ロンドンの秘密をこっそり教えてくれるキュートな「観光レンタカー」

ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど、さすがに不慣れな外国の街を運転するのって、ちょっと怖いですよね。そこで、運転手付きのプランもばっちり用意されているんです。

ロンドンにまつわる豆知識から、隠された歴史まで、くすっと笑わせてくれるおしゃべりな紳士(音声ガイド)も付いていて、市内をぐるりと約1時間半。

実際に体験した感想は「え、そうなの?」なんて日本語で運転手に聞いてしまうほど。あ、僕は運転手付きを選択。あのニヤッとした彼のドヤ顔は今でも忘れられませんっ! 

タブレットが観光ナビになり、
隠れた名所を案内してくれる

こちらが「Yonda」、キュートなコンパクトカーです。専用タブレットがカーナビ代わり、GPS機能で所定の場所に近づくと音声ガイドが流れる仕組みです。

ちょっとコーヒーを買いにカフェに寄ってもOK。彼(音声ガイド)も待ってくれます。団体ツアーじゃなくて、レンタカーですから気ままにいきましょう。アップテンポからクラシックまで、雰囲気にあったBGMもチョイスしてくれて、時々ロンドンジョークも挟んでくるんです。

例えばこんな感じに。

アレキサンダー・マックイーンは、女性ファッションデザイナーとして、イギリスでトップだったかもしれない。

彼は、1980年にこの場所で見習いとして学んでいた。彼は生意気で、ウェールズの王子のために作られたジャケットに落書きをしていた。何を書いたか教えることもできるが、仕返しされたくないのでやめておこう。

左手に見えるのは、セシル・コート。ヴィクトリア時代の雰囲気が残る通りで、古風な書店が並んでいる。時間を忘れるような、まるでハリーポッターの魔法の世界に吸い込まれるようだ。

ここはJ.K. ローリングがダイアゴン横丁のインスピレーションを受けたところ。ハリーポッターの本を読んだり、映画を見たことがある人にとっては価値のある所かもしれない。

見たことがなければ、私と同じ。まあ、私はただの車だけれども

楽チンなのに「しっかり」
ロンドンを体験できる

個人旅行が当たり前になりつつあるけれども、バスや電車の乗り換えを事前に調べて、タイムスケジュールも決めなきゃいけない。慣れない土地ゆえに道に迷ったりもします。

音声ガイドでロンドンの観光名所から逸話まで知れて、レンタカーのプライベート感を保ったまま1時間半で効率的に観光できる。個人旅行のメンドクサイ!をなくして、団体ツアーのおまかせな感じを一度に味わえるんです。

でも一番の収穫は、絶好のお土産話ができるってこと。

車種は現在、2人乗り or 4人乗りの2種類。お値段は60ポンド(約9000円)から、とまあ少しお高めだけど、ガソリン代や保険代も入ってこの値段だから悪くない。
残念ながら音声ガイドはすべて英語です。日本語の予定は?と担当してくれた運転手Jamesさんに聞いたところ、「じゃあ、翻訳してくれる?」と返されました。
 
これからロンドンに行く予定があれば、ぜひ。もしイギリス人の友達がいるなら誕生日サプライズとして予約してあげてもいいかも。
Licensed material used with permission by Yonda, Instagram
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
2013年に稼働終了した「Shepton Mallet Prison」。最近になり、重い扉がまた開かれた。17世紀に建てられたこの古い刑務所では、現在ゴー...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
イギリス人のOliver Curtisさんは、これまで世界中の観光地を訪れては、カメラを構える観光客を尻目に、名所旧跡にあえて背を向けシャッターを切り続け...
先日、ローマ市が市内観光に関わる新しい発表を行いました。市民の健康的な生活や観光客の安全、記念碑、建築遺産などを守るためのもので、様々な行為に対する制約と...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
オフラインでも使える観光アプリ「Nexto」。情報を得るには、チャット機能やARを使って、ユーザーが楽しむことができるそうです。
丹後鉄道が運行する観光列車「丹後くろまつ号」「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」は、丹後の風土を感じることのできる車両、丹後の歴史や特産を目と舌で味わえる...
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
愛知県犬山市は、そびえ立つ古城が名所の中心である一方、近年はその周りにおしゃれなお店など多様な価値観が出現した。すると面白いことに、歴史コンテンツがまた改...
誰だってその国の首都のことは、知っているつもりになるものですよね。特にそこに住んでいれば尚のこと。たとえばロンドン。ウェストミンスター、バッキンガム宮殿、...
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
誰もが足を運ぶ観光名所が数多ひしめくパリ。ガイドブックに載っているお馴染みの風景に出会えることは、間違いなくこの街を訪れる醍醐味だ。でも実は、どこを歩いた...
本や新聞などに書かれている文章はもちろん、表札や看板の表示、目の前にいる友人、洋服の色、貨幣の金額、時計の時刻、商品のバーコードを理解して音声案内します。
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。