分割する「タイムゾーン」にインスピレーションを受けて開発されたという「KLOK02」。フェイスの真ん中の窓には時刻、右小窓には都市名が表示され...
現在ルフトハンザグループで利用できる電子タグ「BAGTAG」。これをスーツケースに付けるだけで、自宅で手荷物のチェックインができるようになるんです。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
オフラインでも使える観光アプリ「Nexto」。情報を得るには、チャット機能やARを使って、ユーザーが楽しむことができるそうです。
アメリカ・ペンシルバニア州にあるカーネギー・メロン大学のある研究チームが、同国内のクサい場所を共有できるアプリ「Smell MyCity」を開発しました。
シンガポール在住メリッサさんのInstagramアカウントでは、各国のグルメと観光スポットを掛け合わせた写真が投稿されています。